« 2020年9月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020/12/31

道元(1年が終わる)

数年、大つごもりは、すごくあわただしく過ごしてきました。

今年も変わらないけど、

気持がちがう。

気持が弛緩してしまっている。

出来事だけがあわただしい。

 

     ◆◆◆

 

コロナの1年でしたね。

明日からコロナ2年目といわれるのかな。

足下を見つめて、灯りをともさなくちゃね。

朝日カルチャーセンターで、4回だけ

『正法眼蔵』の「現成公案」を読んでいます。

この時だけ、気持と出来事が一致して進んでいる。

 

「現成公案」は、道元が33才か34才の頃に書いたものです。

仏教のエッセンスが、行き渡っている。

どこをとっても仏教、というところを、道元みずからが

自然の中に題材を求めて描ききっています。

ゴータマ・ブッダがいて、龍樹がいる。

縁起があり空がある。

道元の一切智が光っている。

 

     ◆◆◆

 

誤ることのない縁起の世界は、禅定からやって来ます。

Dsc02772

道元に寄せる信頼は、ブッダに寄せる信頼と同じです。

決して誤ることのない ものの見方 があります。

Dsc02773

写真にうつるそれぞれのちがいは、

このようにあきらかです。

草は棄嫌におふるのみなり。。雪の中にも残ってる。

 

そして、それだけではない。

ことばがあります。

ことばは智慧を表すのです。

ここでも、かれは、決してミスを犯さない。

流れることばは、流れの中に真実の音を響かせます。

「法」ということばが、道元の中では、

あきらかに!「ことば」という意味をもっている。

 

    ◆◆◆

 

龍樹の使い方と同じです。

眼横鼻直(がんのうびちょく)

これでつかんだ、道元の仏法。

 

目は横についていて、鼻は縦まっすぐ。

目は、諸仏の正等覚を指す。

鼻は、祖師の阿羅漢を指す。

こうやって、道元(曹洞宗)は、ブッダの法を伝えてきたのです。

Dsc02775

縦と横とで、縁起の網がはり巡らされる。

これだから、ミスを犯すことがないのです。

真実が語られているとき、誤りはなく、

ことばは意味をもってせまってきます。

人の心に訴え、惹きつけ、捉えて放さないことばとなります。

Dsc02774

来年は、そういうことばを探していこう、っと。

 

コロナで遅れたけれど、来年こそは、龍樹!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (13)

2020/12/13

こだわること と こだわらないこと

復活したのはいいけど、

このブログ

さっぱり思うようにいかない。

投稿した記事は、どこかに行ってしまった。

もう一度投稿しようと思うと、ココログの投稿画面が出てこない。。

 

ええい! こだわらないぞ! こだわるもんか

って、こだわってる。

 

このように、心の中に、何かが生まれると

普通、こだわり となる。

やがて、それは消えていく。

消えていくとき、次々、似たようなもの生ずるなら

消えずに残っているように見えて

こだわりが強い

という。

 

     ◇◇◇

 

わたしが、昔、仏法の中に論理をみたとき、

ここにこだわったのだろうか。

西洋論理学の中の真理表を使ったりした。

でも、今では、そんなに使わないし、使おうとも思わない。

だけど、

論理は、わたしの中で繰り返し生じては消えていく。

仏法をみるとき

ブッダ論理が現れる。

それは、なんだろうか?

縁起である。

縁起にこだわっている?

いや、そんなこともない。

現れて消えていくだけ。

 

    ◇◇◇

 

毎日、いろんな経典を、その日その日に読むけど、

そこに論理が流れているのを見て、安心する。

Dsc02771

行くときもあれば、帰る時もある。

『法華経』を読むときもある。

『正法眼蔵』を読む時もある。

『無量寿経』を読んだり、パーリ語仏典を読む時もある。

どれを読んでも、一つの仏法を見つめている。

いつも心の中に、ブッダ論理があって、そこを探している。

だけど、こだわっている とは、思わない。

なんだろう?

わたしの自己は、論理を求めているけれど、

論理学を求めているわけではないので、

形には現れない。

形に表れないものは、得ても得なくても、外からは分からない。

 

    ◇◇◇

 

ただ、得たとき、安心があるだけだ。

得てないときは、探し続ける。

 

『正法眼蔵』は、そうやって書かれた書であるように思う。

得たときと得ていないときが、両方書かれていて、

それが、人を安心させる。

ああ、そういうことだ。

書いてて、今、分かった。

こだわらない道元禅師は、悟りにもこだわらずに、

あるがままに筆を運んで、つねに禅定を示している。

 

「いいね」がいっぱいつくね。

皆を惹きつけ、こだわらないところを示すので、

皆の自己が、そこに惹きつけられて、こだわってくる。

そして、『正法眼蔵』の中で行ったり来たりする。

Dsc02770

行って戻れば、何だかほっとする。

自分の家に戻ったよう。

「修証一等」も「拈華微笑」も「身心脱落」も、

安心のことばだ。こだわらないのに、安心できる。

 

「色即是空なり」「空即是色なり」

「色是色なり」「空是空なり」「百草なり」「万象なり」

ここは、この順序が安心をもたらしている。

こだわっては、消える。ぽっと生じてぽっと消える。

あらゆるものが、あるようにあり、そして消える。

 

ブッダ論理が見える。常住だけど、現象する。だから、消える。

こだわって、そして、その後、こだわりはなくなる。

道元のこだわりはそこにあったけど、消えたらなくなるので、

こだわらないようにみえる、のかもね。

 

こだわるのではなく、こだわらないのではない。

 

そして、安心の自分の住処に戻ると、こんな風になる。

Dsc02768

 

やっと、ブログをいっこ書いた。

ちゃんと、ブログ表示できますように。

二度目に書いた文章は、タイトルが同じだったのに、

中身が大幅に変わってしまいました。

 

こだわらなさすぎた??

春間さま、書いたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (23)

2020/12/05

ようやく開通しました。

ブログが復活!

コロナウィルスの流行に合わせたかのように

ブログが表示されず、黒い画面のままずっと放置されておりました。

 

本日、セキュリティ・ソフトをあれこれいじったら、ようやく復活しました。

ボタン一つで復活するとは!

そんなもんだろうとは思ったが、ほんとにそうだとは。。

 

ニフティのココログ・サービスを呪ったけど、

全部、わたしの操作のせいだった。

とはいえ、ココログは大幅改訂の後、ずいぶん表示されない状態が続いていたようで、

その段階では、わたしのせいではないから、

やっぱり、インターネットはあやういことも事実だ、って思っておこう。

 

     ◇◇◇

 

対策としては、般若波羅蜜(智慧の完成)を考えてる。

本でもインターネットでも、他の媒体は消える可能性がある。

 

身体も壊れる。

心も変化する。

 

縁起の、このあり方だけは、覚っていなければ(覚っていても)、

それなりに有効だ。

ただ、できるだけ煩悩をおさえて無我を実践しなければ、

有効利用できない。

 

早く覚るか、煩悩をおさえる菩薩になるか、

やっぱりどちらかしかないか。

 

「覚っていても」を、(  )に入れたのは、

悟ってしまったら、自分では「縁起」もいらないだろう、と思うから。

 

   ◇◇◇

 

分かることは、コロナ対策と同じ。

楽な道はない、ってことだね。地道にやるべし。

自分で積み重ねて学んでいくしかないのかぁ。

分かっていたとはいえ、あらためて人間の所業をふりかえりますねえ。

 

カメラに残っていた写真もアップするぞ!

久々で、うれしい!

Dsc02765

あ、でも、10月の初旬の写真だ。ま、いいか。

月日はめぐり、われらは輪廻する。。なんでも、うれしいわい!

 

 

| | コメント (5)

« 2020年9月 | トップページ | 2021年1月 »