« 月 | トップページ | 我が輩は猫である »

2011/12/20

転落し続けると。。

写真三枚そろえば、どこかクリスマスっぽい雰囲気じゃありませんか。
どうでしょう?
003

002

001

いつも「忙しい、忙しい」と言ってますが、

ほんとに忙しくて

あまりに忙しかったので

何も忙しくないような気がしました。

もう、
何が大事で、何が大事でないか、
何をすべきで、何はしなくてよいか、
ほとんどわからなくなりました。

土壇場でとっさに決断しても
あれこれずっと熟慮していても、
いざ、やるときには、それらは関係ありません。

その場が、きちんと ”おさまっている” ということが、
大事なのです。

ですから、世間が求めるもの

”その場をきちんとおさめること”

ここをクリアすれば、OKなのlだ、と気づいたのです。
ブッダの生き方なのです。。


え?ほんとなの?


そうですっ!!
ブッダの生き方を、経典に探ると、そういうことになるのです。


また、またぁ~、いい加減なこと言ってぇ。


いえ、いい加減ではありませんっ!
対機説法というのは、こういう。。いい加減。。じゃなかった
臨機応変の生き方を、端的に述べたものなのです。


追い詰められると、いろんなこと言い出しますねぇ、管理人。


いろんなことではありませんっ!
一つのことです。
縁起、これっ ひとっつ ですっ。


ふーーん、ま、でも、追い詰められてることに、変わりはないすね。


追い詰められて、いるように見えるけど。。追い詰められてますっ。。
じゃ、なくて、

貧すれば鈍す
窮すれば通ず

って、ことなのです。
「貧すれば鈍す」は、「窮すれば通ず」の枕詞で
この場合、あんまり意味ないす。

後の
「窮すれば通ず」が大事。

これって、縁起のことわりでもありますっ!
出たとこ勝負、ともいいますっ!

智慧さえわき出れば、その場にぴたっとはまって、
あらかじめ予定していたかのように、
万事がスムーズに進展するのです。。

だからね
終わって、いちばんホッとしながら、ビックリしてるのは、わたし。。
な、なんか、うまいこと、いったんちゃう?
ばれてな~~い。。? だいじょぶみたい。。ほっ!
も~~、どうなることかと思った。。。

って、こんな感じになるのです。。よ、よかったぁ~、生きてるぜって。

ま、

それにしても、わたしの人生って、
綱渡りの人生だわっ、

ってか

転落し続ける人生だなぁ~

でもね、
転落してても、底が見えなきゃ、底につかなきゃ、

転落ではないっ!!

とも言えるかな?

言えないか、ははは。

===

よし、日記も書いた、っと。

介護がはじまったら、なんか、腰が痛いす。
気をつけよっと。

|

« 月 | トップページ | 我が輩は猫である »

コメント

> 夢のようなおことば、ありがとうございます。

顛倒夢想 の 「夢」 では ないですか ?

> 前世は一在家さまは、優しいお方です。

あなたの基準 に拠る“優しさ” が
やさしさ   の    “本当”  の 姿です

なま やさしい  こと  では ないのですが 、、、、
、、、、 そう   では  ありませんか  ?

生はんか  に  聞こえますか  ?

投稿: 春間 則廣 | 2011/12/21 09:53

前世は一在家さま こんばんは!

>ミチ先生は立派なホームページとブログを立ち上げられ、御徳に
>縁起して私を含めて大勢が集まって参りました。

夢のようなおことば、ありがとうございます。
前世は一在家さまは、優しいお方です。

実際は、

なんか、もう少し実のあることを書かなくちゃ、とか、いつも同じことばかり書いてるなぁ、とか、けっこう悩むんですが、悩んでるわりには変わり映えしませんよね。

そのうち、切羽詰まって、ほんとに「出たとこ勝負」でブログを書いて、「はあ、何とかなったかなぁ、ほっ」って、具合です。

あ、ブログに書いてることと同じになっちゃった。。 

投稿: 管理人エム | 2011/12/20 22:57

ミチ先生、こんば**は。

>それにしても、わたしの人生って、綱渡りの人生だわっ、
>ってか 転落し続ける人生だなぁ~

そうですかね。
ミチ先生は立派なホームページとブログを立ち上げられ、御徳に
縁起して私を含めて大勢が集まって参りました。

神道の目線では、上昇し続ける人生だなぁ~とまず神様とご先祖様
に感謝申し上げるところです。

唯吾足るを知る、という仏智でしょうか。

投稿: 前世は一在家 | 2011/12/20 21:16

>  その場が、きちんと ”おさまっている” ということが
大事なのです。

物事は、治まる(収まる・修まる)ように起きています
( おさまる 方向に 向かっていきます 、、、、 )

“きちっと” という 事は、縁起にあります
きちっと している か、していない かは、
“きちっと” 決まっている わけではありません
( きちっと 決まっていない ということでさえ、
  きちっと 決まって いない のです 、、、、  )

どのような、観点で(から)、きちっと を 量るかで、
ゼロ から始まる、キチット の リョウ が 量られます
( ワカルカナ )

観点は、一つではなく、
交わっている いくつもの基準になります
チャンと 悪事を為しているかどうか ?
( きちんと量りなさい )

人の生を受けている、その有り難きことに沿って、
善悪の縁起が起きます
ちゃんと、きちっと、悪苦事 を為していますか ?

ついでに言うようなことではありませんが、
大事か 小亊か は、縁起するのみです
これが、勝儀である、勝事です

> 転落してても、底が見えなきゃ、底につかなきゃ、
転落ではないっ!!

上下を顛倒していれば、転落こそが、望まれるところです

転落を云々しているどころではない !!

腰が痛いのはいいけれど、
 重い腰をあげて、思いのほどを為し遂げるときではないですか ?

投稿: 春間 則廣 | 2011/12/20 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転落し続けると。。:

« 月 | トップページ | 我が輩は猫である »