« 6月は比較的好天 | トップページ | 8/19 今日は晴れだけど »

2021/06/09

6/9 『スッタニパータ』考 覚え書き

『スッタニパータ』第4章「八偈品」は、スッタ(経)という分類に入っている。

九分教の「スッタ」とは、『大智度論』には、ブッダの直説だとのべられています。
他にも、いくつか同様のことを述べている論書もあります。

 

そもそも『スッタ・ニパータ』という名前が、経(スッタ)を集めたもの(ニパータ)なのだから、
これは、ブッダのことばそのものと見てもよいのではないか。

 

『スッタニパータ』を訳した中村元先生は、その成立を、いくつかの段階に分けています。

段階をふんで編纂された、「弟子たちの記録」とみていると思います。

(『ブッダのことば』岩波文庫、pp.434-435)


「如是我聞」という表現をもつ経典や、散文の部分が加わったものは、編纂が後代のものだという考え方です。

だから『スッタニパータ』の中にも、新古があるといわれるのでしょう。


しかし、本当にそうなのだろうか。


スッタが「直説」なら、『スッタニパータ』は、全体が、「ブッダの直説」とみてもよいのではないか。


では、「このようにわたしは聞きました(如是我聞)」とあるのは、どう考えるのか?

これは、ブッダが、これを「スッタとせよ」と言った、ということも考えられなくもない、ということなのです。


***


今までずっと『スッタニパータ』を何度も繰りかえし読んできて、思うことは、

ブッダの壮大な「世界救済計画」のことです。


梵天勧請を受け容れたブッダは、「はい、そうですか、ではわたしが救いましょう」と

安易に受け容れたのではない。

三度の勧請ののち、ようやく「OK」を出すのです。

 

それからが、とにかくめざましい活躍ぶりに見えます。

五人の比丘たちを教化しただけでなく

サンガを作り

外道の人々と対話し、

バラモンたちを教え、

沙門の群れと対峙しています。

また、ふつうの人々に語り、反発する人々に語り、

ヤクシャ(夜叉)など神々・悪魔たちにさえ語るのです。

 

彼らみなに与えた経(スッタ)が「八偈品」であることは、

わたしの中では、ほぼ間違いない。

カッチャーナは受けとり世間に出ていった。

サーリプッタはサンガをまとめた。

モーガラージャン・ピンギヤは、ブッダの崇拝者と成った。

 

『スッタニパータ』には、仏教が向かう、後々の発展が、

すべて詰まっている。

声聞・縁覚・菩薩の道が出そろい、

ブッダがその先を見通している。

 

これができるのは、弟子たちではない。

ブッダその人しかいない。

 

『スッタニパータ』は、このようにまとめて受持しなさい、と教えられた

 

ブッダの直説である

 

と、わたしは見ています。

 

 

|

« 6月は比較的好天 | トップページ | 8/19 今日は晴れだけど »

コメント

真剣に読む必要はないが
読むということが、 人 を 決めて行く 
   ( 読まないという 真剣さ  にある と 真剣に思う )

真剣に、 真剣に読まない  ということが起きるとき

   それは、 真剣さ  に  起きているのであろうか 、、、、 

    それとも、  執着 から  起されているのであろうか 、、、、

 ( ブッダが語る )
   ブッダの説   を ブッダ が 受持する ( ブッダが語る )

語る者が ブッダ であり、 受持する 故 に
  語ることが起き
   身  に   修めつつ
  犀の角 を  眼前にして   歩む

・ 語る “故” は  行い( 修 行 ) に あり  
               修める という 行い

・ 行ないに  ある故  に  語る


      ( 同じ繰り返し  と  思う のは 読み取り方を起こす 自身 )


ブッダ で生き 、 ブッダ で語る 、ブッダ が受持する

   ブッダ は 「 言葉 」 として 生きる

言葉に固有 という 確定した所属先  が あろうか ?
    ( あるけれど、 それは、 諸仏 と言われる  一仏  に 帰っていく )

ブッダ が 釈迦牟尼 であることは、
   否定されることではない が 、 否定されるべきことでもある

「 逢仏 殺仏 」   仏に逢う時     逢う仏  を 疑う
           (  逢う を疑い   疑う 識  を 疑う  )


見ているモノ  は 「 如是 」  に あるのか 
              「 識 」  に 上がることなのか


投稿:  春間 則廣  | 2021/06/10 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月は比較的好天 | トップページ | 8/19 今日は晴れだけど »