« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/30

悟ること(誤らないこと・揺れないこと) 

お気楽掲示板に、次のように書きました。

 

=======

Re: ご参考までに  管理人エム 2019/12/01(Sun) 20:47 No.55781

言葉の誤謬は、それがすべてです。その人のすべてです。
理解できたとき、会得できたとき、あるがままに語ってミスがありません。
口から出て来るのは智慧の言葉なのです。

仏陀は、どんな場合にもあやまつことがありませんでした。

言葉というのは、行いなのです。

行いを尋ねているのですから、もし、真剣に追求していれば、

おのずと何かが口をついて出てくるでしょう。

それを待っているのです。

 

=======

「智慧」ということについて、

わたしは、ずっとこう思ってきたのです。

なぜなら、ずっとわたしは、ことばの誤謬をおかしつづけて、

今日にいたっているからです。

 

       ◇◇◇

 

仏教の世界を体験してから、

「なぜ、ブッダは、まちがわないのか」

これをテーマにして研究してきた、といっても過言ではないのです。

それは、「揺れたくない。判断を誤りたくない」と思い続け、

自分でも、「語ることばは常に真実でありたい」と願ってきたからです。

 

       ◇◇◇

 

で、28日、最後の「朝日カルチャーセンター」の講義に行ってきました。

『スッタニパータ』「彼岸道品」を読んでいるのですが、

“誤りをおかさない”、そして、常に“揺れない”でいるブッダに出合いました。

まずは、質問したティッサ・メッテイヤ学人のことばから。

 

=====

1040「この世界において、誰が満足した者なのですか。

誰に、諸々の動揺することがらがないのですか。

だれが、両極端を知って、中間においてよく考慮して染まらないのですか。

誰を、偉大な人と語るのですか。だれが、この世で、愛着(縫い子、sibbanī)を超えたのですか」

と、ティッサ・メッティヤ尊者は言いました。

=====

 

これに対して、“揺れない” ブッダが答えます。

=====

1041「諸欲の中で清浄行をもち、渇愛を離れて、常に気づいており、

考量して寂静となっている比丘、かれには、諸々の動揺する事柄がありません。

1042 かれは、両極端を知って、真ん中においてよく考慮して、染まることがありません。

かれを「偉大な人」とわたしは言うのです。

かれは、この世において愛着(縫い子、シッバニー)を超えました。」

=====

 

「両極端」とは、苦楽や善悪のような相対的な判断のことで、

人は、その判断の中で、どうしても揺れてしまうのです。

ここには、仏教の「中道」が説かれている、と見てもよいし、

ただ、ウパニシャッドに説かれるバラモン教の思想を否定している、と見てもよいでしょう。

あら、これは揺れてるわけじゃないですねん。

 

この世で「愛着(縫い子)を超える」のうち、

縫い子(縫う女とも訳される)は、刺繍を縫う縫い子のことで、

古くなった縫い取りを取りはらい、新しい縫い取りを施す縫い子の技を指しています。

 

新しい縫い取りをそこに施すことは、新しい身体を得ることの喩えです。

だから、アートマンが古い身体を捨てて、(縫い子が新しい刺繍を施すように)

新しい身体を得ることを指しているのです。

輪廻を語っているのです。

『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』には次のようにあります。

 

====

刺繍の縫い子が、刺繍の一つの断片(ユニット)を取って、他のいっそう新しい、より美しい形を作り出すように、同じように、アートマンはこの身体を捨てて、無明をおいやり、より新しくより美しい形を作り出すのである。祖霊の、あるいは、ガンダルヴァの、あるいは、神霊の、あるいは、プラジャーパティの、ブラフマーの、他の生き物たちの(姿形を)。(『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』4.4.4)
====

 

ブッダは、1042で、こう言っています。

「両極端を知って、

真ん中においてよく考慮して、

染まることがありません」

 

「両極端」は、あれかこれかと迷う選択肢のうちの、二つの限界点を指しています。

それを「如来所説経」でやってみるよ。http://manikana.la.coocan.jp/canon/tathagata.html

 

そこ(両極端)を見て考慮してみると、

「3 それは、愛欲において欲楽の生活に耽溺することであり、下劣で卑しく、

凡夫に属するものであって、聖ならざるものであって、利益のないものである。 

そして(もう一つは)、苦行を実践することであり、苦しみであり、

聖ならざるものであって、利益のないものである。」

と出てきます。

真ん中を考慮すると、「中道」です。

どちらにもよらない、染まらない道が見つかります。

それが、具体的には、「八正道」ということになるのです。

 

揺れないブッダの、揺れない答があります。

しかし、考えてみると、

これは、ティッサ・メッテイヤ学人に語っていて、

かれは、仏教の教えなど、まったく知らないのです。

だから、かれが聞いているのは、『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』に

合わせて語ってくれるブッダのことばなのです。

聞いてる本人も、そこを意識してたずねてもいるのです。

 

ところが、なんとなんと! ブッダは、自分の弟子たちにも

ティッサ・メッテイッヤに語った教えと、寸分違わぬように見える教えを語るのです。

それが「如来所説経」です。有名な、苦楽二辺の中道が語られるのです。

だから、スマ長老は、『スッタニパータ 第五章「彼岸道品」』の中で、

Photo_20191230103101

「縫う女(sibbani)」という文学的な表現で、渇愛を示している(p.133)

と、説明するのです。

 

それぞれ立場の異なる、

バラモン教のティッサ・メッテイヤ学人と上座部スマナサーラ長老に対して

ブッダは、一つの答を与えていて、そこでしっかりとおさまっているのです。

 

ティッサ・メッテイヤ学人は、満足し、

スマナサーラ長老も、この章の終わりで

「渇愛が消えたら、満足に達しているのです」(pp.133-134)

と、満足の色を浮かべて答えているのです。

つまり、輪廻からの解脱を語っている、と説明しているのです。

 

       ◇◇◇

 

なんなんだろうか、いったい!

どう考えたらよいの??!!

 

はるか2500年前のバラモンのティッサメッテイヤを満足させ、

現代に生きる上座部の智慧者スマナサーラ長老を満足させ、

そして、それを見ているわたしを、大満足させる ブッダさまさま

 

おがみます

おせちをお供えします

おもちもお供えします

御神酒はやめます

 

今年も1年、智慧で救ってくれて、ありがとね!

 

来年は、“揺れない” わたしになりたいわ。

智慧のおすそ分け、ってないのかな。。

 

お、しゃしん写真

Dsc02691

ふんわり雪をかぶったナナカマド(朝カル教室の帰り道)

 

みなさま、良いお年を!

 

 

 

 

| | コメント (5)

2019/12/02

覚ること

記事を書いていたら、消えました。

「覚ること」というタイトルだったのにぃ…

消えたよ。

 

何か、未来を象徴するかのようですが、気にしないぞ…

気にするもんかぁ。

 

って、書けば書くほど気にしていることが、ばれちゃうわ。

 

          ◇◇◇

 

悪魔とお釈迦さんが対話しているところでした。

『大般涅槃経』には、こうあります。

悪魔は、さかんに、お釈迦さんにこう言います。

「尊師よ、今、涅槃にお入りください。善逝よ、涅槃にお入りください。

尊師にとって般涅槃の時は、今です、尊師よ、尊師はかつてこのようなことばを述べました。―― 

『パーピマンよ、わたしの比丘たち、声聞たちが、聡明であり、訓練され、畏れなく、(1)

多くを聞いて、

法を保ち、法にしたがった法を具えて、正しく得て行じ、法に随って歩むものであり、(2)

自らまたは師によるものを獲得したのち、

告げて(ācikkhanti)教示して(desenti)分からせて(paññapenti)、(3)

設定して(paṭṭhapenti)開いて(vivaranti)分析して(vibhajanti)明らかにし(uttānīkaronti)、(4)

起こった異論を、法をともなうことによって、よく説き伏せて、敗北させて、(5)

奇蹟に満ちた法を説示しない限りは、わたしは、涅槃には入らないだろう』と。」

 

         ◇◇◇

 

じつは、この悪魔の言葉の中にある

お釈迦さんの教授法に目を奪われていたのです。

すごい方法だ。誰でも、この通りにやれば、お釈迦さんになれる、ブッダになれる。

覚れるのです。

(1)(2)は、学習の初期で、教えを習うという段階。

(3)(4)は、会得したものを他に教える段階。

(5)は、ほんとうに得ているという応用の段階。相手を敗北させる、ってあるね。

相手を説得して、うなずかせてこそ、真実であると示せるわけだね。

「奇蹟に満ちた法を説示する」は、おまけみたいなもの。

ここまで来たら、ほんとにすごい。

 

覚りに向かう法というのは、ここまですごいんだぞ、

と示しているようでもあり、

これだけ完璧に行えば、あなたも覚るよ、

と言っているようでもあり、

勉強でも何でも、わたし(お釈迦さん)はこうやったんだよ、

と言ってるようでもあり、

行うことの手本を示しているようでもあります。

 

究極の学習指導要領だわ。

 

あたりまえすぎるが故に、奇蹟なのです。

ブッダの教えがすごいのは、あたりまえすぎるからなのだ。

 

いつも、そのあたりまえさに気づいて、

驚愕するのです。

Photo_20191202055001

この本では、pp.72-74に載っています。

 

学校に行こう。。

今日は、『大般涅槃経』の勉強をするのです。

 

 

| | コメント (3)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »