« 『サンガジャパン Vol.⑧』「生きる」 | トップページ | 粕谷知世氏『クロニカ』 文字の神キリスト教 vs 文字をもたない国インカ »

2011/12/30

猫のいる風景

008

やっぱり、新聞紙の上が落ち着くな。
しかし、ここんち、新聞紙ばっかりね。

003
ん?

012
にゃん!

こらぁ~!

し、しまった。
016
静物のある風景なり。。猫ではないなり。。

    ***

猫が来て、一変した我が家。

動物好きのお隣の奥様が、
「あら~、どうして、うちの前に倒れてなかったんでしょう」
って、うらやましそうに。

わたし
「ほんとぉ!うちでも、どうして、お隣の家の前で倒れてなかったの、って、
猫に言ってたんですよ。
あと、20歩、いや、10歩進めば、お隣の家だったのにぃ、って。
うちの前で倒れるより、絶対待遇がよかったのに、ね。
これも、サムや、おまえのニャン徳の足りないせいだね、って、言ってます」
 
    ***

ブログの下の方にtweetというポッチがあって、「2」と記されていました。

星飛雄馬さまがtweetしてくれていたんですね。。

なんだろ? どうすれば? 
とか、思っているうちに、てきとーにクリックしてたら、
ツイッターになってしまいました。

いつまで続くのかな。
つぶやきのお正月へと転変しそう。

    ***

ことばを、うまく!大事に!使いたい。

ことばと行為が一致しているとき、真理への門が開かれる。

そうであるとき、
世界中のどんなところからも、否定されることはない。

そのことばのもつ真理のひびきによって、誰もが沈黙する。

どんな断片的なtweetであっても、真理であれば覆されない。

ブッダのことば、聖書のことば、tweetし続けて今日に至る

というわけですね。

    ***

どことなく、tweet風なブログです。

今年も、後2日、みなさま、よいお年をお迎えください。
来年は、よい年でありますように。

022


|

« 『サンガジャパン Vol.⑧』「生きる」 | トップページ | 粕谷知世氏『クロニカ』 文字の神キリスト教 vs 文字をもたない国インカ »

コメント

24才! さすが、長寿国日本の猫!!
人間で言えば、100才を超えてますね、きっと。

歯も抜けずにいたとは、ますますすばらしい。

サムエルも、がんばるニャ。テーブルの足かじって鍛えるニャ。

投稿: 管理人エム | 2012/01/02 23:52

うちの猫は24歳まで生きて、しかも歯が抜けませんでした。

サムエル君も25歳まで!

投稿: 苺矢毒蛙 | 2012/01/02 14:18

>そうであるとき、

そうではない時でも、

>世界中のどんなところからも、否定されることはない

否定の意味がわかっていますか ?

顛倒すれば、
否定は自らに戻り、
高低は 消えて行かざるを得ないことになります

あることはないことになり、
あることないこと BUTUBUTU 言うこともなくなります

今(年 こそ) が、 
よい年であると知ることが出来ますように 、、、

<追記> もある

君の写真  は、
真を映している

投稿: 春間 則廣 | 2011/12/30 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫のいる風景:

« 『サンガジャパン Vol.⑧』「生きる」 | トップページ | 粕谷知世氏『クロニカ』 文字の神キリスト教 vs 文字をもたない国インカ »