« マッチ売りには、マッチ売りの小さな考えがある | トップページ | 幸せに生きる?不幸に生きる? »

2011/12/03

風のまにまに、マニカナまにまに。

ものを考えない日はないのだから、
毎日、ブログを書こうと思えば、書けるんだなぁ、と思う。

理屈としては!

しか~し、いつも、書く時間がない。

「つぶやき」みたいのにすればいいのかもしれないけど、
わたしって、つぶやき出すと、「つぶやく」だけじゃすまなくなる。

常時、ブツブツ、ブツブツ、…

そのうち、仏仏、仏仏、

仏ばかりになっちゃうし。

    ***

アランの『幸福論』(岩波文庫)のあとがきに、
神谷氏が、「プロポ」について、説明してくれます。

「プロポ」というのは、アランがつくり出した文学形式で、
紙葉一枚二ページに書かれた断章のこと、だそうです。

アランの『幸福論』は、原題を

Propos sur le bonheur
幸福についてのプロポ

というのです。

印象深く思ったのは、アランは、このプロポを

毎日書いた、

というところです。
書きたい日も、書きたくない日も、毎日!
二時間で一気に書き上げた、とあります。

すごい。。
1日二時間、そこに費やせるというのが贅沢といえば贅沢。。

なんて、言ってはいかん!です。

「書く」ということの意味を、そこに見出します。
毎日書くから、リズムができる、自然なリズムが。

このように神谷氏は、説明してくれます。
たしかに、リズムがあります。

それと同時に、
思考の自然な流れの中に、
アランの志向(意志)も自然に流れます。

恣意によらずに意志する人 アラン

アランは、行者です。

行為が、ことばを生み、ことばが行為となりますね。

   ***

知行合一の姿をアランに見て、

わたしも、毎日、プロポ、書きたいなと思うのです。

二時間も、どうやって、時間を作り出したらいいのでしょう。。

   ***

後先考えず、毎日書く。。。残りをてきとーに生きる。

やって、みよーかな。

仕事、なくなるかも。。

え、なに?


今と変わらないんじゃない、って。

かもね。。。
なんせ、わたしのやることだしね。

揺れる心は、二つの葉のように対称的に。
022
一陣の風が吹いて、大きな二枚の葉は、定められたように向き合いました。
しかも、裏と表に。


|

« マッチ売りには、マッチ売りの小さな考えがある | トップページ | 幸せに生きる?不幸に生きる? »

コメント

>あなたの今を写し出しています

ひぇ~、あやしい占い師みたいですぇ~。
おどかさないでくださいよ。

裏も表もない、単細胞なんだから。

でも、この二枚の葉が、並んだとき、ほんとに風がビューって吹いてきて、わたしに見せるかのように、芝居がかって舞った後、静かにこの位置を占めました。

写真に撮ってね、って、言ってますよね、葉っぱは。

投稿: 管理人エム | 2011/12/03 16:57

すごい 絵です !


あなたの今を写し出しています


どんなふうにかって ?

絵柄の通りです 、、、、

投稿: 春間 則廣  | 2011/12/03 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風のまにまに、マニカナまにまに。:

« マッチ売りには、マッチ売りの小さな考えがある | トップページ | 幸せに生きる?不幸に生きる? »