« 力みを抜いて、ね | トップページ | 原田和宗氏『「般若心経」成立史論』 あまりに衝撃的な! »

2010/08/18

渡りゆくのは

009

先週、日記を書いたとき、
なんだか毎日書けそうな気がしました。

簡単じゃん、ちょっと書くだけなんだから
毎日でもできるはず。。。
 
などと、思ってしまった愚かなわたし。


なんだ、やっぱり、一週間経っちゃった。
いつもと変わりまへんです。
 
 
昨日は、
お墓参りのあと
洗濯もの干して
昼のサンドイッチを作って
おばあちゃんの病院に行って
買い物して
晩ご飯作って食べたら

夜もとっぷり暮れていました。


なんか一日、短くない?


それに

 
とうとう編集者のSさんから
原稿の催促がきてしまいました。。。。


まだ、ぜんぜん書いてないんですけど。。


ははは、そうですか。
まだ、大丈夫ですけど。。。
 
よ、よかった、ほっ! 
もう少しは、待ってもらえそう、助かったっ!

こうなったら
 
時よ、止まれ!
(わたし以外。。こら)
 
=================
 (神が語った) 
   過ぎていくのは、時である。渡りゆくのは、夜々である。
   青春の美徳は、次第に、失われていく。
   この、死へのおそれを見るならば、
   安楽をはこぶ福徳をなすがよい。

 (尊師が語った。)  
   過ぎていくのは、時である。渡りゆくのは、夜々である。
   青春の美徳は、次第に、失われていく。
   この、死へのおそれを見るならば、
   寂静を望んで、世間の財を捨てるがよい

『サンユッタ・二カーヤ』1.1.4
===================
 
神の道を行くか、尊師の道を行くか

はたまた
 
ホモ・ファーベル(工作人)の道を行くか
 
 
って、選択肢が、三つもありそうで

結局

一つしかないわたし。


よ~し!
渡りゆく夜々に
日記書いたっ、っと。。


って、午前二時前ですか。。
006

 

 
 

|

« 力みを抜いて、ね | トップページ | 原田和宗氏『「般若心経」成立史論』 あまりに衝撃的な! »

コメント

無宗ださま 

ろんろんさま、って、実は、編集者だったり。。。したり。。しない?


この推理。。シャーロック・ホームズなみかもぉ~。。きゃー 

投稿: 管理人エム | 2010/08/22 09:01

ろんろんさん、

なんか、つらい事でもあったのですか?

(と、一見、いい人を装いつつ、実は傷口に塩を塗りこんでいるだけという悪魔の書き込みw)

投稿: 無宗だ | 2010/08/22 04:46

御託はいいから、さっさと書け。

by編集者心の声

投稿: ろんろん | 2010/08/21 18:30

おちゃらけさま

しばし、考察の夕べ。。。って、ほどでもないですが、夕方になっちゃったですね。

ドライカレー作りました。ドライカレーな管理人。

ブッダ以外全員、っていうのは、誤解(無明)にもとづいているので、まず、これははずれることがないと思ったのです。
さびしいです。

それにしても、多くの問題は、何度も何度もくりかえされてるような気がする今日この頃です。
ああ、それ、昔やった、とか、昔議論して決着した、とか、前にもこのヴァリエーションの問題やったな、とか、そんな気がします。
人間成長しませんね。やっぱ、無明ですかねぇ。

>人はいつかは善に向かう

うーん、おちゃらけさま、えらいすね。
そう思えるのは、なかなか立派だと思います。
くりかえしばかをやってしまうのじゃ、と思うわたしは、成長が見込めないかもしれないなぁ。。

同じところをグルグル回るのではなくて、少しは前に進みたいですね。

お腹減ったので、思考が分断されてきちゃいました。
ばかの見本のようなコメントで、ゴメント。

投稿: 管理人エム | 2010/08/20 18:24

エム先生、

> ブッダ以外みんな、ってのは、どうでっしゃろ?

わーい、たしかに、たしかに~!
(予定調和なつむじ風ぴゅ~)


なもんで、ちょいと補足でーす。

「他人」に「バカ」と言うのが流行中みたいですが、バカという言葉がバカという意味だけではバカが可愛そうです。だって、バカという言葉もバカという「言葉」なのですから。

「なんとかバカ」と言われるように、ものごとを極めた人にも使われる例あり。
なんたって、バカボンのパパだもの。

それでイイのだ~!


で、実はつらつらと考えていたのがなんとなくまとまったので道場に書き込もうと思ったんですが、やっぱいまいち。

ざっくり言うと、反論を呼ぶ(自らのうちに反論を求めるワナがある)、または反論の証明のための自内証(おうちの人だけに通じる証明)と、自分の疑問を明かにしたいゆえに問う、という二つの問いがあるみたいだなぁ、と。

で、前者は反論されることを前提に反論によって持論(自論)の正当性(正統性?)を証明するような感じ。事前(自前)に決定しているので残されるものは対決のみ、みたいな。だから論理なんかいらね!と何度も「同じこと繰り返す」ことができて、他者の反論という「対」によってようやく、自説論になるのかな、と。それってぜんぜん自灯明じゃないじゃ~ん、と思うんですが。。。

後者の問いは、はっきりしないときこそ論理が必要ゆえの問い。縁と業によって賛同したりしなかったり。その流れでどうなるかは時の運び。自分の心を観察していればどんな反応が現れるか(それを認めるか否か別として)ちょーシビアにわかるはずですし。

それってバカという言葉が使われるときに似てるなぁ、と。
煩悩がない人にとっては「そうですか、それがバカですか」ってな感じ。
煩悩ある人が使うとどーしても「自分に」返ってきちゃいます。なぜなら煩悩があるからそれに火が付く。でも「自分にある」と思わないので他者にあるものとする。持論・自説から始める人にはそこがどぉーしても見えてこないのかも。

やっぱです。
おバカさん(含む私)に戒(火の用心)って必要ですねぇ。
いらね!という人は独りでひっそり捨てればいいのかも。なーんちゃって自・内証は他者にいちいちいわずにナイショにしてたほうがいいんじゃないかと思う私。
悟っているならなおさら、それを「言うことによって引き起こされるもの」が見えるハズ。見えてなければ、見えないゆえに他人に確かめてもらいたくなる自説の昏くてアヤシイ気配が漂うことに気がつかないのかも。ぶつぶつ。


で、思うに、ここが言いたかったことなのですが、人は求める限りは迷うけれど、求める限りいつかは善に向かうと思います。その善の方向に進むために論理が必要だったり、行が必要だったり。だから、マニカナに書き込む方々、オール尊敬してます。マジで。ちょっと煽りがきっついなーと思うところもありますが、「善とは」について知らないからかも。(言うまでもなく知らないことに関して私も同類)。でも、知らないことを知っていれば、反論を呼ぶことによって持論の証明に(意識的でも無意識的でも)持ち込むような事はしないかも。だって「戒」を意識するから。「煩悩のある目を通すゆえに」反論を呼ぶ立論・持論・自説はワレワレにとってかなーり明白ですし。

だからこそ「自分で」選んじゃまずいなーと。それだと自分に判断の基準があることがバレバレですもの。自分で残すもの残さないもの、適応するものしないものを自己判断で選ぶがごとく。選ぶというより「選ばない」選択(戒)を選ぶことによって、道は自ずとあきらかになるのかも、というのが最近の印象。イケてると「言わない」人に限ってイケてると言われるように。

煩悩はツライけど、いい道案内です。
「我」も同じく。

でも「自分で」「自分を」選ぶ人にはちょーーーきっつい道のりかも。うんうん。わかります。

でもいつかはどーしても乗せられちゃうかもです。だって、乗らない限り乗れないし超えられないので。それまでは「そのまま」だそうです。ギョッ!そのままがにっちもさっちもで一番きっついですよぉ-。

あぁ、仏さまの教えはありがたや~!
と最後は乗せられちゃいました。

投稿: おちゃらけ | 2010/08/20 14:34

おちゃらけさま

>誤解の上に立った「馬鹿」発言って、結局「ダレ」がお馬鹿ってことなんですかぁっ?

ブッダ以外みんな、ってのは、どうでっしゃろ?
いい加減、って、こんなところにうつってきちゃったみたい、でっす。

釈迦言が、やっぱ、根拠になるっち。
うち、そう思うねん。。。何語だろ?これ。

休み休みいきまっしょ。

投稿: 管理人エム | 2010/08/20 10:45

シャーンティクマーリーちゃま、お元気ですか。

>「自己」クン vs「有る我まま」ちゃんのケンカ、ですって。

あ、そうなのか。
「自己」と「有る我まま」とは同じことだと思ってしまったわたし。。

ブッダの、「自己ならざるもの」にかんする三種の解説は、本当に深いと、知るのだった。。。。

勝手に妄想がはじまりそうなので、クマちゃま、夏ばてしないでね。

投稿: 管理人エム | 2010/08/20 10:40

ヒト仕事終わったとこなんですが、あれれぇ?
こんなところでみなさま、我ス抜きぃ??
やーん、私も私も~。

============
エム先生

えーーーっ?
誤解の上に立った「馬鹿」発言って、結局「ダレ」がお馬鹿ってことなんですかぁっ?
「気になるうち」と「気になる間」は「ナゾが深まるばかり」でますますわっからないですぅ!

> お元気で~。

はーいっ!と元気よくお返事。休み休み言うことにしまーす!


春魔さま

お元気そうでなによりでございます。

惚ほる(おぼほる)世界は遠い目でこんな目に合ってます。ー_ー
ついこないだも、いいかげんに横ミチはおやめなさい、と言われたばっかりです。流し目禁止令が出ました。その親ゴコロは惚ほる者はワレをも掴む、との覚し召しかと。

えっ?それなのにいまだ「そこだけ」治外法権?困った、困った。「困ったものです」。ってのは「トホホ」と同類なんでしょーかしらん?


うぉーー!シャンクマちゃ~ん

心配してたのよぉ!ハツトリさま発言によーくガマンして静かにしてましたねっ!
エライ、エライっ!初志カンティー貫徹~!

ってのは「オレってイケてるぅ?」と言わない人に限って「イケてるぅ!」と言われちゃうらしく。「ワレは悟った」の境地が他の言葉で他の人へ説明したり言い換えたりできないのと同じく。

そうかぁ「バカ」発言も同じぃ?「我はいつも<属しているもの>に<対して>熱くなる」ならば。。。

きゃーっ!なーんちて!なーんちてっ!!!


え?無我はright handにありですか?
やだぁっ!シャレちゃいましたねっ。
シャンクマちゃん、なんだかイケてるわよっ!

(それぞれが思う方向に向かって)
レッツゴー精進!イケイケ正道、転んでも曲がってもまっすぐ中道~!


============
あ、、、やっぱ私って八月なのに五月蠅?
最初っから黙ってた方がいいのかしら。。。

Coolになるまで
ぴゅーっ!

投稿: おちゃらけ | 2010/08/19 23:22

おちゃらけお姉さま、おっひさ! です〜〜〜♪♪
ナントカ、お元気なご様子、ってとこかしら? オタガイ、ショウジンがダイジですわネ。。。(ツカレタ。。うわぁ!!)

さってと、ナゾナゾはエム・センセがご名答ーーーーー! ミタイなカンジですけど、クマも、ちょいヒトコト、許してネ♪

>ところで、
>「自己」さんと「有る我まま」さんってワレがワレがと対・決しちゃうことが多いみたいですねぇ。んなの、「どっちがどっち」って決めなくてもいーのにぃ、と思っちゃういーかげんな私。だって「対する限り」お互いがヤヌスの鏡ならぬ、ヤヌスのまなざしじゃないかと。

ねぇ、ねぇ、ねぇ、お姉さま! これってチョーイケテルんじゃナイ?!
キャハハハッッッーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
「自己」クン vs「有る我まま」ちゃんのケンカ、ですって。
あの、イケメンお兄さまもおっしゃってましたよネ♪

「たっくさんのブッサさま、いろんなこと、言われたみたいダネ。。。オレってアリ? オレなんかねーよ! いやいや、オレって、アルでもなけれゃ、いねぇってコトもねえんじゃネ?!」(ナントカの18・6) 

ホント、”「どっちがどっち」って決めなくてもいーのにぃ、” ちゅうカンジですネ♪♪
ある解釈クンによれば(エム・センセとはちょい、違うかも? なんですけど。。)
「オレってアリ?」は福徳しちゃう人天乗。
「オレなんかねーよ!」は涅槃を願うテーラワーダ協会。(およよ。。)
「オレって、アルでもなけれゃ、いねぇってコトもねえんじゃネ?!」は、ズバリ! 中道くんの、ハンサ・ム・菩薩乗!!!
(吉村均先生「ナーガールジュナ(龍樹)の実践的仏教理解・試論」明治学院大学『カルチュール』第4巻第1号、pp. 137-138)

んま、デートんときのコーディネートみたいなもん、かしら???(うわっ、ゴメンナサイ!!)
で、お姉さまのイイのは「あるがまま」にも「有る我まま」って、ちゃんと「我」入れてるトコ。これって「仮説の我」ですね! コレなくちゃ菩薩の「菩提心」、おこせませんから。。(『華厳経』では、こんなこと「スヴァチッタ・アディシュターナ」〔自心加持 or 己れの心の確立〕なんて、言ってるミタイでーす♪)

>我はいつも属していると思うものに対して熱くなっちゃうのかしらん。あぁ、ワレ没法子。思い当たるトホホな私。

そう思われるなら、お姉さま!!「無我は右手にあり!!!」(なんちて。。)

で、マニカナちゃんもペンギンくんも、ナンダカ、熱いですわネ。。ってことで、アタシも化身さんを引き連れて夏休みです!
お姉さまも、ゲンキでネ♪♪

投稿: シャーンティクマーリー | 2010/08/19 22:16

おちゃらけさま

こんばんは。
なんだか、奥歯にもののはさまったような。。

よそんち、うちんち(home)のヒントで解明しました。

あらら、ほんとに、言われてますね。

「ヤージュニャヴァルキヤの自己」という”ことば(=声)”は認識される、という意味ですけど、まるっきり、誤解されてますね。

龍樹にいくと出てくる問題ですねん。

>「自己」さんと「有る我まま」さんってワレがワレがと対・決しちゃうことが多いみたいですねぇ。

そうね。だって、「有る我まま」ですもん。

ちがいは、そこよ!
一境性は、自他についてなんでしょう。そうなら、他者が気にならなくなるよね。
他者が気になるようなら、まだ、ワレがワレがと対・決しちゃうかも。。

ツーカーはないつーかー

暑いですぅ。ペットボトルのお茶をついつい買ってしまうなぁ。。おちゃらけさま、水分のとりすぎに注意してね。お元気で~。


投稿: 管理人エム | 2010/08/19 20:56

トホホな私が、
トホホといっているのを聞いたことがありませえーん
( と、 トホホ な私      )

ど千葉かの知事さんみたいに、 
いまでも走っていると完治外のお嬢さん
( どうせ治らないんだから 、、、、 )

イーカゲンなあなたに惚れる男が多くて、
いい加減さに磨きをかけてきたのでショ ?

いいんだって、
いい加減で、
あっちにはしって、こっちにはっして

どうせなら、最初からここにいたら ?

(電亀ないみたいね)
(ゲンキ でした  )

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/19 20:26

はろ~、いーかげんなおバカさん登場で~っす。
「ひそかに」うわさになってる(かもしれない?)最高学府の教授の発言なんですが。。。

他者に「馬鹿」って言う時って、それを言う「自分」は享受されるんでしょーか?
ちゅ~か、「自己」は含まれないけど「自分」は含まれる?またはその反対?
あーん、私ってバカ、バカっ!ぜんぜんわかりませーん。

これって、よそんち(「家」の有る自?)のお方が言われたことなんですけど、うちんち(Home内)で起きたことみたいなんですぅ。聞いたところによると、この「私」とか「自己」ってのは外にあるそうですから、内に起きてもそんなの関係なーい、ってことなんでしょうかしら。つまり、相手に言うときに限って言う自分は世界のお外にいるってことなんでしょか?

これってヴリタのうち?それとも、ソレとコレは全く関係ない?
ソレとコレの判断と分別の基準ってダレのものなんでしょーか?え?「そういうこと」が「あほらしい」ってことなんでしょーか?

あぁ、某所でいただけるという幻のさらに幻の「紅茶とマドレーヌちゃん」。。。
縁がない上にさらに縁がなくなってしまったですぅーー
そしたら豆は「どっち」に撒いたらいいんでしょーかっ?!それとも蒔くぅ?炒り豆を?

どーせなら、キレイさっぱりHomeの「外」に出てもいいんじゃないかと。ってか、本当はツーカーの仲だったりして?これがオトナってこと?あぁ、困った、困った、そーゆーオトナの事情って、さっぱりわからないですぅ。ホントに「困ったものです」ぅ!


で、最近思うんですけど、対機って一境性のことぉ?って。それは梵我の一如と違うかな、って。自他とか梵我の一如を問わなければ云うか言わないか、聴くか聞かないか、それだけの違いかな、って。「境地」というより「行い」って感じみたいな。そうならば「この場合の違い」は反・対とか半・対などの立ち位置は必要ないんじゃないかなーと。ってのは「観る」というのはそこからようやく「観る」ということらしいので。

もち、私もソッコーでウダウダ&ガウガウ言う方にカテゴライズかしらん。だって問うものは常に問われちゃうんだもーん。

ところで、
「自己」さんと「有る我まま」さんってワレがワレがと対・決しちゃうことが多いみたいですねぇ。んなの、「どっちがどっち」って決めなくてもいーのにぃ、と思っちゃういーかげんな私。だって「対する限り」お互いがヤヌスの鏡ならぬ、ヤヌスのまなざしじゃないかと。我はいつも属していると思うものに対して熱くなっちゃうのかしらん。あぁ、ワレ没法子。思い当たるトホホな私。

ハッ!そんないーかげんな私じゃダメなんでしょーか!今日も夕日に向かって走るのぉっ?!
えーーん。まだまだ超暑いのに。。。

なにはともあれ、お元気で~♪

投稿: おちゃらけ | 2010/08/19 17:14

> 最近脱皮してきましたね !!

ふふふ。

蛇が脱皮して旧い皮を捨てるように、この世とかの世を捨てられたらなあ。。。。

やっぱり

ちょっと、悟りは。。。遠すぎる。。。

投稿: 管理人エム | 2010/08/19 15:25

> 簡単じゃん、ちょっと書くだけなんだから
毎日でもできるはず。。。
> などと、思ってしまった愚かなわたし。

これって愚かさに気付いたこと ?  

気付いたことに気づかないこと ?  

気づいていてもほかってあることに気づいているのかな ?
( ほうかってあるままでも、気づいたことになるかな ? )  
                       
気付けばいいってもんじゃないでしょ !

「 気付かなければいいってもんでもないでしょ ! 」

                   
余計な御世話だといわれそうです   、、、

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/19 08:50

> 愚カサによってハカリましたね
> カサばる

最近脱皮してきましたね !!

あと “盲一寸” (夜明けは近いようで遠い)


“ 愚かさをはかる ワ タ シ ” は、

自他のことです  

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/18 21:08

春間さま

あ、

わたしの愚かさを
愚カサによって
ハカリましたね。

オロカサ、って、カサばるから、
すぐふえちゃって。。。

投稿: 管理人エム | 2010/08/18 10:52

> 簡単じゃん、ちょっと書くだけなんだから

簡単なことです     

> 毎日でもできるはず。。。

出来るはずがない 。。。   

> などと、思ってしまった愚かなわたし

と 、、、

愚かさによって、
( それしか知らず )   

愚かさをはかる ワ タ シ  、、、、

投稿: 春間 則廣 | 2010/08/18 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡りゆくのは:

« 力みを抜いて、ね | トップページ | 原田和宗氏『「般若心経」成立史論』 あまりに衝撃的な! »