« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/23

あるく、あるく、あるく、あるく

Dsc00754s
ちょっと前になりますが、歩いていたら、
空がなんとなく虹色に見えて仕方がないので、写真に撮りました。

やっぱり、何かの光が写ってますね。

では、もう一つ。
Dsc00760s
綿アメみたいな気もする雲と空です。

7月は、どうも、
いろいろ
めちゃめちゃで、
ぐちゃぐちゃで、
悲惨な展開になってきてます。

21日は、休日ですが、講義があったのを忘れてしまいました。

ひたすら、すみません、すみません、すみません、すみません、と
連発して、なんとかしました。

はぁ~~、謝っても補講はちゃんとあります。

忙しくて、いろいろ
追い詰められてくると、
何かを、必ず、忘れてしまう。

まだ、何かを忘れている気がするけど

どうか、気のせいでありますように。

まあ、お花でも ご覧ください。
Dsc00762s
しかし、なんとなく倒れてますよね。。。

将来を暗示しては、いないだろな。


           ◇◇◇


さて、話題を変えて、少し気分も変えてみよう。

先日ご紹介した『一分で読むブッダの教え』(サンガ)ですが、

その中で、気に入っている一篇があります。


19 歩くという重要性   (p.44)

===
歩くということは深い哲学です。
ただA地点からB地点に行く、
という大したことのない話しではありません。
昔は「歩く」ことには深い意味がありました。
===

とあります。

これは、わたしも、思っていたことなので、

おお!!
っという感じで、読みました。

===
歩くということは、
いろいろな人に会うこと、
いろいろな環境に出会うこと、
いろいろなちがう環境を経験することです。
ずーっと自分を変えること、
学ぶことなのです。
====

これは、わたしも、そう思います。
遍歴遊行することは、
多くの出会いをもち、多くの経験を積むことと同じです。


と、ブッダについては、
こんな立派な考えも浮かぶのですが、


しかーし、

自分はどうでしょうか。


といいますのも、
わたしも、実は、よく歩くのです。

仕事の行き帰り、
地下鉄、バス、JRなどを使うほかは
ひたすら、歩いています。

だいたい多いときで、8kmくらい
少ないときは、2-3kmだけど。

どうして歩いているのか、
よくわからないんだけど、
なんとなく、歩いてしまうのです。

歩きながら

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と、いつも想いながら
ほとんど、目立ってよいことも考えず
歩いてます。

は、っと気づいて

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と思い、
気づくと、また、何も考えてません。

なんて無駄なんだ

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と、また想いながら、
気づくと、ただ歩いているのです。

そして、やっぱり、何も考えずに
がっこに着いちゃいう。。

ああ、損したわ。
無駄に、時間を過ごして、何も考えなかった、
と思う毎日です。


このような日々を送っているのですが、
なぜか知らないけど、
それでも
歩くことは、大事だと思っているのです。

======(p.44)
歩くということは学ぶこと。
歩いていろいろな人に会って話してみて、
猫に出会ったら猫にもちょこっとしゃべったり、
犬に出会ったら犬にもしゃべってみたりして、
ずーっと人生は変わって変わって
成長していったのです。
======(『一分で読むブッダの教え』)

うーーん、そうか。。

わたしの場合は、
犬や猫にも会わずに、
カラスに襲われたりするだけだけど、
ほかには別にないけれど
なぜか
歩くんですよね。
Dsc00749s

なぜだろう。


| | コメント (33) | トラックバック (0)

2014/07/10

あれ、もう10日。。。「くうっ(空)」

どうして、10日なんだろ?
この前、7月に入ったばかりなのに。
Dsc00747s

実は、本を書いているところなんですが、
それが、
ほんとに、本とに、ホントに進みません。


「空」をテーマにして、『サンガジャパン』の寄稿文を
検討しているところです。


煮詰まるわ
追い詰められるわ
苦しいわ
わからないわ


さすが、「 空 」 です。

からっぽなのに、
人も「食う」のね。


だけど、
苦しんだおかげで、
また、少し見えてきた感じもあります。


「自性を欠くから空である」

って、龍樹の説くこのフレーズを、
ワンパターンに暗記していてはいけないのです。

こんな風に、空のような空である こともあるのです。
Dsc00729ss

上の文は、なんて読むんですか。


そらのような、くうである こともあるのです


と、読むのです。『ダンマパダ』です。


254 虚空に道(足跡)はなく、
外(ほか)においては沙門はない。
虚妄を喜ぶのは人々であり、
虚妄を離れているのが、もろもろの如来である。

255 虚空に道(足跡)はなく、
外(ほか)において沙門はない。
作られたものに恒常なものはなく、
もろもろのブッダには動揺はない。


見つけたのは、こんな  空(くう) です。


「からっぽ」というのは、

見ようによっては、

どこまでも からっぽ
また、
どこまでも、満ちている
また
何でも出てくる
また、
何にもない


ふうむ、四つあるね。
こうなのかな。


「空」を読むコツは、
わたしの感覚では

絶対に、

あたりまえ路線を

はずさないこと、

って、でてきてるんだけど、
これでいいような気がする。


『中論』 を 読めるだけのものが、
そろそろ、そろってきたかなあ。

だいぶ、わかってきたような気がするけど、
気のせいかもしれないし。。ね。

でも、いい加減に、

『中論』に本腰を入れてみよう

って、思い始めました。

しかし、この文も、何だか、煮え切らない文ですね。

いっつも、決心だけは、一人前です、管理人、とほ。

Dsc00740s

日記をせっせと書こう
中論やろう
大智度論を読もう
岡潔の『春雨の曲』にせまってみよう

あと、なんだっけ。。。。

こういうこと書く暇あったら、どんどんやれぇ、管理人!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »