« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016/07/28

『スッタニパータ』と龍樹とわたし

しばらく写真もとっていないので、
なかなか、ブログの更新ができません。

なので、ふたたび、
『『スッタニパータ』と大乗への道』の写真をあげて、
これを、話題にしてみます。
Photo_2

この本を読んでくれた人で、

確かに「大乗仏教」の思想が、ブッダの口から語られている
と、見てくれた人もいるようです。

が、

ぜんぜん、そう見えない人もいるようです。


ぶっきょうだなあ~~


って、すごく思いますよね。

このちがいだ。

見える人には見えるが
見えない人には見えない

これが、ぶっきょうのぶっきょうたるゆえんです。

経典は、人を煙に巻くような
煩悩のある人をまどわすようなところがあります。

でも!

これは、本当は言い方がおかしいのですが。。
 「煩悩のある人をまどわす」 ように見えるのは、
経典には、徹底的に無我や空の法が行き渡っているからなのです。

だから!

自分の煩悩に自分がまどわされてしまうのです。
経典は、無我で空の実践結果だから、
勝手に、みんなが思い思いに読んで
思い思いに煩悩を発露するのです。

おもしろいなあ。
不思議だわ。

 私が両手をひろげても、
  お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
  地面を速く走れない。 


      ◇◇◇


わたしは、
龍樹が、ブッダに出会って
何を見てきたのか
すごくよくわかる
ような気がするのです。

龍樹は、般若経典から学んで
空を説いた
という人がいるけれど、
本当は、そうではないことを
わたしは、知っています。

龍樹は、ブッダの直説から
学んだ 直弟子なのです。

般若経典は、龍樹のお兄さんみたいなもんだ。

龍樹は、
般若経典からも
浄土経典からも
法華経からも
学んでいます。

でも、龍樹は、
生まれた場所は
「如来の家」で、
住んでるところは
『スッタニパータ』 なのです。

『スッタニパータ』「八偈品」は、
四句分別が基調にあって、
そこに
「一切」が、あるのです。

ここをしっかりつかんで、
龍樹は、「如来の家」で育ったのです。


だから、龍樹は、大乗のお兄さんたち(大乗経典)と一緒に
歩んでいるのです。

 私が体をゆすっても、
  きれいな音はでないけど、
  あの鳴る鈴は私のように、
  たくさんな唄は知らないよ。  
                      

夏休みは、『スッタニパータ』の第五章に挑んでみよう。
他にも、宿題いっぱいあるけど、ね。

  鈴と、小鳥と、それから私、
  みんなちがって、みんないい。 
(金子みすゞ 「わたしと小鳥と鈴と」)
                     
ブッダと、龍樹と、凡夫のわたし

みんなちがって。。。みんな。。。よかったっけ な?

Dsc02056s
だいぶ前に撮った写真で、がまん。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2016/07/02

『呼吸によるマインドフルネス』

久しぶりに、本を紹介してみましょう。

ブッダダーサ比丘
『呼吸によるマインドフルネス』 (サンガ)

副題が
「瞑想初心者のためのアーナーパーナサティ実践マニュアル」
とあります。
Photo

もともとは、タイ語で行われた瞑想セミナーの講義を採録して、
それを英訳した書

Buddhadāsa Bhikkhu, Mindfulness with Breathing :
A Manual for Serious Beginners,1997

を、和訳したものです。


ブッダダーサ比丘の名前は、

ブッダのダーサ(奴隷、しもべ)

という意味で、なかなかすてきな名前です。

和訳は、浦崎雅代氏と、星飛雄馬氏のコラボで
出来上がっています。


タイ語や英語やパーリ語など、諸言語が入り交じって
翻訳はご苦労があったと思いますが、
そういうことを乗り越えて

ブッダダーサ比丘の、すばらしさが、光ります。


文字通り

ブッダのしもべ

に徹しているような、趣きが漂いながら
なおかつ
現代にしっかりと息づく解釈が、うならせます。


       ◇◇◇


読んでみて、いろいろ、「目から鱗」状態でした。


シンプルにいうなら

ブッダダーサ比丘のねらいは

「アーナーパーナサティ(入出息念経)」の解説
(『マッジマ・ニカーヤ』第118経)

なのです。

四念処を、呼吸法を瞑想の基盤に据えて、
実践していくものです。

こう言っていいと思います。


しかし、その前に、かれは、

プラーナーヤーマ(調気)
という、ヨーガ学派で説かれる
八支ヨーガの第4番目の項目と

結びつけて、それと関連づけるようにしているのが、
ミソなのです。

これによって、

ヨーガや瞑想に関心のある人を、
うまく仏教へと導くのに、
成功していると思います。


一番最初は、「カーヤーヌパッサナー(身随観。身体の洞察)」で、

ここで、このように説かれています。
======
カーヤーヌパッサナー(身体の洞察)の体系は、
インドのヨーガのプラーナーヤーマを受け継いで、
より適切かつ実用的に活用できるように
改善したものです。(p.98)
======

このように説かれているので、
ブッダダーサ比丘が、ヨーガのプラーナーヤーマを、
工夫して、仏教の考え方に合うように
アレンジしたのだ、と理解できます。

ここを読んで、驚いたのは、わたしです。

わたしの理解では、

『ヨーガ・スートラ』というのは、
パタンジャリに帰せられるのですが、

これは、おそらく、かれが、ブッダの教えの中から、
自分の思想に合うやり方を採用して、
アレンジしたもの なのです。

これは、学問的には、まだ証明するには至りませんが、
そういう感触が強くなってきていて、
おそらくこの仮説は、もっと説得力をもってくるだろうと
思っています。

ですから、
最初に、アーナーパーナサティに目をつけたのは、
もしかすると、パタンジャリだったかもしれない、
って、わたしは思っているほどなのです。

そして、

ブッダダーサ比丘が、そうとは知らずに(たぶん)
八支ヨーガの「プラーナーヤーマ」を
逆輸入して、仏教に取り込んでいる!!

おお、何と言うことだ、 という感じです。

ブッダから出てきたものですもの、
どちらも必要とあれば、互いに引き合うものがあるのでしょう。


     ◇◇◇

さらにいいますと、
わたしが、パタンジャリを尊敬するのも、

ブッダの教えを巧みに取り入れながら、
自らの立場や考えで、自分のものを、
『ヨーガ・スートラ』として出しているからです。

プルシャの教えを入れて、ブッダの教えからははずれていきますが、
自分で組み立てる能力に、インドの論理を観じます。

また、ブッダダーサ比丘も、
名前の通り、ブッダのしもべをはずれません。
「プラーナーヤーマ」を取り入れていますが、
16の階梯を進んで行くと、
どんどん仏教の教えに深く入り込んで

アニッチャ(無常)
アナッター(無我)
スンニャター(空性)
タタター(真如)
イダパッチャヤター(此縁性)

というそれぞれを体得していきます。

タタターとは、諸法実相という風に述べても良いかもしれません。

イダパッチャヤターは、この段階で、最後に説かれますので、
仮説の意味をもってくるのかなあ、などと思ったりもしています。


      ◇◇◇


この書は、初心者のための瞑想の書として、
位置づけられているようですが、

わたしには、仏法が、いかに融通無碍であるかを示す

実証の書であるように思われてなりません。


   ブッダダーサ


なんて、すばらしい名前なんでしょう。
無我の名前ですね。

確実に、一人の人の中から等流した一つの法門だなあ

って、思います。

   ブッダの法は 生きている 呼吸の中に !

Dsc02058s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »