« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/20

スピード感をもって(?) ん??

どうも、引っかかることばが最近多い。

 

政府関係者の人々が使うこんな表現

「スピード感をもって、対処したいと思います」

 

なんだ、これは?

けっこう、みんな使っている。

おかしいと思う感覚も麻痺したようだ。

 

「すぐに対処します」

と、どうして言えないのだろう。

 

すぐに対処しないが、「すぐに」やっているように見せかけたい、んだろうね。

どうしても、人間は嘘をつけないようにできているらしいね。

Dsc02742

 

       ◇◇◇

 

「時」について、尊者サミッディは、神にこのように言われました。

「比丘よ、若いあなたは出家しました。

若々しく、漆黒の髪をもち、吉祥な若さをもちながら、

(人生の)第一の時代に諸欲に遊び戯れることなく。

比丘よ、人が求める欲望の中で食べなさい(=享受しなさい)。

現に見られたことを捨てて、時を要することにしたがうことはありません」と。

 

若いんだから、もっと遊びなさいよ。

すぐに若さはなくなってしまうんだから。

修行なんて後でもいいから、さ。

 

こう、神さまは、サミッディ尊者に誘いをかけたけど

サミッディ尊者は、

時を要することを捨てて現に見られたことに従っているだけ、と答えるのです。

 

「友よ(神さまのこと)、時を要する諸欲は、苦しみが多く憂いも多く、

ここにある危難はいっそう多い、と尊師は言いました。

現に見られるこの法は、時の要らないもの、来て見るべきもの、

導くもの、智者たちが各自知るべきものなのです」

 

サミッディは答えます。

現に見られる法こそ、時の要らないもの。

諸欲を求めるのは、時を要する苦しみの多いもの。

 

神さまは、意味がよくわからず、ブッダのところまで行って尋ねるのです。

 

ブッダは、「時」に注目させるのではなく、

『今、やりなさい』と、「現に見られる法」を教えます。

つまり、「空」を説くのです。

 

ここだよ!空は!

 

ブッダは詩で語ります。

「語られるべきものを心に思う衆生たちは、

語られるべきものに依止している。

語られるべきものをあまねく了知せず、

(かれらは)死神の束縛に近づいていく」

 

神さまは、何のことかわかりません。むずかしいね、わたしたちにも。

 

説明してみるよ。

 

わたしたちは、衆生です。この神さまと同じです。

コロナ・ウィルス関連のことばに心を痛めて

そのことばかりを考えています。

コロナをあまねく知っていれば恐くはないのに、

知らないので、不安がつもり、逆にどんどん死に神に近づいていくのです。

 

ブッダは、神さまに説明します。

具体的にやることを言うのです。

 

ブッダは言います。

「『同じである』とか『勝れている』とか『劣っている』とか考える者は、

これによって争論することにもなりましょう。

これら三種の中で動揺しない人―かれには『同じである』も『勝れている』も

(『劣っている』も)ありません」

コロナの感染が起こって、差別が生まれてくる。

コロナ感染の恐れがある人を、露骨に遠ざけたりする。

医療関係の人たちですら、差別されてしまう。

中小企業の弱者の人々は、切り捨てられていく。

 

ブッダは、さらに言うんだよ。

悟った者について、説明してくれる。

「(悟ったかれは、)名称を捨て去って、天宮に到達することなく、

この世における名称と色かたちにおいて渇愛を断ちきった。

神々と人間たちは、この世でも、他の世でも、天界でも、あらゆる住処において、

結び目(=束縛)を断ちきって苦しみなく求めるもののないかれを、

探し続けているが、得られなかった。

もし、あなたが、識っているなら、告げてください、ヤッカ(この神さまを指す)よ」

 

神さまは、ピンときたね。

難しいことばに惑わされず、何をどうすればいいのか、つかんだんだ。

悟ったブッダを見て、悟った者の言うことを、悟った!

 

わかった神さまは、答えます!

 

「あらゆる世界において、ことばによっても、心によっても、身体によっても、

いかなる悪も行わないようにしよう。

諸々の欲望を捨てて、気づきをもち、正しく知って、

利益をともなわない苦しみにしたがわないようにしよう」

 

神さまと同じように、わたしたちも、わかるよね。

互いに差別せず、いろんな欲望をがまんして、

今、やるべきことを、ただちにやるのさ!

 

「スピード感もって」じゃなくて

「現に」見えていることに「ただちに」対処すべし!

悪をなすな、ただちになすべきことをなせ!

Dsc02739

『サンユッタ・ニカーヤ』1.2.10「サミッディ」を使いました。

cf.中村元訳『ブッダ 神々との対話』(岩波文庫)、pp.28-35.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (9)

2020/04/02

無畏(おそれなし)

最近時々見かけることば。

引っかかることばです。

 

それは、

「正しく恐れる」

 

たとえば、

「新型コロナウィルスについても、正しく恐れることが必要です」

 

「正しく」がついてもつかなくても、結局、「恐れよ」と

述べているのだ、と気づかねばならないのでは?

 

恐れるのは誰か?

「自分」である。

誰かが「恐れなさい」と勧めながら、

しかし

その責任は、「あなた自身にありますよ」と述べていることばである。

 

まず、「恐れる」ということ自体が苦しみの行いである。

さらに、

恐れた結果が、不幸な事態、苦しみの事態に陥っても、

その文を語った誰かは責任をとらない。

 

あなたは「正しく」ということを守らなかったからだ、と言い訳できるからである。

 

「正しく」については、曖昧である。

密集(場所)、密閉(空間)、密接(場面)を避けなさい、とはいわれるが、

それを守れば「正しく」なのかどうかは、よくわからない。

 

つまり、このことばどおりにすると必ず苦しみがやって来る、ことがわかるだけだ。

Dsc02727

 

      ◇◇◇

 

仏教の説く八正道は、正しい道を八つに分けて述べるものである。

「正しい」というのは、そんなに簡単ではない。

ブッダが説くのは「中道」ということだからだ。

 

両極端によらない道が、中道であり、正しい道とされる。

今の場合、「恐れること」と「恐れないこと」のどちらにもよらない立場ということになる。

 

むやみと密集・密閉・密接を恐れて、一人離れること。

密集・密閉・密接に「恐れなし」とばかりに、わざと三密状態へと向かって行動すること。

 

どちらも極端である。

苦しみのないところに向かうのは、

この「恐れる」ということばが消えてなくなるときである。

人々を煩わす「コロナ感染の心配」が消えてなくなるときである。

社会の活動が戻って安全に暮らして行けるようになるときである。

 

そうなるために、八正道の「正見(正しいものの見方)」がある。

因果をあるがままに見つめて、

自分の意思で智慧を用いて、選択しよう。

 

あなたの行動は、最終的に、あなた自身が考えて決めよう。

そのために「正見」がある、「正思」「正語」「正業」「正命」

「正精進」「正念」「正定」の八つがある。

 

どんな結果になろうとも、自分で納得して自分で行動したことには、

安心があるだろう。

 

それを、「無畏(畏れなし)」と呼ぶのではないだろうか。

Dsc02723

季節はずれに降った雪。

桜のようにも見えるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »