« 8/22 五蓋の最後は「疑い」です | トップページ | 8/28 讃仏乗、って感じになった »

2021/08/23

8/23 今日のひまわりは空を思う

2つ目のひまわりが見事に咲いた。

Dsc00257

前のひまわりは元気がないですね。

これから咲きそうな大きいのは、どうかな?

Dsc00258

あんまり変わらん。

うっそうとなってるラディッシュも、写真に納めてみよう。

Dsc00259 Dsc00260

 

       ◆◇◆

 

今日は、空の話しをしてみよう。

仏教では、誰でもが、いかに深淵な原理であるかのようにいう

「空」「空性」といわれることばがあります。

 

これは何か?

 

いろんなことが言えるので、みんな適当なコトを言っている。

自分の好きなように、言いたいようにいうのが空だと思っている。

 

その説明を使うと、空というのはこんな特徴をもっている、と言えるのではないか。

「空」というのは、みんなが好きなことを「これぞ空だ」と言っているときに、

一番みんなが言ってほしくないことをいうのが空ではないのか。

 

ちょっとそんなことを考えた。

 

自分の望むようにはいかない、と言うことを教えるのが、空なのではないか。

だから「世間を『空である』とみなさい」、ってブッダが言ったのだろう。

 

好きなように行動していたら、コロナ感染拡大はおさまらない

政府の思惑どおりには、民心は、そして、政治は動かない

気象の大きな変化には、人間の欲望が深く影響している

 

こういうことを見てとれるなら、縁起を考えなくちゃいけない

って、わかるだろう。

ふつうの人には、ふつうの考え方がある。

正直になるとでてくる「ふつう」の考え方だ。それが、縁起なのだ。

 

「ブッダの公式」としてでてくる縁起。

でも、その考えの元には、わたしたちがいる。煩悩いっぱいのわたしたち。

煩悩のないとき、わたしたちは、ブッダのようにかしこいのだけれど

煩悩があふれ出すと、たちまち、縁起は見えなくなる。「ブッダの公式」もいろあせる。

 

ほんとに、おもしろいほど、ピタリと当てはまる理論なのだ。

 

2600年もの間、人類は縁起と格闘してきた。

 

      ◆◇◆

 

「三明」ということばがある。

ブッダは、過去世を見通す宿明智と未来を見通す天眼智と、

煩悩をはらう漏尽智の三明によって、覚りを得た

といわれる。

 

わたしも、この世の中で三明を得たいと思っていたけど、

まあ、ありえないのだろうと思っていた。

でも、最近、そうでもないのかな、って思ったりする。

新聞で、最新ニュースを見ると、

最新 なのにもかかわらず 自分の目には ‘過去世’ として見える。

映像が 最新なのに、過去のようだ。。

逆に、

平安時代が江戸時代がなつかしい、みたいな気持になってくる。

 

識は転変しているんだなあ、って思う。

『中論頌』をあげよう。ここで、実はひっかかっているのだけれど。

 

幻の如く、夢の如く、ガンダルヴァの城の如く、

生はこのようであり、住はこのようであり、

滅はこのようであるとたとえられる。(『中論頌』7.34)

Dsc00261

最初にあげたひまわりを上から見てみた。

横からみたり上からみたり、いろいろあがいている。

 

 

 

|

« 8/22 五蓋の最後は「疑い」です | トップページ | 8/28 讃仏乗、って感じになった »

コメント

 ≪…縁起…≫で観る数の言葉⦅自然数⦆に触れる句を、

 正則一皐月闇のニンフたち

 皐月闇XわたしYあなた
 
 地の雲やカオスを映す水たまり

 神の旅根の集めてコスモスに


 カタチ(円(〇) 真四角(▫) 
      ながしかく(自然比矩形))
 と
 言葉の[点・線・面]の分化
 と
 自然数(【1 2 3 4】)
 との量化(融合)の≪…縁起…≫に少し
 ずつ触れてきた。

 〇と▫は、なぞり逢いで自然数を創る。

 自然比矩形では、数式で【1 2 3 4】
 を顕現させた。

 西洋数学の成果の6つの
  シェーマ(符号)の【1】【0】【∞】
  の≪…縁起…≫は、
  黒川信重先生の
 【すべてのものは零点に吸い込まれて
  再生する】
  に観る。

 数学の成果から、球には、
 【π】の係数として、
 【1 2 3 4】(『球の数』)
  が顕われる。

 人が生かされている
 (形態空間(ニッチ))の次元の
 【1 2 3 4】を数学の成果の根(√)
  と[π体]に≪…縁起…≫する。

 直交立体座標から立方体を
 数の言葉⦅自然数⦆に落とし込むのに
 √の力を借りる。
 正方形(1×1)は、 √2 に
 立方体(1×1×1)は、√3 に
 のベクトル量の 2・3次元数体を
 1次元数体に戻せば、
 【2】 【3】 と次元に
  ≪…縁起…≫する。

 数学の成果の球体の 
 (4×π×1×1×1)/3
 を[π体]の基(自然比矩形)の
 【3】 回でんぐり返りが
 【4】を創っている。

  点を構成する操作を、
  i×i×i×i=1
 と≪…縁起…≫すれば、
 【点・線・面】の言葉の分化の
  再融合が、
 【1 2 3 4】を創り、
 [球の数]に保存されたと
 ≪…縁起…≫したい。

 1・2・3・4次元数体は、1次元数体
 (⦅幻のマスキングテープ』)に
  溶け込んでいる。

 立方形は、iの力で静的な
 ≪…縁起…≫で3次元で閉じている。

 球は、 操作数(時間)を≪…縁起…≫
 して4次元で閉じている。 
 

投稿: 形三兄弟 | 2021/10/09 08:12

>  政府の思惑どおりには、民心は、そして、政治は動かない

     自らの 「 惑 」 が、 思惑 を 為す
           思惑  は   まどう ( 魔道 )

      動かない ということ を  動かさない 、、、、
      ( 思惑 が 砂上 に    キヅカレテイル トイウ キズキ )
      ( 思惑 が 砂上 に    キズカレテイル トイウ キヅキ )
 
>  気象の大きな変化には、人間の欲望が深く影響している 

        小さな変化 を  大きく取り上げることで
         人は その大きさの下に入る 

           大きいいかどうかは 超越に起きる 
                        マハーヤーナ

   欲望を見つめる のにも
     起こしかた(立場)   が   ある 



投稿:  春間 則廣  | 2021/08/25 08:58

>  あんまり変わらん。

     変わらん  と映る 「 空 」 の ありよう

>   いろんなことが言えるので、
     みんな適当なコトを言っている。
     自分の好きなように、
     言いたいようにいうのが空だと思っている。          

        と 
      「 空 」 にあって、 「 空 」 をいう

    画像 は  得て いる そらごと
        “   絵    空事    ”
 想 であっても
          “ 実 だと 想う ”   

          想い惑う 「 有情 」  の 姿  ( 動物の事 )
            が 
                有情  無情  に うつり行く  

     ( 「 有性 」 の 姿  )
     ( ここを   カンダラカ経の書き込み で 読み替えてほしい  )   
   

投稿:  春間 則廣  | 2021/08/24 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/22 五蓋の最後は「疑い」です | トップページ | 8/28 讃仏乗、って感じになった »