« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/25

ブッダのことばで、珠のお肌を手に入れよう!

お約束の一週間が、やってまいりました。
このブログ、って、ほんまにキツイブログですわね。

004
 
新学期がはじまり、たちまち火の車の管理人!

あらかじめ、講義の準備しとくんだ
って、いう、
そういう暇も、もう、ないです。

つまりは、
行き当たりばったりの人生、つーことです。トホホのホ。

でも、でも、

仏教風にいうと

そういう講義のスタイルは、別名、
 
対機説法。。。。

ありがとう、ありがとう、お釈迦さま、
いい~ことばです。

本来の使い方とちょっとことばの意味がちがうような気もするけど、

ま、気にしないようにしよう。。汗っ

=====================

この世の中で、一二を争う有名人は、ブッダ。
 
かれによって、生きている人は、ほんとにたくさんいる。

たとえば、わたし。 
講義の内容も、
ブログのネタも、
生活の指針も、
食べるごはんも
みな、ブッダからの借り物です。

食べるごはん、って?

最近、忙しいもんだから、
何でもワンボールにして、
ゴハンもおかずも全部入れて
食べちゃう。。。托鉢ワンボール!

あちゃぁ!さびし!


著作権もなく、
版権もなく、
肖像権もなく、
何一つ文句もいわずに与え放題の人、ブッダ。

その教えは、

無尽蔵で、
無差別、
無香料、
無着色、
無添加の
あるがまま

そんでもって、

もっち、無料大放出です。
 
すごいよね。

これだけ聞いても、どんなに太っ腹な人か、よくわかる。

こんなにすばらしい教えだけど、

だけど

だけど?

だけど、誰かが教えてくれたブッダのことばが
ほんとうにブッダのことばかどうか
わからないことが、みなさま、あるでしょう?
 
ブッダは、こう言った、と言われるとき、
ほんとにそうなのかどうか、わからないときがあるでしょう?

そういうときに、ブッダのことばかどうか見分ける方法を
わたしは知っています。

それを、今日は、特別無料で教えちゃおう。
よく聞いててよ。 
 
ブッダのことばは、かならず
「あるとき、ある場所で」
語られます。

だから、時と場所が設定されて、
ブッダのことばが生まれてくるのです。

そうなると、大事になるのは
ブッダのことばが、生まれてくる
機縁が何かということです。

たとえば、誰かが尋ねた。
また
ブッダが誰かに教えを説こうとした。。。などなど
いろいろな状況がありますが、

**************
ブッダの場合、
その語りによって、
相手の人を不安にすることは
ぜぇ~~~ったい!! ない!!
**************

ということです。

人を不安に陥れたり
人を恐怖で萎縮させたり

そういうことは、ブッダにおいては、決して!ないのです。
それだから、ある意味、安心して聞けるのです。

無添加・無香料・無着色の安心素材なのですよっ!
つまり、あるがままの素材を、ブッダは使うのです。

この「あるがまま」って、いうのはね

あ、もう、それは、みなさまのお使いになっているままの
そういう意味の「あるがまま」です。

だから、自分のもってる素材を生かしてくれるので
ブッダの素材は、安心安全、お肌にやさしいのです。

え、何ですか。
でも、ブッダの教えが、もしもお肌に合わなかったら?
と、おっしゃるんですか。

お肌に合わないときは、もち、捨てちゃってくださいませ。
ブッダは、文句なんていいません。

さらりと、去っていくのです、犀の角のごとく。。。

そういう意味でも、ブッダのことばは、人畜無害です。

たとえ、自分のお肌にちくっと感じても
それによって、
お肌が荒れて病気になったりすることはないのです!

こんな風に

ブッダのことばは、

必要な人には、無類にやさしく
必要ない人には、無害にやさしく

わたしたちみんなを包み込んで、
うるおいを与える

珠の肌せっけん のような

役目を果たすのです。

こんな、花のように。。
008

しかし、ブッダも、わたしにかかると、めちゃくちゃでんな。

タクシー運転手になったり、こんどは、せっけんになったりだもんね。

ごめんよ、ごめんよ、ブッダ。。

だって、

試供品で、北海道黒せっけん、ちゅーのをもらったんだもん!

http://www.just.st/index.php?tn=index&in=7123826&pan=223

 

 
 


| | コメント (15) | トラックバック (1)

2010/04/18

更新するごとに異義あり

考えるいとまもない わい!
更新 更新 

何はともあれ更新しなくちゃ
001

何でもいいから、こんなふきのとうでも、見てて!
 
とりあえず、これで、更新してから、、続きを書こう。。
 
ヘンな日記だ!

いったん、更新!

==========================
はあ、やれやれ、これで落ち着いて、本論に。。。

って、言っても、

本論なんて、あったっけ?
 
出たとこ勝負で書き始めよう。

最近、ブッダが、身近です。。
 
ブッダのことばが、とても身近です。
 
ブッダのことばは、
ほんとに奇をてらわない常識的なことばだと思います。
 
ものすごくあたりまえすぎて、ブッダでなければ
誰も重きを置かないような、そんなことばだと思います。

なのに
 
ぜんぜん、あたりまえに聞こえないところが、不思議でしょ?
 
不思議じゃないかな?
 
不思議なのよ。
 
いい、不思議なんです。
わかったわね、不思議なんだってば。。
 
何ですか?
しつこいって。
 
不思議は、なかなかわからない時にはわからないのよ。


ブッダのことばは、誰にでもわかる常識的なことばなのに
まるきりあたりまえに聞こえないのは

それは、グッド・タイミングで語られるからなのです。
 
このタイミングは
 
真理を知る者のタイミングです。
 
わたしたちの多くが、迷ったり、誤解したり、まちがったりした
 
 
そのとき
 
 
適切に、真理がありのままに語られるから
 
わたしたちは、納得せざるをえないのです。
 
 
ということは、
 
わたしたちは、ほんとうは、真理の何たるかを知らないわけじゃない

って、ことでもありますね。
 
言われてみると、その通りだと思うということは
 
ほんとうは、何が正しいか、何が善いか、知ってる

ってことだもんね。


たとえば、あなたが悪いことをしたとき。。。ちょっとだけ。。
ほんのちょっとだけだもん、

弟のおやつを、ちょびっとくすねたって、いいじゃん
いっつも、おやつ分けてあげてんだから
 
なのに、ブッダは、こう言うの

「その報いはわたしには来ないだろう」と思って、悪を軽んずるな。
水が一滴ずつしたたりおちるならば、大きな水瓶でも満たされるのである。
愚かな人々は、少しずつでも悪をなすなら、
やがてわざわいに満たされるのである。
(『ウダーナヴァルガ』17.5 中村元訳を参考にしました。)

ひぇ~!
ちょっとの悪でもダメだって。。

たしかに。。。

ちょっとのウソでも
ちょっとのごまかしでも
ちょっとのいじわるでも
ちょっとの悪口でも
ちょっとの告げ口でも
ちょっとのインチキでも
 
ちょっとがちょっとを呼んで
だんだん
だんだん

増えていくよね。。。

最後には、
水瓶いっぱいのウソや‥インチキに
なっちゃうのか。
 
そりゃ。。。こまる!

真理って、耳に痛いわね。。
あたりまえって言えば、あたりまえなんだけどね。
 
なんで、なかなかできないんでしょうね。。
 

やっぱり、あたりまえ、って思っても
 
日々、更新するごとに異義が出てきてきちゃうからだろうね。。。
 
 
ふう、なんとか、むりやりタイトルと結びつけたわ。

それじゃ、最後に!
 
更新することに意義がある のが

ブログよねっ!!
016 

真っ白ブログの代わりに、白樺ブログで、行こうぜ!

     


 

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/04/11

春雪ロールを召し上がれ

Photo


不思議 発見!

うっすら積もった雪が、重みで少しずつ下がっていって

下までいったら、くるくる自然に巻かれて

ロールケーキになりました。

どんな具合に丸まったかな?
Photo_2
 
こんな具合に、丸まって、淡雪ケーキになりました。
 
食べるそばから、溶けていきそう。。


春の雪は、降っても無駄だ!

 
なんて、文句を言ったので
 
天が、抵抗して、反論のメッセージをくれたのかもね!
 
こんな天からの贈り物なら
 
春に雪が降っても、いいよ~~ん。 
 

さあ、真っ白ブログに、させないぞ、っと。ふがっ!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/04/04

空(くう)は空(くう)

とつぜんですが、
おちゃらけさまぁ、ブログ更新できなかったのは
写真を撮ってなかったからですぅ。
 
003


002

どことなく、使用前、使用後の写真って感じですね。

先週土曜(3.27)の猛吹雪の夕方

一週すぎて(4.4)の晴れた朝

 
あっという間に冬になったり、
あっという間に春になったり

するのは、なぜ??

それはね、
 
本を書いてるわたしと
天のお空が連動しているからよ! 
  
な~んて、子供だましは通用しまへんね。 
 
 
しかし、タイミングピッタリですね。
 
先週の土曜なんて、どん底でしたが
今は晴れやか。。でもないけど、とりあえず、ホッ!
 
なんとか、仕上げました。。。つらかと、ほんまに。。
この焦燥感が、なんとか尾を引かないようにと
祈る日々。。

自己嫌悪に陥りませんように。。記憶喪失になろう、そうしよう。。 
 
で、すっかり忘れて、っと
=====================

『サンガジャパン』の創刊号を拝読!
 
Samjap_vol1_ps
 
 
「瞑想とは何か」という特集でした。

瞑想は、インド思想を支える二大柱の一つですね。
もう一つの柱は、論理(哲学)です。

瞑想は、実践的だと思われていますが、

そして、たしかに、実践ではあるのですが
 
ほんとうは、論理に支えられて成り立っています。
 
 
拝読すると、それがよくわかります。

論理的構造に支えられて
瞑想の仕組みや効果が明らかに示されます。


ですから、
論理の構造と思想のあり方によって
瞑想には、さまざまな種類や方法があるということが
よくわかります。
 
 
また、逆に、論理は瞑想をよりどころとして
その価値を明らかにします。
 
実践に支えられない論理は、空論だからです。
 
 
 
と、つらつら拝読していくうちに
 
あら、
 
わたしの「中味のない話」に到達。。。
  
あら

脱力しました。。。毛色が違いますね。。一人だけ。。
 
 
書いてるときには、
こんなあたりまえの話じゃ、ダメかも!
平凡だし、ありふれてるし、
誰でも知ってるような話だし。。。
 
と思いましたが、
 
 
あんまり、あたりまえに見えないかも、ですね。
 
 
空(くう)の話は、あたりまえに書いても
あたりまえに見えないのかもしれませんね。
 

意外だ!!
 
 
そういえば、思い出しました。
 
講義で、一度だけ、空の話をすることにしています。
 
 
龍樹の空を、最後に、ドカンと話して終わりにするのです。

そして、
 
こういうのです。
 
「テストの問題にも入れますけど、
空の問題は選択しない方が善いですよ。 
悪いこと言わないです。
止めた方が無難です。
空はむずかしいので、
テストで書いても、まず良い点が採れないと思ってくださいね」
 
 
なのに、学生さんは、空が好き!!
 
ほんと、なんとなく惹かれるんでしょうね。
 
空の問題に、食らいつくのですよ。。。。
 
選択する人がけっこう多いんです。
 
で、

大半、撃沈に近いです。。。 
 
 
ところが、300人に1人
 
 
わかる人がいる!!
 
 
相当勉強しましたね。。。
講義の内容を、がっちりつかんで
自分のことばで
書いていて、しっかりと「空」に接近している人が

いる!!
 
 
「縁起」を講義すると、ほぼ 150人に1人の割合で
わかります。
 
「空」を講義すると、ほぼ、300人に1人の割合で
わかります。

この大学は、優秀な人の多いのです。

 
ただひとつ、問題なのは

わたしの講義が、ほんとに

「縁起」と「空」の内容なのか
 
ということですけど。。。。
 

 
でも、それはさておき  (いいのかぁ~)
 
「聞いて理解する」 
 
ということだけでも
 
世の中、なかなかむずかしい
 
 
って、
 
 
しみじみ思う、今日この頃。。。
 


| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »