« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/26

出口王仁三郎 と 『法華経』

005
すでに、ここ一週間ほど前から、どことなく秋っぽい気配が、漂う北海道です。
ナナカマドが「色づくぞ」と手ぐすねひいておりますね。


さて、出口氏のものを読んで、以前に調べていたことですが、『法華経』との関わりで
わかったことを、ここにあげておきましょう。

これは、人に頼まれて、以前に、ちょっと調べてみたものです。

あまりきちんとしていないので、ウソも混じっているかもしれませんが、
とりあえず、わかったことをまとめました。

ウソがいっぱいだったら、許してね。
間違っているところは、教えてもらえるとうれしいです。

何かの参考になるかもしれないので、研究ノートだと思ってみてください。
わたしの印象も、多大に入っています。

発端は、「『霊界物語』のサンスクリット語は、いったいどういうものだろうか、
正しいのだろうか、これはいったい何なのでしょう?」と尋ねられたことにはじまります。

★出口王仁三郎 と 『法華経』 の関わり★

===================
『霊界物語』にみられるサンスクリット語について、検討したところ、ほぼ『法華経』にとかれる用語に由来することがわかりました。

たんなる用語の表面的な理解にとどまらず、語用法やサンスクリット語の特徴などにも注意を払ったことばの使い方をしており、非常に仏教に関する素養も深いことが伺えます。
どこかで、『法華経』の梵本などについて、講釈を受けたことがあるような感じです。
型にはまった日本仏教や中国仏教の解釈による『法華経』の理解ではなく、インド大乗仏教としての『法華経』の意義や目的に通じているところがあります。

つまり、ブッダの法の意味するところを鋭く理解し、そこから派生して大乗仏教が生まれてくるその土壌や精神的な風土にも留意しつつ、『法華経』の経典としての意義を知った上で、それを、自身の宗教的な理論に取り入れているのではないか、という、そのような感じが漂います。

かなり多くのものを、『法華経』から得ているように思われてなりません。

まず、『法華経』との関わりを調べますと

村上重良『出口王仁三郎』(新人物往来社、昭和48年7月、p.32)に
 

 金剛寺の住職がひらいていた夜学にも、昼間の重労働に負けずに通いつづけ、漢籍や経文を学んだ。矢島某からは、『日本書紀』『日本外史』を教えてもらい、神道や日本歴史についての知識を身につけた。学費や本代は、私語のあい間に、村の共有林で青柿をとって渋をしぼり、町で売ってつくり出した。
 穴太寺の月例の通夜講では、念仏のあと説教が行われていたが、喜三郎は、法華経普門品と観音経の解説を、滔々とやってのけ、参会者を感心させた。この話を伝え聞いて、教徒に本部を置く法華系の新宗教・本門仏立講から、布教師になるようにと誘いが来たという。

とあります。およそ、喜三郎が十代から二十代にさしかかる頃、1890年以降のことではなかろうかと思われます。『法華経』には詳しかったようですが、このときは、まだ、サンスクリット語については情報は得ていないと思われます。

といいますのは、サンスクリット語の原典が知られるのは、我が国においては、1908-1912 年の、ケルン・南条文雄による出版が最初だからです。

* The SaddharmapuNDarIka. Ed.by H.Kern and B.Nnjio, St.Petersbourg,1908-1912.

この出版により、サンスクリット語の『法華経』原典が知られることになりました。そして、その翌年、1913(大正2)年に、梵漢対照の和訳が出版されて、一般の人にも、サンスクリット語が知られていくことになりました。

* 南条文雄・泉芳環 共訳『梵漢対照 新訳法華経』京都 大正2年(1913)

この書は、インターネット「国立国会図書館 近代デジタルライブラリー」で検索しますと、インターネット画面で本体を見ることができます。数頁コピーしてみました。

(コピーは、ここに出せないので省略です。)

このコピーによりますと、和訳のあとに、サンスクリット語がローマナイズで出てきますので、発音によるカタカナ書きは、どうやって得たのか、ちょっと疑問です。
 誰かに、習ったのかもしれませんし、自分でも読み方を習って、自分で読んでみたものもあるかもしれませんが、習った方が確率が高いように思います。表現が、ローマ字の読み方通りでないものもありますので、現地で習った日本人かインドの人に、聞いた可能性が大きいように思います。
 
『霊界物語』の口述は、1921年(大正10)からですので、それまでの間に、サンスクリット語についての知識も備わっていったのではないでしょうか。

======

村上重良の書には、喜三郎の思想的な基盤としては、最初に古神道を基礎におくことが、説かれているように読めますが、実際の思想的な底流には、『法華経』があったのではないかと思われます。

これは、後に、人類愛を強く謳うスケールを大きな宗教思想へと変革していく基盤におかれているかもしれません。
神道系ではありますが、『霊界物語』の巻頭には、弥勒下生を述べ、苦集滅道の四聖諦を説くなど、仏教の影響が色濃く見られます。

また、バハイ教と交流して、万教同根を説いて、世界主義へと進むその行程の中にも、三乗が一仏乗に帰するという『法華経』の一切成仏を目指す理想があるように思います。

開祖である出口なおの説く、世直しの基本構想をさらに大きく理論的に確立する要素となった一つが『法華経』であるように思われますが、これは、もう少しよく調べて見る必要があると思います。

さて、『法華経』の影響を物語るもう一つの引用は、「陀羅尼品」からのものです。

iti me iti me iti me iti me iti me / nime nime nime nime nime /
ruhe ruhe ruhe ruhe ruhe / stuhe stuhe stuhe stuhe stuhe svAhA

イティ メー イティ メー イティ メー イティ メー イティ メー 
ニメー ニメー ニメー ニメー ニメー 
ルヘー ルヘー ルヘー ルヘー ルヘー 
ストゥヘー ストゥヘー ストゥヘー ストゥヘー ストゥヘー スヴァーハー

(『法華経』梵本、bibliotheca Buddhica 10,p.402)


呪文なので、意味はよくわかりませんが、『霊界物語』(第63巻、pp.56-8)の説明にあるとおりではないかと思われます。
鎌田茂雄『法華経を読む』(講談社学術文庫、p。392)には、訳してありますが、基本的には似たようであります。
おおざっぱですが、あげてみます。(同じ語は同じ訳になっていますね)

この人に。ここにおいて。この人に。この人びとに。この人に。無我よ。無我よ。無我よ。無我よ。無我よ。すでに興りぬ。すでに興りぬ。すでに興りぬ。すでに興りぬ。かくして立つ。かくして立つ。かくして立つ。害をくわうるものなし。害をくわうるものなし。

====================
以上、とつぜんですが、おわります。
研究ノートだから、ね、こんなもんでも許してよ(汗)。

011

コスモス、コスモス、宇宙を思う。。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/08/19

『龍樹 あるように見えても「空」という』増刷

006
ちょっと、前に撮った写真ですが、うつくしい。

さて、
おかげさまで、佼成出版社より出ました拙著

『構築された仏教思想 龍樹 
あるように見えても「空」という』

増刷になるそうです。

どうも、ありがとうございました。


どんな本だっけ?

あら、やだわ、ピンクの本です。
これです↓
002

とてもコンパクトに書きました。

自分で書いたものを、自分で読むというのも、
ちょっと変な感じですが、

自分で分析して見るのも、
いっそう変な感じです。

書いた本は、世に出てしまえば、他人事のようですねん。

で、読んでわかったことは、以下のことがらです。


★この本は、龍樹について書いた本です。

★ブッダから龍樹への流れを大事にしています。

★龍樹の『中論』を中心にしながら、「空」を語ります。

★ブッダの「有無の二辺の中道」から、
 龍樹経由で、 「空」へと広がると、
 大乗仏教の世界にいくことを道筋として示します。

★現代人の知性を刺激する龍樹の論理があります。

★悩める人々とともに歩む菩薩の仕事を探訪できます。


おおよその龍樹の人物像が見えてきた、という感じでしょうか。

これから先にやるべきことは、

龍樹の菩薩行から見た論法の実践 を

明らかにしていくことかな、って、ちょっと思ったりしています。

「空」の理論から、菩薩行を眺める
菩薩の実践から、空観を体感する

菩薩と空は、仲良し。

菩薩は空で、空は菩薩。

食うはランチで、ランチはご飯。

ご飯炊かなきゃ。。


まとまりないけど、急がなくちゃいけないので。
今日の日記をおわります。


それでは、今日も病院に行ってきます。

(日記書いてから、一日はじまるって?? 変ね)


| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011/08/16

時を超えて。。自由であれ

004
ひさぁしぶりに、会ったパン屋さんのお兄ちゃんに

開口一番

「若くなりましたね」って。

「ならならいっっっ!!
ならないよぉ、年っつーのは取っていく一方なんだから」


これでも、いちおー、くろーしてんです。


先週も、ひどい一週間で、
父の具合は日に日に悪くなっていくようで、
とうとう、自宅に帰って身辺整理するとか、
うわごとのように言い出しました。

そして、
「今晩、死ぬかもしれないから」
とか脅かすので、

どう考えても、今死ぬのは、理屈に合わないと思って
「今晩は!死なないでね、困るから」
って、ダメだししてました。

で、
「今晩は、止めるか」
と言うのを聞いてから、
病院から帰るというありさま。

今にして思うと、
どう考えても、会話が冗談ですが。


しかし、へぇ、けっこう堪えたので
「人間ってさ、こうして、親子でやつれていくんだよな~~」
って、思ってたのに、、

「若くなりましたね」
って、
それは、ないす。。

でも、

会話が冗談のうちは、
まだ、くろーのうちには入らないようで
今週は、具合が好転してきました。

ああ、やれやれ、です。

ゆとりで、ブログも書けてます。


やっぱり、生でも死でも、
自分でコントロールできてるうちは、
生きてることになるのだ。。。ろうか。


ブッダは、みずから、涅槃に入りました。
龍樹も、みずから、身体だけを残して去っていきました。
弘法大師も、同じようにみずからの死を選びました。


だから、かれらは、いつまでも生きている。。わたしたちとともに。


あらゆるものから自由である、って、

こういうことなのかもね。

006
上も下も、写真の花は、病院の近くで。
雑草のように咲いていました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/08/10

いいさ、どうせ龍樹は空なんだもん、の巻

001

ああ、暑いね、龍樹っ。


まったく。こう、毎日、暑くちゃ、身体がもたないよ。
管理人、頭から水かぶったようだぜ。


水かぶってるんじゃなくて、汗かぶってるのよ。
なんか湯気出てきたかも。


ところで、道場で、ぼくの話をしてるだろ。


ああ、掲示板ね。
道場では、龍樹、君の話題で盛り上がってるわね。。。
あ、間違えた。。盛り上がってるって、わけでもないわね。


なんだ、ぼくの話してるんじゃないの。


うん、はっきり言えば、無視されてるかな。
ほとんど、龍樹の後に出てきた註釈者の人たちの話題で、
盛り上がってるわね。


ええ、無視されてるぅ。。ひどいや、ひどいや。


仕方ないのよ。むずかしいんだもん。
みんな、龍樹のこと、話題にしようとするけど、あんまりむずかしくて、
気がついたら、註釈者とか他の人の話に移っていっちゃうのよ。


わたしなんか、
ずいぶん、龍樹の方に話を引き戻してあげてる方なんだから、
感謝してよ。
それにしても、何で、むずかしいことばっかり書くのよ。
説明できないじゃん。


ぼく。。むずかしくないよ。。


むずかしいよっ!


むっずかしくないっ!


むっずかしいっ!


むっずっかしくないっっ!


むっずっかしいっっ!


むっずっかしっくないっっっ!!


ちょっと、龍樹、どうでもいいけど、「っ」 が多くない。
遊んでないで、何でむずかしいか考えてみてよ。
みんな、ぜんぜんわかってくれないんだから。


管理人の説明が悪いんじゃない?


ええっ!そんなことないよ。
やさしく説明しようと、すんごく苦労してるんだから。
そうだっ。思い出したっ。
聞きたいことがあるの。


何?


『方便心論』とか『廻諍論』とか『中論』とか、
全部、内容が絡み合っているのに、
ほとんど同じフレーズも出てこないでしょ。
なのに、明らかに、この個所とあの個所は関連してる、って、
よく読むとわかるところがたくさんあるの。
みんな、ちがうことばが次々に出てくるけど、似ていて、
内容的にはつながっているの。
どうして、こんな書き方してるの。


うーーん、どうして、って言われても。。
ぼくは、いつも、いつも、新しいことを考えているのさ。
そのせいかもしれない。


『廻諍論』も、龍樹が書いたんじゃない、って言われたり
『大智度論』もちがう、なんていわれてるんだわよ。
なんで、のちのち、疑われるような書き方してんの。
すんごく、迷惑なんですけど。
わたし、一人で苦労してるんだから、何とかしてほすいわよ。


管理人、こんな書き方してるの、他にいないわけ?


いないよ、いるわけないじゃん。
こんな変な書き方する人。
決まった言い方がないんだもん。


だって、決まったことがないから、決まった言い方もできないんだよ。
いつでも同じになることなんてないじゃん。


「ないじゃん」って、龍樹、それ、わたしのまねっこじゃん。


いいじゃん、まねっこなんていうなよ、対機説法って、言っておくれよ。
管理人の知能レベルにあわせてあるんだから。


ちっ!失礼しちゃう。。あ、わかったわ!


え、何?管理人でもわかることがあるんか?


も!失礼しちゃう。。さっき、「むっずかしいっ」って言う風に、
「っ」を増やしていったのも、この言い方ね。
龍樹風の言い方なのね。全部、一回、一回、ちがってくるのね。


ま、そうかな。たいした言い方じゃないけどね、オホン。
ことばには、もっと神経使わなくちゃいけないんだ。
ぼくのことばは、いつでも、対話する人に合わせて、
どんどん変化するんだよ。


そうか、似ているけど、ぜったい同じ言い方してないもんね。
簡潔に短くしたり、長く説明したり、詩の形になったり、いろいろ。
名詞で言ったり、文で言ったり、句になっていたり。おもしろいわね。


そうだろ。全部、ちがう言い方して、全部ちがうことが書いてあるのに、
だけど、全部、同じことだ、って、心の中に浮かぶだろう。


そういえば、そうねぇ。。みんな、龍樹のことを
「空だ、空だ」という詭弁論者、って思ってるものね。


ええっ!もう、しょうがないなぁ。
まあ、いいさ。
それぞれの人が、それぞれの能力で、ぼくを判断するように、
そんな書き方をにもなっているから、仕方ないんだよ。


ふーーーーん、じゃ、龍樹を詭弁論者だという人は。。
もしかして、その人、詭弁論者なわけ?


え? あ、まあ、その気はあるかな、わはは。冗談だ。
でも、評価は、分かれるのは、当然のことさ。
それぞれが、それぞれの能力で、ぼくを判断する
その根拠は、ぼくは、空だからなのさ。
全部、相手にあわせて言うから、自分の中身は空っぽになっちゃうんだ。


そうかぁ、表現がころころ変わってつかみどころがないのも、
空だからなのね。
その場にぴったり合わせて、語ることばは、空、ってことか。
ああ、少しすっきりしたわ。
龍樹、
龍樹が、評価低くても、わたし、気にしないことにするわ。
どんなに罵倒されても、龍樹は空、
どんなに蔑まれても、龍樹は空
って、ことだもんね。


う、うん。。なんか抵抗あるけど。。。


まあ、気にしないで。
龍樹って、そういう人がちゃんといるように思われるけど、
ほんとは、幻かもしれない。
だから、全部の作品を否定されるのね。
だんだん、すっきりしすぎてきたわ。
龍樹、もう、君がぜんぜんいなくなっても、大丈夫。
完全に消えても、龍樹は空。
龍樹は、
どんな作品も書かなかった。
『中論』も書かなかった。
龍樹は、空だから、幻だった、いなかった、って、言っておくから、
だから、ね
消えてもいいよん、バイチャ、りゅうじゅぅぅぅ
003_2

何だよ、管理人。。。
いくら空でもさ。。。。ぼく。。さびし。。

だから、
009
友達のピーマン君、呼んだから。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/03

長い長い一日の出来事

002

今から思えば、日曜日はたいへんでした。
7月31日午前0時に起きて、その日の講義の予習をしました。

そのまま、ずっと予習して、1時間くらい寝て、
朝一番、9時にヨガスクールで、プラーナのお話しました。

====
プラーナというのは、「呼気、吸気」を意味しますが、
本来、生気エネルギーとでもいうべきものです。

わたしたちの身体は、「食べ物からなる覆い」といわれますが、
それに重なるように
「プラーナからなる覆い」が入れ子のように覆っているのです。

でも、この覆いは目には見えません。
が、ときどき感ずることはできます。

病気の人に、手を当てたりして、癒すのも、
このプラーナが相手に影響を及ぼしているのです。。。

身体から20センチくらいまで外側にプラーナはおよぶのだそうですが。。

などなど、などなど、などなど などなど などなど。。。。
====

とか、講義をしてから、
父が入院している病院に行きました。

お昼頃。
すでに、12時間起きています。

着いてみると、父の容態があまりよくありません。
看護師さんが、「主治医の先生に連絡しています」といいました。
下血があったといわれました。

しばらく居ましたが、父が寝ているので、
とつぜん「帰ろう」と思い、
看護師さんに、「帰りますが、もう一度来ます」といいました。

どうして、一度帰って、再び来ることにしたのか
自分でもわかりません。
往復二時間もかかるのに。

(でも、後から考えると、
父の不要な荷物を持ち帰るという
有益なことをしていました)

何も不思議に思わず、家に帰り
食事をして
何も不思議に思わず、また出かけました。

で、また、再び病院に。


着いてみたら、こんどは、父は個室に移っていました。

下血がひどくて止まらないので、
救急車で主治医の先生と一緒に
治療のできる大きな病院に移ることになりました。

その間、
父の身体をさすると、「気持ちがよい」といわれました。

そういえば、プラーナの話をしたなぁ、と思いましたが、
もう、講義なんて、遠い昔のことでした。

それにしても、
「プラーナよりなる覆い」は、たしかにあるな。実感。
わたしのプラーナは、けっこう、効きのいいプラーナみたいだ。

(あらかじめ、プラーナにしぼって、講義しようと思うなんて
こうなることがわかっていたかのようだった、
とは、後から思ったことでした)

父との対話
=====
(父) 個室に入ると、もう長いことないそうだぞ。

(わたし) でも、個室からすぐ出るんだから、大丈夫だよ。
=====
お互い大まじめに会話してるのが、
今にして思えば、どこかおかしい。

そんなこんなで

ばたばたと救急車で搬送され、
新しい病院に着いたのが、午後の5時半ころ。


それから、そのまま、3時間、待合室で待っていました。
疲れているので、ぼーっとしているうちに3時間経ってました。
西日のさすガラス張りの待合室で
外がとっぷりと暮れて行くのを見ていました。


8時半頃、無事治療が終わって、危機を脱出しました。
父は、意外としっかりしてました。

もう大丈夫だと思って、
少し話して帰りました。およそ9時。

病院を出て家に着いたら、
ほとんど10時近くでした。


すべてがあらかじめ決まっていたかのように、どんどん進行し、
病気の劇的な変化にあわせて、
すべての出来事が滞りなくスムーズに起こって、
その日のうちに無事収束したのでした。

すべてを不思議に思わず
わかっているかのように行動していた自分が、
一番不思議です。

すべての人が何も考えずに、
縁起だけで、無駄なく行動しました

って、感じがします。

それに、

7月31日って、ずいぶん長かったなぁ、と思ったら、
完全に、24時間起きていたことに、

つい先ほど、

気がつきました。
あらかじめ10時間睡眠3回とっておいて、正解だったわ!
005
キキョウは、帰郷を思って、花を開きます。

今回はまずまずかな。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »