« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/27

自己と悪

あ、やっぱり猫だ。
猫のブログにすれば、って、言われそう。
033
だり~~っ!かったるいぃぃ~~。

035
でろ~~ん、ニャンか文句あっか~~!

ほんとに、怠惰を絵に描いたような姿だよお。

いいのか、そんなことで。

って、いうか、うらやましい。。おいおい。


ああ、ほんとに、猫に生まれたい。。
でろ~~ん、と生きてみたいですね、みなさま、こんにちは。

風邪がようやく治ったら、明日はまた、岩見沢。。
大丈夫かな、JRが無事に運行していますように。

===

さて、朝日カルチャーセンターで購読の『ダンマパダ』

とうとう、「自己(アッタン)」の章に突入しました。


ほんとに、マジに、まじめに、「自己」を検討してみました。


いろいろわかることがいっぱいです。


「自己(アートマン)」


この一つのことばに込められた意味は、た~くさん、ある。

唯一なる自己、永遠不滅の我がたましい。
姿ももたず目にも見えない霊魂。

一切宇宙のもとになる原理、最高のアートマン。

なんて深淵な哲学なの、自己の探究だわ。


いやいや、そんなにむずかしく考えなくても大丈夫。


簡単にいうと、自分のことさ。
ほら、このぼく、このわたし。

他人と比べてみるとわかる自分のことだよ。

こんな風に

いろいろな意味で、「自己」が見出されてくる。


どんな意味にとっても、自己は、やっぱり自己です。
そして、自己は、大事なものであることに、変わりはない。

そこで、どんな意味で「自己」といっても、
ブッダは、それにあわせて答えてくれる。


大事なことは、ここかな、って思うところ、
ご紹介します、『ダンマパダ』より

===
161.自己がつくり出し、自己から生まれ、
自己の中で育った悪が、智慧弱きものを打ち砕く。
あたかも、金剛石が、堅い宝石を打ち砕くように。


165.自己がなした悪が、まさに自らを汚すのである。
自己がなさなかった悪は、自らを浄めるのである。
清浄なるもならぬも、各人各様である。
他人が、他人を浄めることは
ないのである。
===

自己が、どんなものであっても、関係ない。

そんなことより、
悪というのは、けっきょく
自己の中から出てくるものだ、

っていう、ここ!

どんなに悪い仲間にそそのかされようと、
社会の仕組みがゆがんでいようと
もし、悪いことをしてしまうなら
それは、全部自分の中から生まれたものだ、って!

きついなあ。。でも、これjは、そのとおりだ。
悪は、自分が育てて自分が生み出すものだと知っておこう。

だから、165のことばが大事になるね。

特別善いことをしなくても、悪いことをしなかった!
というただそれだけで、しなかった悪によって、
みずからが清まるのである。

すごいことだ。

悪いことをしないでいることは、

すごいことなんだね。

036
ああ、悪に転落しそうでぇ~~しないのぉ~~。

サム猫や、きみぃ、微妙な生き方だぞぉ。
悪いことをしないでいるのか、しているのか、
その姿、ギリギリのライン。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012/02/18

雪と道元と猫


久しぶりに、猫じゃない、って思ったあなた。。

だけど、なに?これ?
004
これは、タクシー乗り場へ向かうところ。

駅前のね。。。すごい雪山登山のようだわ。

そう、岩見沢です。
007

全国的に有名になった 大雪の町、岩見沢!

これは、岩見沢駅です。
見えてる建物は、おしゃれな岩見沢駅。。よく見えないけど、雪で!

2月14日、もう数日前の写真です。
行ったら帰って来れないかもしれない、って、
覚悟して出かけたけど、

何とか無事に帰還しました。

でも、また、大雪に見舞われているようで、
無事講義ができたのが、奇跡かもしれない。。。

来週はどうなっているのかなぁ、不安だわ。

大雪は、珍しくない岩見沢ですが、
それにしても、今年は破格の大雪です。
積雪2メートルを超えて、雪の壁の間を歩いているようです。

002
この駅前の風景も、すごいわ。
遊歩道の屋根が、雪でつぶれないかしらね。

===

少し、余裕ができたと思ったら、風邪を引きました。

病気になったら困るぞ、と思うと、
風邪も引きませんが、

ちょっと油断すると、こうだもんね。
長引いて、少しもよくなりません。

これで、仕事がはじまったら、すぐ治るんだろな、
人間って、げんきんだよね。

===

道元さまの、『正法眼蔵』をしみじみじみ~ぃに読んでます。

こういう本は、ある程度仏法を知ってから、
読むといいかもね。

いろんなところに、気がついて、
「いいなあ」と思います。

なんと言いますか、
道元さんとわたしの二人だけ、
って、読み方です。

他の人の意見に惑わされない、
というところが出てきます。


「仏祖正伝」 の教えを受け取る ことだけを
心に願って、それに全神経を注いだ道元。
だから、禅を用いている。


という、感じがします。


只管打坐(しかんたざ)

只ひたすら坐れ、

とする、そのシンプルな行は、
シンプルさ故に 誤解されるかもしれない。


これは、わたしの思うところでは、
ただ、ただ、むやみと坐っていればそれで善い、
という教えではない。


こういう条件がついていることが、
言われずとも見えてきます。


「坐るときには」

只管打坐


こうだと思う。

もし、あなたが、坐ることをえらぶなら、
そのときには、ただ坐れ。

なぜなら、そうしないと、
ブッダが教えて、次々と仏祖に伝えきた
正伝の教えを
そのまま受け取ることができない
からなのです。

「坐る」という行為に
不純物を入れるな

ブッダの教え以外のものが
混じるのを排除せよ

塵ほども入らぬように
気をつけるんだぞよ

わかったな!

って、道元は、言ってます。

ブッダの教えを
「坐る」という行為の形で、
純粋に受け取ることを、
めざしたのですね。


したがいまして、
道元禅師は、論理の人、となりました。

ブッダの法を受け取ったからです。

かれの自在な語りの中に

仏法が、生き生きと息づいています。


受け取るということがどういうことか
かれは知っているのです。

ブッダの法を、面授する(そのまま授かる)ため、
只管打坐という方法をとっているのです。


修証一等も、面授も、只管打坐も

一つのことがらを、いろんな方向から

述べているだけなのです。


道元、すばらしい。
口を開けば、ブッダの法が流れ、
その行いは、一滴中のブッダの姿、
その心には、仏性の道理あり。


かっこつけて書きたかったけど、
何書いてるかわからなくなっちゃった。。

日記だから、いいや。

006
舌なめずり。。変な猫ちゃん

010
向きを変えて。。あれ、どっち向き?

009
へぇ、やれやれ、ようやくハンサムなぼくのお姿、アップ。

やっぱり、猫で終わる日記だにゃ。にゃんは、まんぞくぅ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012/02/09

猫の哲学。。生滅するにゃん

008
ずりっ~~。。おおっと、っと。く、くるし。

009
は、はまっちゃった。ふーっ。

010
何とか脱出、ん? 砂ざらざら、いてて。
あ、ぼくが、サボテンの鉢、ひっくり返したせだったにゃ。、

おや? 哲学? ふーーん、

ぼくの得意なヤツね。
よし!では、ぼくの哲学、ご披露しちゃおうかな。

===
ではでは、
サムの お寒い 哲学講座ーーっの時間です。

惰眠はむさぼれ
時は無限だ!

猫に小判は、用がない。
月にスッポン、縁がない。
豚に真珠は、関係ない。

犬と棒は、嫌いです。
えさと日だまり、うれしにゃ。

善悪、好悪、正不正、
ニャンでもわかるの、一切智。
二歳にならずに一切痴。

怖いの怖いの、飛んでいけ。
未知との遭遇、きゃー-、怖い!

怖いときには、ベッド下。

ベッドの下で、瞑想中。
そうだ、解脱だ、にゃん解脱。

そのうち、ぼくも、おしゃかにゃん。
ウソじゃないって、おしゃかにゃん。


死んでしまうと、おしゃかです。 ずこっ!


  しーーーーーーーーーーーーん。


今日の講義は、仏法、「生滅」についてでしたっ!

       ***

やっぱり、ちょっと、寒かったかにゃ。。ぼくの哲学。

でも、でも、

にゃんこに生まれたぼくは、
にゃ~んと濃いニャン生を歩んでるんにゃ。

一回死にかけ経験が、崇高なニャン格を築いてるニャン。

きみたちも、精進するにゃんよ。


ぼくも、厳しい修行で、ご飯6回に減っちゃったけど、
この苦行に、耐えてみせるにゃん、

ニャン、ニャン、オー!

====
ところで、管理人、日記書かないの。

ぼくにばっかり頼っちゃダメだよ。
自分の日記は、自分で書こう。

013

何? どことなく、えらそうなスタイルだって?

哲学する猫って、ブッダと同じくらい稀だからにゃ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »