« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021/01/28

一月二八日 の 日記(まんまだわ)

Dsc00116-2

何と、掛けたカレンダーも、このページが終わろうとしている。

はやいなあ。

コメントが、さっさと更新しろ、って言っている、トホホ

実は、管理人はショックなのです。

なぜかというと、仕事が今年もあるのだ。

 

別に仕事が嫌いなわけじゃないけど、

はやく龍樹をべんきょしたい。

なんとしても、はかばに行く前には決着つけたい。

はかばかしくないのが、ショックなのです。

 

下を向くな、上を向け、管理人。

そうだ、空でも見るか?!

Dsc00120

いつもとかわらん。

「そら」と読まずに、「くう」とみて

龍樹に思いを馳せよう。。何か詠嘆調です。

 

       ◇◇◇

 

龍樹については、ほんとにいろんなことが言われてる。

多くの学者や注釈家がさまざまに語っている。

 

龍樹は、部派などが陥った実在論を否定したのだ。

否定の論理を駆使して、仏教の中の反対派や非仏教徒たちと争ったのだ。

般若経典の入門書として『中論』は著されたのだ。

プラサンガといわれる破邪の論法で批判したのだ。

 

別に反対はしない。そういう側面も認められる。

だけど、わたしの意図ではない。

 

わたしが伝えたいこと、

それは、龍樹がブッダの唯一無二(言いすぎだけど)の理解者で

ブッダの註釈者だということです。

 

龍樹を読むと、そのまま、一切損なうことなく、

ブッダの教えにいける。

寸分違わぬ等身大の教えに到着できる、ということ。

 

つまりだ!

 

龍樹だけ勉強しても、ブッダを学んだことになる、ということ。

 

ここを、叫びたい!

空に向かって。

Dsc00117-2

ああ、ちょっとスッキリした!

 

大乗が、立派な仏教になるのは、龍樹を祖と仰いでいるからです。

大乗が生き残るためには、

ブッダの権化が龍樹であることを示さなくてはならない。

 

ことばをもって、

寂滅の道を説け!

寂滅の道を、

ことばによって示せ!

 

龍樹は、ブッダの法である。

ブッダの法は、龍樹になった。

 

だいぶスッキリ。

そういうことを示すべく、

今年も頑張ればよい、と分かって、

下でも見ますか。。あれ?

Dsc00115-2

こんなところに丸まってる。

クウ、クウ。。やすらぐ猫たち。

悩みなし!

| | コメント (5)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »