« 8/23 今日のひまわりは空を思う | トップページ | 8/31 最後のひまわりが咲いた »

2021/08/28

8/28 讃仏乗、って感じになった

Dsc00262-2

ひまわりは、いくつも咲いたけど、

花は、これが一番大きい。

Dsc00267-2

背の高いのは、これ ↓  花も咲きそうだ。

Dsc00266

ヒャクニチソウも咲いた。。これしかないけど。

Dsc00263

花に焦点を合わせても、雑草がうっそう。

うっそうとしたわたしの心かな。。

 

     ■■■

 

毎回思うけど、ブッダはすごいな。

ブッダが出現しただけで、膨大な経論が生まれた。

それは、今も増殖を続けている。

まだまだ増えるだろう。

 

学ぶ者であるうちは、法に対する註釈は増殖を続ける。

いくら増殖を続けても、わたしたちが飽きることはない。

これも、ほんとうに不思議なことだ。

 

ブッダの教えは、果てしがなく、飽きることがない。

この世にあらわれた他のどんな思想にも、

やがて秋がくる。。おっとっっと。。飽きがくる。

どんな思想も色あせない思想はない。。なのに、

ブッダの思想は、色あせず、しかも、日々新しい。

 

ありとあらゆる変化についていける。。

って言うより、変化の方が、ブッダに追いつけない。

だから、ブッダは一切智者である。一切勝者である。

一切を捨てたものである。

一切を捨てることによって、一切を得たものである。

 

そして、ブッダはこう言うのだ。

 

もし、うそだと思うなら、自分で確かめてごらん。

こうやって、

ブッダは、人々をとりこにする。

人々は一切を捨てるために嬉々としてブッダにしたがう。

 

そうだけど、一切の生き物は、

その結果、

安心と満足を得る。

 

うそがない教えだからだ。

 

ほんとうに一切を捨てられるからだ。

 

 

 

|

« 8/23 今日のひまわりは空を思う | トップページ | 8/31 最後のひまわりが咲いた »

コメント

≪…ありとあらゆる変化についていける…≫を数の言葉【1 2 3 4】に捉えるのは、
「アリになった数学者」森田真生文 からの宿題『What is the No.1 ?』がある。
森田真生選97冊の27冊目の「身体化された心」の延長にある
「肉中の哲学」肉体を具有したマインドが西洋の思考に挑戦する
ジョージ・レイコフ マーク・ジョンソン
計見一雄 訳 
 の【概念メタファー】から。

 全体の【1】とその分配に数の文化を華開かせたエジプト文明(文化)の数の言葉(エジプト分数)にリスペクトして・・・

 文化の日逆さ富士観てエジプトへ

 1 2 3 4文化の日に絆知る

投稿: 文化の日剣の舞に分化知る | 2021/10/25 21:29

  最後のひまわり が 咲いて

  ハヤー ! 二つ月 ( 月日の巡るのは ハヤシ )


       もうすぐ 其処彼処で スキーが出来る

     ママさん ダンプ  用意 OK ?

投稿:  春間 則廣  | 2021/10/21 11:35

> 一切を捨てることによって、
   一切を得たものである。

 一切合切 
 得た 財 を 捨てる


アルタ ナル シュッパツ 
アルタ 荷  コダワラズ

  無為  一文

  一分 の 理

投稿:  春間 則廣  | 2021/08/30 17:39

> 花に焦点を合わせても、雑草がうっそう。   

   ウッソウ ー 鬱 想

> うっそうとしたわたしの心かな。。

  写そうと する
       心は隠れる

  欝蒼 として 見つけ難き


  うつり いく こころ 

投稿:  春間 則廣  | 2021/08/28 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/23 今日のひまわりは空を思う | トップページ | 8/31 最後のひまわりが咲いた »