« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/18

『全訳 チャンドラキールティ 入中論』ご紹介

Photo

ようやく、この本のご紹介にこぎつけました。

瓜生津隆真氏・中沢中氏共訳で
中観派チャンドラキールティの重要な文献

『入中論』(チベット語訳)

の丁寧な註を付した和訳翻訳です。

瓜生津隆真氏は、長年、龍樹の研究で、日本ではよく知られた学者です。

また、

共訳者の中沢氏は、このサイトでも学識の深さではみなによく知られた存在です。
チベット密教の行者でもあり、学者でもある、という立場をとられています。


《チャンドラキールティ》

チャンドラキールティは、およそ七世紀の人物と言われます。
インドでは、大乗仏教の興隆も、最盛期にさしかかっていると言いますか、
やや、熟成の期間に入ってきたと言いますか、そのような時代を迎えている頃の人です。

さまざまな問題が、はっきりとした哲学上の課題として浮かび上がって来ている時代、

龍樹の教えを自覚的に受け継ぐ人物として、

かれは、インドの思想界に登場します。

論法でいえば、プラサンガといわれる帰謬法的な方法を用いた、と解説されます。。

           ◇◇◇

さて、そこで、この『入中論』について

★1  龍樹の空観を基礎にして
★2  菩薩行の十地を解説した論書である

と、簡潔に述べてしまいましょう。

本書は、
=======
◇序論◇ 
瓜生津先生の
「 中観仏教における菩薩道の展開 」

◇本論◇
 共訳
「入中論 と 入中論自注 の 和訳翻訳」

◇結論(?)◇
中沢中氏の
「 『入中論自注』評釈 」
========
という、三段階の構成です。


◇序論◇ では、

瓜生津先生が、龍樹・チャンドラキールティに造詣の深いところを遺憾なく発揮され、
『入中論』における ★2 の側面、
すなわち、菩薩行という観点から、詳しく解説されます。

ここは、
チャンドラキールティの龍樹とのちがいや
かれの思想的な独自性や、
彼と対立した他学派・多宗派批判などが
明瞭になって、読者に裨益するところ大であります。

他の著作なども含めて、チャンドラキールティについて論じ、
バーヴァヴィヴェーカの学説批判などもあげ、
当時の論理偏重を戒めようとしたと、先生は解説されています(p.22)。


『入中論』について、一文引用するとすれば、ここかな。
   ~~~~~~~~~~~
 このようにナーガールジュナの立場を継承する彼(チャンドラキールティ)は、
このような大乗の特質が菩薩道の本質にほかならないことを自覚し、それを組織的に
体系化して説くことを目的として『入中論』を述作したと見ることができる。このようにして
菩薩道の理念体系を明らかにしようとしていることが、彼の中観学説を見る場合の
重要な視点になるだろう。(p.20)
   ~~~~~~~~~~~
( )内は、私が補いました。


◇本論◇ では、

翻訳は、読みやすく、科門が添えられており、
細かな番号がふってあるので、個所の特定がしやすくて
たいへんありがたいです。
ときおり、名詞止めの訳が、気になりますが、総じて、読みやすいです。

菩薩の十地のうち、第六の現前地で、空性の議論がとかれ、
ここで、全体の4分の3が費やされています。

また、翻訳の他に、ネットで以下に、校訂したチベット語テキストも公開しています。
http://kishin-syobo.com/index.php?%E8%B3%87%E6%96%99%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

本文中に原語などの指摘はありませんが、
テキストにも番号がふられていて、わかりやすいため、
読者は、ネットとの併用で、詳しく検討することもできて、たいへん便利です。

細かな点に配慮された出版だ、という印象を受けます。


◇結論(?)◇ では、

中沢氏が、自身の仏教者としての立場も明らかにしながら、
『入中論』の論理、とくに、ブッダの法との絡みを
★1 を中心に述べていきます。

たんに、無自性・空といった説明ではなく、

『梵網経』の62見を、10難無記、あるいは14無記にまとめたうえで、

それを批判し、戯論寂滅をねらう書として、

『中論』を位置づけて、

そこから、中観派の空観の思想を展開してくところに、

新しい観点と重要な視点が点在していて、
今までにない画期的な展開になっています。

そこから、さらに、空海をにらむ密教的な視点や
誓願や菩提心など菩薩行も説かれ、
大乗のみならず、仏教全体を見通す解説となっています。

たいへん意欲的に説かれており、
大いに読者に益するものとなりましょう。
後の、仏教学の発展にも大いに寄与すると思います。

ただ、いくらか問題もあります。
解説に説かれる点が、簡略なまとめになっているため、
詳しい内容を論じたものがほしくなります。

経典・論書の引用で、まとめてしまいますと、
仏教徒のための学習書のような雰囲気もしてくるので、
もう少し論の展開があれば、と願わないでもありません。

でも、紙面の都合で仕方ないところもありましょう。

この書は、
お二人の研究領域の微妙なズレが、
うまく作用して

瓜生津氏の★2の観点
中沢氏の★1の観点    により

『入中論』と『自注』の全体像が、
立体的に現れ出てくる仕組みになっています。

この点、従来にない多角的で深い仏教の論書の解説であると

思うものであります。

従来、チャンドラキールティを帰謬論証派と呼んで、
論法的には、ディグナーガらの説く論証形式のあり方を
批判した、と見られがちですが、
それだけではない
チャンドラキールティの豊かな思想展開がダイナミックに感じ取れる好著です。


ぜひ、ご一読あれ!

わたしも、もう少し、しっかり熟読したいと思っていますが、

とりあえず、今年中にご紹介しないとね。。。

集中して読みたい本ですね。

あ、雪が降ってきました。初雪ですね。遅い初雪。
121118_153939
121118_154008


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/11/17

仏像ぶつぶつ、ぶつくさ講座

121116_121816

一神教では、偶像を崇拝することを禁じています。

モーセの十戒の中にも書いてあります。
「あなたはいかなる像も造ってはならない。
上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、
いかなるものの形も造ってはならない。
あなたはそれらに向かってひれ伏したり、
それらに仕えたりしてはならない。」(「出エジプト記」20.4-5)

これは、けっきょく、神以外のものを崇拝してはならない、

ということを、神さま自身が語っているのでしょうね。

像を造ってまつること、そのこと自体より、
自分(神)以外のものを崇拝してはいけない、と読んだ方がいいのでしょう。


       ◇◇◇


その点、仏教は、民が欲しがるものを何でも与えますね。

紀元後およそ二世紀、
インドのガンダーラとマトゥラーで、
仏像が造られはじめると、
それはどんどん広まって、中央アジアから中国、日本へと、
伝播していきました。

もともと、部派の立場でも、ブッダの像は表されることなく、
レリーフなどに残るのは
聖樹や仏足跡、台座などです。

それが、ブッダを象徴的に表していたのです。

しかし、
ブッダの像が造られるようになると
種々の形をとって描かれます。

寝ているすがた、座っているすがた、立っているすがた
32の優れた特徴をもつという、その特徴も印されます。

菩薩の像も、瓔珞(装飾品)をまとって表されます。

観音菩薩は、やさしい女性のすがたになりました。
不動明王は、おそろしい行相をとっています。

いろいろなすがたかたちが、現れてきますね。


       ◇◇◇


ですが、そこに描かれないものもあります。

人々が、ほんとうに、嫌いなもの

それは描かれませんね。

何でしょうか。

それは、煩悩のようなものです。


       ◇◇◇

ですが、そこに勝手に描かれていくものもあります。

人々が、ほんとうに、納得するもの

それが瞬間瞬間描かれていきます。

何でしょうか。

それは、時が書き込む変化のあとです。


        ◇◇◇

破壊されてしまったバーミアンの巨大な石仏のあとも
ブッダのすがたを示しています。

あっても、なくても、仏像は、仏像。


何を拝んでも、ブッダを拝むことになるとも言えます。

生じた偶像、
朽ちていく偶像、
滅した偶像、
何でも、ありがたく拝みます。

だから、

それは、ダンマ(法)を拝むことにもなるとも言えます。

 
        ◇◇◇


人々の求めるものを何でも与えてくれるブッダ。

なのに

人々は最後にはブッダそのものに帰っていきます。

なんだか、ブッダの手の平で踊ってるだけですね、わたしたちって。

おや、
お花の上で、ひなたぼっこの虫。
ブッダの手の平のわたしたちも、こんな感じ?
121116_121603

おや、紅葉の中に緑のつるが。
ブッダの手の平のわたしたちも、こんな感じで
くっついてる?
121116_121630


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012/11/13

ねこブログ。。あ、ねこブクロかな

きれいだった紅葉も121030_103436
二週間でなくなりぬ121113_104245_2

寒くなって来ましたね。
今年は、岩見沢には、ドンだけ雪が降るんだろうか。。

ところで、
今まで、何も気がつかなかったのですが、

うちのニャンコには、布団がありません。

夜は、椅子の上で寝ています。
新聞紙の上も、ちょっと寒くなってきたからにゃ。。


いくらなんでも、みじめかなって、
大きめの膝掛けを買って、
椅子にかけてやりました。

この椅子の上で、寝るにゃんよ。。
ぬくぬくあったかいで、ね。↓
121113_134232

あれ?
なんだ!ずいぶんひっぱられてるみたい。。にゃ?

あ、なんと、予想外の使い方。
121113_134244
椅子の下に潜り込んで、
テントっつうか
フクロっつうか、
ねどこっつうか。。


夜は、二匹でぎゅうぎゅう詰めに、なっとるにゃにゃん。

あんがい、
智慧があるんかにゃ。

そう思って見ると、だんきちぃ
121113_134334
なんか、賢そう、
少なくとも、寝不足の飼い主より。。。

これからは、智慧ブクロとして、
サムと一緒に、このブログを、書いておくれ!

。。だんだん、なさけなくなるな、このブログ by サム & ダン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012/11/10

飼い主はアホでも、ぼくはすごいぞ、にゃんこ!

少し暖かい日。小春日和なのかな。
121108_125053
雪虫が飛んでいました。

もう、あと一週間くらいで雪が降る、って、
みなが言っています。

「雪虫が飛ぶと、一週間から十日くらいで雪」って、
法則があるのです。。法則なのだけど、ほんとかな?

草花が、なんか残り物みたいな感じが。。。
121109_124428
失礼ね!こんなにきれいに咲いているのに、残り物とは何よ、ぷん
と言ってる感じがする、菊。

残り物感の強いのは、ほおずき。
121109_124413
失礼ね、けなげに咲いてる、って言ってほしいわ、ぷん
と気取ってる感じがする、ほおずき。

残り物は、やっぱり白菊。。雪でいいじゃん、白は
121108_125011
失礼ね、雪の白なんて、こんなにきれいじゃないわよ、ぷん
って、すましてる感じがする白菊ちゃん。

介護に余裕がなくなってきている今日この頃。

細切れ睡眠で、睡眠不足が続くので、
頭が働かなくなりました。

あ、もとからだろ、って、言ったら、怒るから。


もとからそうだけど (自分で言うなよ)、
もっとひどくなっちゃって、
ほんと、思考が数秒で途切れます。。

よく、認知症になると、
ご飯食べたことを忘れて、
「ご飯はまだ」と聞く、と言われますが、

わたしも、忙しくて (と言い訳しつつ)
ご飯食べたかどうか忘れてしまいそうになる。

忘れたことにして、抜けば、
ご飯作らなくてすむしね。。おい。


ネコのご飯も、
「あれ、さっきあげたっけ、どうだっけ」と
わすれてしまって、
そんでもって、ネコにしょっちゅう聞いてます。

「ご飯、食べたっけ?」

ネコたちは、声をそろえて

「まだだにゃーーーーーーーーー」って、叫んで、
お皿のところにダーーーーッシュ!

「ちゃうだろ、さっき食べた!」
「ノンノン、にゃん、食べてにゃーーー」
「ついさっき、食べたばっかじゃん」
「さっきのは、昼だにゃ、今度は晩ご飯にゃぁ」
「え、もう、晩。。晩ご飯かぁ、ごめんにゃ」

がつがつ、ぼりぼり。。
がつがつ、ぼりぼり。。

「で、でもね、まだ、四時半だよ。。
もしかして、だまされた?」

っと、なるわけなのだにゃ。。

あ~、アホだにゃ、飼い主はぁ。

ほんとほんと、見下げちゃうもんね、ぼくチン。
121108_151826
誰? 耳が切れてるぞ、なんて言うの。

写真は、足もとが大事なの。耳なんて、どうでもいいの。

そこ、見てほしいのよ。
どこに乗ってると思う。

こんなすごいことできるの、ぼくチンだけだよ。
121108_151508
どや! ぼくは、サムや!

椅子ごとこけたの、一度だけだもん!

こんなことだって、できちゃうもん。ぺろっ!121108_151208

ああ、やっぱり、飼い主の頭に問題があるなあ。
こんなブログしか、書けないんじゃね。

そのうち、ぼくが書いてあげるよ。。 by サム

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012/11/03

秋がいっぱい

道庁は秋。121030_120127

大通りだって、秋。121028_105842

そこら辺で秋。121101_143423

121101_142940

121101_143104

フェンスの中も秋。このあたりにエゾリスがいたよ。121030_133432

岩見沢も秋。121030_103436

121030_103511

堪能した?
アップすると、画像が不鮮明になるような気がするなぁ~。

目のせいかもしれないな。

最後に、家の前の電信柱に秋が来てました。121101_144352

え、なに?

秋は、もうあきた?


| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »