« 四季をめぐる…日記が… | トップページ | 覚ること »

2019/11/29

突然ですが、冬が来た。

確か、昨日日記を書いた。

出かけたときは、ピーカンのお天気だった。

ところが、地下鉄を降りて、さっぽろ駅に着いたら、

何と猛吹雪。

吹雪を見せろ、ですって。

ショックで、撮り忘れました。

で、今朝の写真です。

Dsc02688

雪の量はたいしたことはありませんが、雪は雪です。

遠くの山も白くなっている。

 

     ◇◇◇

 

昨日は、「ジャータカ」の話をしようと思って、時間切れで、

学校に行ったのだったっけ。

 

実は、「ジャータカ」というのは、とても複雑な構成になっています。

世間で、子ども向けに「ジャータカ物語」なんて題名で出ているようなお話は、

大抵、抜粋になっていたり、略されていたりするのです。

また、お話の都合上、言い換えや書き換え等、いろいろなされていることもあります。

 

ですが、「お釈迦さんもの」と、私が勝手に名づけた「ジャータカ」のお話は、

なかなかとらえどころがなく、けっこう難しいのです。

それは、学生たちと読んでいて、わかってきたことなのです。

 

大抵お話は、三部構成になっています。

現在のできごとが、「序」のような形で語られます。

たとえば、弟子たちが法談していると、お釈迦さまが通りかかって話に加わる、というように。

そして、そこでの話題に関連して、お釈迦さまが、

「それは、過去にもあった」と言って、過去世のお話をするのです。

この物語が、「本体」ということになります。

そして、最後に、「結び」のようにして

「その時(過去世の時)の誰々は、(今の)何某であった」という形で、

現在のお話と過去世のお話が、結びつけられるのです。

 

「序」「本体」「結び」の三つが、そろっているのが「ジャータカ」の構成なのですが、

もちろん、「過去世物語」だけでも、十分面白いので、

そこだけ訳されていたりすることも多くあります。

そして、子ども向けの童話のように仕立てられて、今日伝わっていたりします。

「イソップ童話」等にも似たようなお話があります。

日本でも、『今昔物語』の中に「ジャータカ」由来の話が入っています。

 

詳しいことは、まだ言えないけど、実際のところ、

ブッダの影響は、世界中に及んでいるのではないか、ということを考えています。

 

法(ダンマ)がどう伝わっていったか、ということですね。

 

いわゆる、巷で言う「物語文学」というジャンルを認めて、それを考えても、

輪廻を前提にしないと、話がつながらないだろな、って思います。

 

西洋に伝わったりするときは、過去世、未来世、現在世という分類を取らないだろうけど、

その中に、教訓を読み取ったりするとすれば、

輪廻ということは、どこかで影のようにまとわりつくことになるのではないか。

 

はっきりとした思想の形ではなくて、民間信仰のようにして、

人々の心に入っていったのは、善悪の教えです。

 

それは、遠く、お釈迦さんから来ているのかもしれないな、って思ってます。

 

まとまらないけど、日記だから、ね。備忘録としておこっと。

お、写真写真。。最後に写真を載せなくちゃ。

Dsc02689

ただの雪です。

 

 

 

|

« 四季をめぐる…日記が… | トップページ | 覚ること »

コメント

>アリーナ から さっぽろ駅 までは、 そんなに 所要時間 は 要らないはずですが 、、、、

20分くらいの間に、猛吹雪に変わってました。
天気の境目が、どこかにあるんですね。

札幌から苫小牧に行くとき、恵庭のあたりで、天気が変わります。

札幌から岩見沢に行くとき、夕張川を越えると天気が変わります。

こんな感じかな。

投稿: 管理人エム | 2019/12/02 03:17

>  出かけたときは、ピーカンのお天気だった。
ところが、地下鉄を降りて、さっぽろ駅に着いたら、
何と猛吹雪。

アリーナ から さっぽろ駅 までは、 そんなに 所要時間 は 要らないはずですが 、、、、

女ごころ は この頃 冬にも変わる
女心 が あるのなら  男にも 下心 が ある
上下 が  「 縁起 」  だと知るのであれば、
演技 と 見せることも叶う

雪は雪ではあるが
雪  期 する   雪 ではない

行った 言わぬ  の  抜き差しに  行く( ゆく )


言語ゲーム に 捉えられかねぬ 言葉を 仕舞う


投稿:  春間 則廣  | 2019/11/30 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四季をめぐる…日記が… | トップページ | 覚ること »