« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/30

一分で読むブッダの教え なのだけれど

先日、スマナサーラ長老『一分で読むブッダの教え』(サンガ)を
いただいたので、
車中で読める!って、思って、
持ち歩いて読んでいます。
Photo


まあ、長老さまだし、ね!

だから、長老さまなんだし、
まあ、はずさないだろな、

って、思いながら

読み始めたのですが、

なんとなく、不思議感が強くて、けっこうおもしろいです。

1ページのものと、わずか半ページのものと、
二種類あります。

長いもので、原稿用紙一枚程度(400字)
短いもので、原稿用紙半分程度(200字ちょっと)

ギリギリですよね、意味が通じるものとしては。

323個の文章が、収められています。

では、わたしも、短く感想を述べてみます。


真理を書く人は、みなどこかよく似ている


一行の感想でした。短いね。
おもしろいでしょ。

長老さまだから、
意外感!のあることを述べるのかしら、

って、思ったら、

何と、意外にも!、そうではありません。


多くの賢者が述べていることと
一つ一つは変わりません。


おお!おもしろいなあ、って、
変なところに感心してしまいました。


でも、323も、真理が集まると、
やはり
それなりですね。

個々には、誰でも言っているかもしれない。
ああ、アランの『幸福論』のようだなあ、とか
大乗のお坊さんの法話とおんなじだあ、とか、
思うわけです。

だけど、323集まると、オリジナルになる!

「一分で読む」
なんて言葉にだまされてはいけないのです。

323個読むんだからね。
323分かかるわけ。

5時間半はかかるのです。


おお!
こんな薄い文庫が、なんと5時間半ですぞ!

この事実の方が、驚きだって?
そうでしょう、そうでしょう。


で、


323個の文章が、
互いにどれも矛盾してない

って、ところに気づくと、
やっぱ、
ブッダの教えなんだなあ、って

しみじみ思ってくるのです。

Dsc00719s


     ◇◇◇


こういうことだと思う。

短く書くと、真理と自分が思うことしか書けない。
そうなると、
誰でも、同じようになる。

しかし、

それでは、わずかしか書けない。
真理なんて、そうそう見つからないので
すぐ尽きてしまう。
だから、

ヴァリエーションをもたせて、
真理を個別に適応させて書く

そうすると

細かくなりすぎて、些末になり、
しかも
意外感はなく、印象としては、どれもおんなじだ
という感じになる。

そうならないためには、
真理以外のことも混ぜる 
こともあるかも。。。あ、まずっ!

こうなると、矛盾がでてきて、
本全体がうそくさくなってしまう。


「すぐ読める」みたいな本は、
こんな風になってしまうことも、
ないわけではありません。


軽く読まれて、軽く捨てられていく本も多いのです。

うーーーん、むずかしいーーー!


こういう風に、真理を扱って、しかも、短く説くのは、
チョーむずかしい。

Dsc00721s


        ◇◇◇


短く書く、というのは、書く側からすると、
このように
本当にむずかしいと思います。

真理だから、わずかしかないのです。
おそらく、一つでしょう。

だけど、多様に描き分けねばならないのです。

そして、

そのどれも、
どこか新鮮な響きをもたねばならないのです。

だって、
真理なんですから。

そうなると、真理を書く人は、まさに、
自分のことを書くことになってしまう。


自分の生きている、その「今」を、
書くことになってしまいます。


そこにだけ、真理があるからです。

引用しましょう。『一分で読むブッダの教え』から。
===========
057 瞬間で見れば、悩み苦しみは存在しない

皆さんに、この今の一分で、今の六十秒で、
やり遂げられないこと、大変な悩みになることが何かあるでしょうか?
「今」、何か解決できない問題がありますか?

 …(略)…

今の一分で解決できない問題は、一つもないのです。
今の一分で、成功できないことは、一つも存在しないのです。
それなら、次の一分はどうでしょうか。同じことでしょう。
(『一分で読むブッダの教え』四九頁)
===========

今の、この一分に問題がないなら、
次の一分にも問題はない
と語るスマ長老さま。

ああ、以前に読んだ
アランの『幸福論』の言葉を思い出しますね。

===========
この一分の後には必ずつぎの一分がやってくる。
したがって、君が現に生きているのだから、
今生きているように生きて行くことは可能なのだ。
(『幸福論』岩波文庫、一七九‐一八〇頁)
===========

こうして、真理を語る者は、
同じようになっていく。

つまり、スマ長老もアランも、同じように、
「今」を瞬間瞬間クリアして、
生きていく姿を、人々に伝えるのです。

毎分新しく生きている自分を描いて
真理の本ができあがる

ということなんだなあ。

スマ長老は、一分一分の法話を欠かさない。
アランは、毎日毎日、自分で「プロポ」と呼ぶ
哲学の断章を書いたのである。


323分、真理を保ち続けることができる人は、
次の一分も、おそらく真理であるにちがいない、と、

信じて、

本を読むのです。


一分の中で、
真理を読んで、
それを検証し、
それを確信する人は、忙しいのです。

一分の中に三つのことを含めるから。
読む・検証する・確信する

323個の真理について、
この三つを、ずっと続けられると

やがて、自分も、

「一分で読む」

ということの意味を、

しっかり身につけることができるだろう。


ながいね、一分、ぷん!
Dsc00724s
三つのバラです。


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014/06/20

岡潔『春雨の曲』をさみだれ的に

梅雨のない北海道、というのが
もはや成り立たない今日のこの頃。

毎日、何だかじとじと雨もようです。
Dsc00711s


        ◇◇◇

出かけると、必ず傘を忘れてくるのが、
わたしの習い性だったけど、
さすがに、帰りも降り続いていると、忘れないもんですね。

今まで、何本傘をなくしたか、数えきれません。

今の傘は、一年以上保持し続けています。
えらいぞ。

もっとも、使ったのは、ここ一週間くらいですが。
でも、一週間でも、使い続けられているのが、快挙です。
いつまで、この傘、もってられるかなあ。


        ◇◇◇


最近、慢性的に疲れているせいか、
ほんとにパワーが出なくなってきました。

って、昔は、疲れてても、
日記に、「疲れてる」って書くことなかったのに

今は、他に書くことが思いつかないので、
こんなことでも書くしかないかなあ、って感じです。

あ、思いついた!
遠佐さまから送られた


岡潔 『春雨の曲』(第七稿)と(第八稿)


ちょっと忙しくて中断していましたが、おりにふれて
ちらちら読んでいます。

「多変数解析関数論」というのも、
ちょっと短いノートのようなものを見てみてみるのですが、
何だか、さっぱりわかりません。

わかりませんけど、でも、『春雨の曲』と
雰囲気が、とてもよく似ています。
同じことが書いてあるような気がしてきます。

なので、このまま、
なんとなく眺めていよう、という気がしています。


さて、岡潔氏、かれの思想は、いかなるものなのか?


ピッタリ同じではないけど、
読んでいると、思い浮かんでくるのは、やはり!
ウパニシャッドの思想(家)です。


『春雨の曲』(第七稿) 二七頁
===============
 ここで唯識を紹介して置こう。

 前に云ったように佛教哲学である唯識はこころを
層に分かって説明している。

 心の最奥底(基盤)を第九識と数える。
 第九識は一面ただ一つ、他面個々別々である。

 第九識を其の個々別々と云う方面から見た時、
これを個(叉は衆生)と云う。この数は無数である。
個は一切生物の中核である。

 佛教の一宗に、前に云ったように「光明主義」と云うのがある。
此の宗派では唯一つと云う方面から見た第九識を如来と云う。

 各個の関係は、不一、不二である。個と如来の関係も不一、不二である。
=================

こういう説明を読むと、第九識を 「アートマン」とか
「ブラフマン」とか置けば、アドヴァイタ的な一元論に
なってしまうように、みえます。

ただ、この九識からさらに、十五識くらいまでは数えるので、
単純にアドヴァイタ的である、とも言えませんが、
考え方の構造が、
ウパニシャッドとすごく似ているところがあるように思うのです。

個我と最高我は、不一不二と見る見方も似ているでしょう。
他にも、随所に、ウパニシャッド的なものを感じて仕方ありません。

でも、
最終的に、岡潔が、「造化」と呼んでいる神に、
どのような解釈をなすのか、
そこにかかってもいるように思います。


何か、
期待のようなものもわいてきます。

構造的に、変化しうるようにも、
つまり、ウパニシャッド的なものを超えるようにも、

岡潔なら、そう理解するかもしれない、とも思うからです。


「変化を説く」


このことを、どこまで、「造化」の枠の中で書いているのか
あるいは
このことを、「造化」をも超えてしまうところがあるのか

見ていきたいと思っています。
どうでしょうね?

Dsc00713s


        ◇◇◇

一気に読まずに、
こんなにさみだれ的に読んでいるのも、珍しいのですが、

でも、

ものすごくおもしろい本だと思います。

誰も、こんなことを考える人はいないだろう、というところで、

純粋に希有な本でありますし、

でも、

誰もが、どこか、こういうことを考えてみたことはあるだろう、
というところで、

純粋にありふれた本でもあります。

そして、こういう風に 「純粋に」 といいたくなるところに、
数学を、感じてしまう。。。

Dsc00714s


       ◇◇◇


おもしろいと思ったところを、もう一つ書いておきましょ。

『春雨の曲』(第七稿) 120頁。
======================

「人には固定された自分と云うものは無いのである」
この原理さえ充分わかれば、
また日本民族が何よりも好きならば、
男ならば誰でもτ₁⁰の分身だから
わたしと同じ経験をすることが出来る筈である。

====================

「 τ₁⁰ 」 というのは、 男神 T(月読の命) の 分身(?)

天地開闢のはじめに生まれた男女一対の男の人を指す。
「 ₁ 」とあるのは、始めの意味で、「 ⁰ 」とあるのは、分身。

数学的ですね、こういうところ。
質的に同じ、という感じがしてきます。

で、

おもしろいのは、「 固定的な自分が無い 」というところです。

どっちに行くのか、興味深いです。

「どっち」というのは、

「 固定的な 」というのが、無い  という風に行くのか
「 自分 」  というのが、無い   という風に行くのか

という、「どっち」です。

この分かれ方で、ずいぶんちがってきます。

「固定的な」というのが、無いなら、
すべてが一つの原理から生じてくる、という感じ。

「自分」というのが、無いなら、
すべてが固定されない、という感じ。

ここかな、
ポイントみたいな気がしますね。

願わくば、「自分」が無い方で、行きたい、行ってくれぇ。

こうすると、多変数解析関数論、っていうのも、
どこか、分かりそうな感じがしてきます。

ブッダにも行けるかもしれないし、ね

ウパニシャッドに行くのか、ブッダに行くのか、みたいな。

じっくり読むべし、ね!

Dsc00715s


| | コメント (31) | トラックバック (0)

2014/06/11

お釈迦さん、お釈迦さん、あのねのね

Dsc00703s
いつも似たような花の画像なので、たまには、こんなのも。
北海道大学理学部の建物です。

絵はがきみたいですね。
で、やっぱり、花の画像も。
Dsc00695s


最近は、お天気があまりよくないですね。
梅雨っぽい雰囲気がただよってきました。
Dsc00700s


         ◇◇◇


今、『サンガジャパン』という雑誌に寄稿してきたものを、
読み返しているところです。

毎号欠かさず執筆させてもらって、
とうとう17号までやってきました。

書いたなあ、という感じです。


時間があれば、
もっと丁寧に調べられるんだけど。。。

という思いが、いつもありながら、

でも、

時間があっても、
なかなか実際はできないだろうとも

思いながら、

締め切りに追われて、書いてきました。


うーん、仕方ないす。。
これが、自分の実力なんだし、

って、ところかもしれないです。


まあ、書いたものは、大事にしよう。
もう少し、
練って、自分の中で育てよう、って思ッてるところです。


         ◇◇◇


それにしても、思うことは、


なんだって、

お釈迦さんは、

こんなにもむずかしいんだっ!!


って、ことです。


『サンガジャパン』の雑誌の、たくさんの記事は、
それぞれ現代という時代を切り取っている感があります。

時代の中で、知識人の人々や活動家の人々、
学者や修行者、お坊さんなどなど、
たくさんの人達が、寄稿したり、対談をしています。

専門的でむずかしい話しもたくさんあるけど、
だけど
お釈迦さんのむずかしさには、かなわない。


ことばは平易で、簡単そうに見えても
お釈迦さんのわからなさは、
ほんとに天下一品のわからなさだ。


お釈迦さんのことばを、
自分が扱っている記事は、

そこだけ、
自分だけ

もだえている感があります。


雑誌の中で、自分だけ浮いてるなあ

とか、思いながら、

浮きっぱなしに浮いてますねぇ。


わたしにとって
お釈迦さんとは何か?


格闘してはねかえされるもの!


あたってくだけるもの!


かみついて歯が折れるもの!


這い上がって落ちるもの!


だけど、どこか、
Dsc00699s
癒されるもの。

どこか
Dsc00710s_2
すがりつくもの。

こう、書いてみると、
たんに、自分が、矛盾してるだけも。。。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »