« 8/21 法を聞くことについて考えてみるよ | トップページ | 8/23 今日のひまわりは空を思う »

2021/08/22

8/22 五蓋の最後は「疑い」です

ひまわりが咲きかけてた。六時前。

Dsc00253

奥にあるのは、昨日も咲いていたのです。

 

一番大きなミニひまわり(?)

背丈ほどに伸びたけど、これも咲くかな、いずれね。

Dsc00254

 

     ◆◇◆

 

仏教の五蓋が話題になっているけど、

その中に「疑い」というのがある。

 

「心にしみる原始仏典」の中の「宝経」に注があって、

「疑い」についても書いてあります。

http://manikana.la.coocan.jp/canon/ratana.html

第231偈の※1のところです。

疑いは、三宝を疑い、善悪業報を疑い、三世因果を疑い、

四聖諦、縁起を疑うことである。」

 

こう書いてあって、書いたのはわたしだから、うそではないけど、

実際は、これだけではないのです。

三宝を疑い、善悪業報を疑い、……、って疑っていたら、

実は、この世のすべてを疑うことになるのです。

 

実は、ブッダが「疑い」としたのは、痴(無知)からでてくるものを

そう呼んだのだと思っています。

 

だから、人間、「どうしてこうなんだろう」とか「どれが正しいんだ」とか、

ちょっとでも疑問が出れば、みな、五蓋の一つに入るのです。

 

なぜ、そう言うのか。

ブッダの教えに気づくと、「疑い」が消えていくからです。

ブッダの教えとは何か。

基本は、縁起です。因果です。

因果の見方が自分に入るだけで、人間、疑わなくなります。

このメカニズムは、明晰であって、メカニズム自体もメカニズムの中に含まれるのです。

 

瞑想(定)という中に、五蓋という項目があるように言われるけど、

日常、どこにでもあります。集中すると、でてきます。

集中したとき、因果に気づけない人には、「疑い」が起こるのです。

 

これが、「疑い」に関わる因果なのです。

 

仏教とは、

特別な教えなのではなく、

“人間の見方や考え方を考える教え” というだけのものなのです。

 

そういう意味で、どんな生き物にも当てはまる教えなんよ。

わかった?

Dsc00256-2

サムちゃんや。。ちっとは、考えて生きてんのかな。。

 

 

 

 

 

|

« 8/21 法を聞くことについて考えてみるよ | トップページ | 8/23 今日のひまわりは空を思う »

コメント

> これも咲くかな、いずれね。

疑うこと なかれ

    「 勿 疑 」

投稿:  春間 則廣  | 2021/08/22 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/21 法を聞くことについて考えてみるよ | トップページ | 8/23 今日のひまわりは空を思う »