« わたしは、識蘊? | トップページ | 渡りゆくのは »

2010/08/09

力みを抜いて、ね

北海道とは思えない、この蒸し暑さ!

しか~し、

運良く(?)熱を出してしまい、昨日は、
暑く感じませんでした。

ああ、ラッキーだった。
でも、今日は、熱がひいたら、もう暑い。
 
試験の答案は、締めきりすぎたし、原稿も締めきりすぎたし、

どうしよう。。。


こんな日記書いてないで、さっさと答案つけたら?

そ、そうね。

そう思うんだけど、何せ暑いので、ちょっとやるとやんなっちゃうのだ。

ま、んなわけで、あじさいでも見ましょうか。
001

007

入院や看病などがドッとおそってきて

講義の予習が追っつかない前期でした。

学生諸君には、きのどくだったなぁ、って

思ったんだけど

でも、意外と、試験の出来がいいんですよね。

それに、講義もおもしろかった、って書いてある。。。。ほんとか?

うーーーーん、わたしって、あんまり予習しない方がいいのかも。

 
そういえば、力の限り予習すると

みんなあきれたような顔していることが多い。。ような気がする。


力みすぎるのかなぁ。
 

本を書くのも、同じことで、

少し力抜いて、なんか足りないかもというくらいの方が

いい感じに行くことが多い

って、最近気づいてきたんですよ。
 

そんなもんでしょうか。


そんなもんかもね。

================

そんなもん、

ってことで、ちょっとおもったんですけど、

そうすると

菩薩も、マハーサットヴァ(大士)といわれるような

大菩薩より

力みの抜けた

まめっこ菩薩くらいの方が、いいかもなぁ。。
 
こんな感じで。
013

その名も、なんとパンダまめ。。

このまめ食べながら

夏休みに、ダメダメ菩薩研究でもしてみようかな。。。

って、なんとなく力み抜きすぎの感も、なくない? 管理人
 
===============================================
コメント返信欄を勝手に作りました。

>マメにおやつを請求します

春間さま用のおやつ

残り物だから、茶托の上に乗ってるけど、がまんして!
マメを固めたよーかんみたいなもの

鹿の子 と申します

002

 


|

« わたしは、識蘊? | トップページ | 渡りゆくのは »

コメント

春間さま

こんにちは。

>高山土産の三嶋豆(知ってるかな?)を
頬張りました

はじめて知りました。
素朴な感じで、おいしそ。

まめまめしく、アップせんとあかんね。
まだ、答案つけてて終わってないもんで。。はぁ~~~。。


投稿: 管理人エム | 2010/08/14 11:41

おはようございます

力みを抜けば、
(普通は)人の体は、
中に気を持つゆえに、
水より軽い

    

軽く UP ! してください

    

高山土産の三嶋豆(知ってるかな?)を
頬張りました
http://giftgift.sakura.ne.jp/07omiyage/umajirusi.html

       

30個に一個くらい、
海苔付きが入っています
(甘味にしょっぱさが合います)

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/14 08:33

マメでできた
おやつを
強要されてるのか

と思ってしまった管理人。

鳩が豆鉄砲を食らったような 

台風はどうなってます?

投稿: 管理人エム | 2010/08/10 14:58

ったく ! モウ !

私がいつ、おやつがほしいと言いましたか ?

「 キョウヨ 」  

ったく ! モウ !

「豆」の話じゃなかったの ?  

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/10 13:51

春間さま

>忙しいようでも、返事を強要します
    
ひぇ~~~、情けも容赦もない。

>マメにおやつを請求します

ひぇ~~~、おやつ、おやつ。。ええっとぉ

上にあげときました。

お茶も 

投稿: 管理人エム | 2010/08/10 13:10

忙しいようでも、返事を強要します
    
返事がほしくないようなないよう なら
不要を言うまでもなく(書き込みは)不要です
    
紫陽花を見ると、マメっこが見えます
(同居の方の名前が「豆」です)
(マメにおやつを請求します)
    
    

コノ書き込みに、
いかなる返事を強要されたと感じて、
強要に応えるかが、
キョウの意味となります

キョウは、台風が来ているみたいです 

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/10 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力みを抜いて、ね:

« わたしは、識蘊? | トップページ | 渡りゆくのは »