« 2021年5月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年6月

2021/06/09

6/9 『スッタニパータ』考 覚え書き

『スッタニパータ』第4章「八偈品」は、スッタ(経)という分類に入っている。

九分教の「スッタ」とは、『大智度論』には、ブッダの直説だとのべられています。
他にも、いくつか同様のことを述べている論書もあります。

 

そもそも『スッタ・ニパータ』という名前が、経(スッタ)を集めたもの(ニパータ)なのだから、
これは、ブッダのことばそのものと見てもよいのではないか。

 

『スッタニパータ』を訳した中村元先生は、その成立を、いくつかの段階に分けています。

段階をふんで編纂された、「弟子たちの記録」とみていると思います。

(『ブッダのことば』岩波文庫、pp.434-435)


「如是我聞」という表現をもつ経典や、散文の部分が加わったものは、編纂が後代のものだという考え方です。

だから『スッタニパータ』の中にも、新古があるといわれるのでしょう。


しかし、本当にそうなのだろうか。


スッタが「直説」なら、『スッタニパータ』は、全体が、「ブッダの直説」とみてもよいのではないか。


では、「このようにわたしは聞きました(如是我聞)」とあるのは、どう考えるのか?

これは、ブッダが、これを「スッタとせよ」と言った、ということも考えられなくもない、ということなのです。


***


今までずっと『スッタニパータ』を何度も繰りかえし読んできて、思うことは、

ブッダの壮大な「世界救済計画」のことです。


梵天勧請を受け容れたブッダは、「はい、そうですか、ではわたしが救いましょう」と

安易に受け容れたのではない。

三度の勧請ののち、ようやく「OK」を出すのです。

 

それからが、とにかくめざましい活躍ぶりに見えます。

五人の比丘たちを教化しただけでなく

サンガを作り

外道の人々と対話し、

バラモンたちを教え、

沙門の群れと対峙しています。

また、ふつうの人々に語り、反発する人々に語り、

ヤクシャ(夜叉)など神々・悪魔たちにさえ語るのです。

 

彼らみなに与えた経(スッタ)が「八偈品」であることは、

わたしの中では、ほぼ間違いない。

カッチャーナは受けとり世間に出ていった。

サーリプッタはサンガをまとめた。

モーガラージャン・ピンギヤは、ブッダの崇拝者と成った。

 

『スッタニパータ』には、仏教が向かう、後々の発展が、

すべて詰まっている。

声聞・縁覚・菩薩の道が出そろい、

ブッダがその先を見通している。

 

これができるのは、弟子たちではない。

ブッダその人しかいない。

 

『スッタニパータ』は、このようにまとめて受持しなさい、と教えられた

 

ブッダの直説である

 

と、わたしは見ています。

 

 

| | コメント (1)

2021/06/08

6月は比較的好天

あっという間に6月。

1年の半ばにさしかかった。早いですね。

Dsc00225

野生化した花菖蒲。

Dsc00224

テッセンも野生化。雑草として咲いている。

たくましい。

Dsc00226

植えてるのに、野生化しているシバザクラ。

わきには、わすれな草が野草として陣取っている。

 

人間というのは、愚かなものだ。

自然の草木がどうなっていくのかも、分かっていない。

 

       ◇◇◇

 

いろいろ考えてはみるけれど、思うようには行かないので、

思わないことにしながら思ってみている。

何だか複雑ですね。

 

仏教で、縁起を学ぶけれど、よく考えたなあと思う。

原因をつぶせば、結果は生じない という原理を用いて、

自分の人生を組み立てていくのだから、すごいものだ。

 

無明を滅すれば、最終的に苦しみがなくなる、なんて、

「本当にどうやって分かったのか」と思うよね。

 

そして、その理論のとおりに苦しみをなくした人が、ブッダだ。

理論のとおりになることを証明するなら、それは真理だ。

 

どう考えてもすごいと思う。

昨日講義で、アーリアデーヴァの最期のエピソードをやったけれど、

いかに深い話か、話ながら察知した。

 

      ◇◇◇

 

アーリアデーヴァは、龍樹の弟子と言われる人物で、

『百論』『四百論』など著したとされる。

この人は、論客だったので、論破した外道のお弟子に殺されてしまう。

その最期のエピソードを『付法蔵因縁伝』で読んだ。

刀で切られて五臓が体外に出たアーリアデーヴァは、

斬った外道の弟子に、「わたしの鉢と衣をもって逃げよ」と言う。

自分の弟子たちで迷いにある者たちは、かたきだとばかりに追いかけてくるだろう。

おまえは、まだ、迷いの中にあって、身体を愛しく思っているのだから、

それなら、山に逃げてのがれなさい、と教えるのである。

そして、自分の弟子たちには、追いかけてはならない、と言う。

 

     ◇◇◇

 

色やかたちは、空である。「われ」も「わがもの」もない。

殺すということも殺されるということもない。

誰が味方で誰が敵となりえよう。

おまえたちは無知に覆われ悪い行為の種をまいている。

外道の弟子が殺した、という結果は、わたしが昔行った行為の結果なのだ

 

こう語って、亡くなったのだとか。

「空」思想によって、説明していますね。

 

アーリヤデーヴァには、不幸な結果ですが、

わたしが印象に残るのは、空を使っていることです。

色かたち(色)に対する愛着は、空によって振り払われている。

 

「われ」「わがもの」に関して空である、というのが、ブッダの教えなのだけど、

それの具体的実践は、みずからの身体(色)の執着をもたないことによって、

アーリアデーヴァは、弟子たちに示しているのだ。

 

ヒンドゥー教の聖典『バガヴァッドギーター』では、殺す者もなく殺される者もない、という言い方で

アートマンの不滅をうたい、

バガヴァット(クリシュナ神)は、アルジュナに「行為のヨーガ」を勧めて、戦うように促す

のだけれど、

仏教では、バガヴァット(尊師ブッダ)は、殺す者もなく殺される者もない、として

「空」「アナートマン(無我)」を教える。

そして、みずからの身体にこだわらない態度を勧める。

 

自己をよりどころとして生きる生き方を徹底すると、こうなっていくんだなあ、と思う。

 

「自分の身が愛しいなら山に逃げよ」と、

自分を斬った外道の弟子を思いやったアーリヤデーヴァ。

 

仏教のものの見方は、どこまでも清らかです。

| | コメント (1)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年8月 »