« スピード感をもって(?) ん?? | トップページ | わからないのが、このブログ »

2020/05/25

不思議なこと

テレワークだの、オンラインだのと、いろいろな状況が押し寄せて、

管理人も、悪戦苦闘している毎日です。

Dsc02748

少し慣れてきた「はず」のオンライン授業

 

テレビ会議システムを使って行うと、いろんなことが起こる!

わたしだけ。。かも

 

たぶん、わたしが何か変なことをやってるんだと思う。

自分のパソコンの画面を、みんなに見せる

「全画面表示」

というのがある。

これを使って、見せたいパワーポイントやスライドなどを提示して、

説明すると、授業ができる。

 

「全画面表示」という表示システムをクリックしようと

画面に出てきたものを見ると、

自分の画面に、全画面表示用の機能を書いた別の画面が

小さく立ち上がった画像として、自分の画面ごとでてくる。

それをクリックすると、

自分のパソコンのトップ画面がみんなにまる見えになるのだけれど、

クリックする前、

その画面では、鏡に映った画像を合わせ鏡で見ていくように、

その画面の中に次々といくつも小さな画像が開いていくのだ。

 

何を言っているかわかります?

 

それがイヤで、その画像はどうもクリックしにくい。

で、違うところを、あれこれクリックしてしまう。

 

たいていは、事前に練習するので、うまく行くことが多いけど、

でも、

どうかすると、見せたいものに行き着けないこともある。

あらまぁ。

 

学生さんはかわいそう。。

Dsc02756

ハスカップの黄色い花でも見てください。

 

    ◇◇◇

 

今日は、マイクが不調で、ハウリングがすごかった。

何が原因なのかを探る元気もありません。

 

明日も、違う授業があるし。

マイクの不調を調査しても、授業はできない。

 

あらかじめ講義を下準備し、計画的に構築しておかなくてはならない。

たとえ、予期せぬ異変が起ころうと、

 

こういう授業になるはずだった

 

というのを、自分の中で持っていなければっ!

って、思ってやってるのです。

 

もしかしたら、うまく行くかもしれないし。

 

毎日ふつうにやってた授業が、こんなに面倒なんて、

なんてことでしょうか。

手間がかかるのに、実質的には、中身は薄い。

普段の7割行けば、良い方です。

 

授業って、何だろう、

って、あらためて思って、だんだん分からなくなってる管理人です。

Dsc02749

オダマキが至る所に広がって、庭を占拠しはじめました。

 

オンライン授業というのは、

ギャンブルの要素があるな、って思う。

つながらなければ、始まらない。

 

最近思うことは、以前より

あらゆることが、なぜか

不確実になってきた、ということです。

どうなってるんだろうね。

Dsc02746

サクラソウが咲いたそう。

確実なことだってあるさ、と自分をなぐさめる日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« スピード感をもって(?) ん?? | トップページ | わからないのが、このブログ »

コメント


> 最近思うことは、以前より    
  あらゆることが、なぜか
  不確実になってきた、ということです。
  どうなってるんだろうね。

確実 なこと  に  対(比)して、 不確実が規定される
自分では、 意識していなくとも、 確実なことを  “抱きこんでいる”

その  抱きこみ  も 不確実である   、、、、

それは、 一応   置いて に 於いて ( 置いといて )


>  何だろう、
って、あらためて思って、だんだん分からなくなってる管理人です。

分からなくなっている と 判断できるのは
分かっていること が 暗黙の規定  です

その 暗黙の規定   は  人に拠って 規定が変わる

あなたの場合 は 「 瞑想 」 なのです


不確実 になってきた   ということが  確実なのです


どのようなことでも  「 恒常 」 に あることはできない
( このこと も  「 恒常 」  ではないのは  “名称” に よるからです )


「 真理 」  だけが  「 恒常 」  として 常住 に ある
 
( あなたには、 あなたの真理がある   ということが 真理であるから  ややこしい )


投稿:  春間 則廣  | 2020/06/27 05:22

「 遊んで 」 暮らす 


釈迦族( マガダ国 ) は  君主制の国ではなく
   リパブリック ・ 共和制 の 国である
      https://ja.wikipedia.org/wiki/共和制

それは、 (ひとりの君主 の) ヘゲモニー の基の 権力構造ではない


そこに於いて、  「 平等 」  の 土台が 育まれている


力 というモノは  一点に集中させることによって 
その集中(度)内 では 大きな力となる

マガダ国  は 消えていく運命にある
故に、
牟尼 は 消え去らない 世界へと 「 遊行 」 を 始める 、、、、



投稿:  春間 則廣  | 2020/06/10 06:54

不思議なこと


不思議だ ( 一人ぼっちで 霧の 森の 中を 歩くことは 、、、)

不思議 ( であることが )
思議    に         浮かび上がってくる 、、、、、

一人ぼっち  だと するには
必ず そこに 伝える対象が起きている
( それが、 自分自身である時には 独白 とも 呼ばれる )

ウダーナ  も それである


おなじ 印欧語族 であるから サンスクリット で インド(ヒンドゥー) を 知る

釈迦牟尼 は 印欧語族人 ではない ( 仏典には そうであるという モノ も ある )


翻って  ヘルマン・ヘッセ  は  ドイツ人  である
( その帰属性を離れなければ、  「 平等 」 に 入ることはできない )

一人ぽっち  という時には、
もう一人  が  想定されている

投稿:  春間 則廣  | 2020/06/10 06:30

>普段の7割  の 七割 ( 名・ 「 識 」  を 割る )

識を割ってるよね。
分析論者ブッダがいてくれてありがたいっす。

今日は、三宝を勉強します。
今日は、四苦八苦を勉強します。

と、このようにやると、7割いかないかもしれないけど、
ここから、また、広がる視野もあるので、良しとするか、というところです。

四苦八苦は、せんせいだ ぜぇぜぇ~

投稿: 管理人エム | 2020/05/31 06:45

>  毎日ふつうにやってた授業が、こんなに面倒なんて、
なんてことでしょうか。
手間がかかるのに、実質的には、中身は薄い。
普段の7割行けば、良い方です。

それが普段  だと  普段は 気が付かない
気が付く 普段   に
不断に起きている が 、、、、、

断じると ヴィジュニャー は 合一してしまう

普段の7割  の 七割 ( 名・ 「 識 」  を 割る )

>  何だろう、
って、あらためて思って、だんだん分からなくなってる管理人です。

そういう作業  を 分かることへの道  と 呼びます

あらためて、あらためて、
改められる 新しきこと


投稿:  春間 則廣  | 2020/05/26 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スピード感をもって(?) ん?? | トップページ | わからないのが、このブログ »