« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/27

行く人来る人。。不去不来。。

輪廻の生存であるわれらは、
毎年毎年くりかえし、
年の瀬を迎えています。
 
毎年くりかえしてるんですけど
年々仕事がシビアになってきてるような気がするぞ。。
 
ほとんど
お正月なんて、どうでもいいじゃん
って、
そんな感じです。
 
我が家は、今年は、
おばあちゃんが入院して
ちょっとどころでなく
たいへんでした。 
001
 
 
 
 
 
病院にいくバスを待って、ぱちり!

で、安直に

ふりかえって、ぱちり!003_2
 
 
 
 
 
 
行く年来る年 ならぬ

行く道来る道 って、かんじね
 
=========================
 
ちょっと、しみじみ、忙中閑ありで、ふりかえって。。。つら、つら。。
 
仏教にはまって、ほぼ5年。。。少ないかしらね。。。
 
でも、確実に苦しみが減ってきてますね。。
 
もっとはやく知ればよかったわ。
 
 
ブ「管理人は、もともと、苦しみ少ないじゃん」
 
か「わぁ、とつぜん、どこから来たのよ、ブッダ」
 
ブ「ぼく、来る人だからね
  『このようにやって来る者(タターガタ、如来)』なんちゃって」
 
か「あら、ほんとだ、ぜんぜんシャレになってないわね、
  文字どおりだもんね」
 
ブ「そんなことないよ、
  だって、ぼく『このように存在する者(タターガタ)』なんだぜ」
 
か「おお!へんげ!ってか、そのまんまだけど
  たしかに、存在してるわね。。ここにいるもんね」
 
ブ「何、いってんだろね、管理人は、あいかわらずだな。。
  そんじゃ、ぼく、かえろかな。。
  『このように去る者(タターガタ、如去)』ってのにも、なれるから
  それじゃ、バイチャ」
 
か「へえ、三通りのブッダだったわ。。ほんと、もう行っちゃった。
  それにしても、ブッダってば、何しに来たのかしら。。
  管理人をおちょくりに来ただけなの。。。へんね」
  
 

 
(ブ「チャウわい! 
   ぼくは、「タターガタ」ということばの説明をしてたんだ」)

 
か「あれ?どこから、声がするんだろ?
  帰ったんだじゃないの。。ブッダ、かくれんぼしてんの。
  この忙しいのに、遊んでないで、出てきてよ」
 
 
(ブ「ったく、もっと、ぶっぽー、べんきょしてくれよ。。
   ぼくは、変幻自在のブッダなんだよ。。
   ほら、今の状態、わかる?
   管理人には、わっかんないだろなーーー」
 
 
か「なによ、
  そんなこと言ってると、いじわるブッダ、って、名前にしちゃうぞ!」
 
 
(ブ「やっぱ、しゅぎょーがたりないな、管理人
   はっしょーどー、実践しなくちゃだめだぜ」)
 
 
か「説教っぽいわよ、ブッダ、
  はっしょーどーなんか。。
  はっしょーどーなんか、
  来年やるわよ。。
  はっ、はっ、はっくしょ。。。あ、わかった。。

  今のブッダの状態、みっけ。。
  はっしょーどー(八正道)は、ヒントね。
  うふっ!人が悪いわ。。ブッダ。。人じゃないかな、ブッダは。

  こういう、声だけのブッダは
 
  不去不来のタターガタね。
  去るのでもなく来るのでもないんだ!

  なるほど、中道なのね。。」
 
 
(ブ「ま、行く人来る人、不去不来、
   省エネブッダは、タターガタ、っと。

  一語ですんじゃうぼくって、便利でしょ」)
 
=================
 
「タターガタ」って字を見てると

ほんと、いろんな意味があるのねぇ。。

ついつい、遊びたくなっちゃう管理人
 
 
ブッダをさかなに、今年も暮れます。。

ブッダ、大好き!如去如来。。にょこにょらい。。
。。にょこにょこ。。にょこ。。
 
 
 
わかったから 
ほれ、仕事しなさい、管理人は。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/12/21

ジャータカ。。人間は愚かなことをくりかえす

ようやく雪が降って
冬らしくなりました。
006

 
 
 

 
 
いつも同じ風景ですが、
それは、同じところを
安易に撮っているからにすぎません。。

 
寒いので、手近にすまそうとしちゃうのね。。
 
で、安易に003
  
 
 
 
 
雪かき前に、ぱちり!
 
雪が降ると、ようやく冬という気分になりますね。
いろいろ不便でたいへんだけど
やっぱり、冬は雪がないとね。。
 
 
しかし、ですよ。。。
 
人間、同じことをくりかえして、
いずれ死を迎えるわけですが、
 
生きているうちは
すごくいろいろなことを経験するような気がします。。 
 
 
でも、よく考えてみたら
 
 
ちがうさまざまな設定のもとに
 
くりかえし

同じ理屈で
同じパターンのできごとを
体験しているだけなんじゃないか、と

思い始めました。
 
 
二度あることは三度ある、といいます。
 
 
 
何か新しいことに挑戦しよう
と、思って、
 
まったくちがうことをしているつもりで
同じパターンのくりかえし。。。
 
ありそうですよね。 
 
 
一つの人生でも、同じことはくり返される。
 
一度した失敗は、何度もくり返される。
 
 
 
二つの人生でも、同じことはくり返される。
三つの人生でも、
 
十の人生でも
百の人生でも
千の人生でも
万の人生でも
 
 。。。
 
 
これを、語ると、ジャータカ(本生譚)が生まれてくる。
 
 
ジャータカは、よく読むと、過去世の物語だけど、
けっして、「昔」の話しではない!
 
 
過去世の話しは、そのまま、今に結びつくお話になっている。

ふつうの人が考えるような「歴史上過去の」物語 なのではない。
 
どこにでもあって、何度でも起こるお話である。 

===============
 
ブッダが、乞食をして、
空のお鉢でかえる羽目になったことがありました。
 
 
そのとき、ブッダは、過去世にあったお話を
比丘たちにしました。
 

 
昔、青年修行者があって、

そのとき、楽寂(ぎょうじゃく)という独覚が、世に出ていました。
 
 
ある長者の家に、乞食にいき、青年修行者は
空鉢で、食を得ることができませんでした。
 
今度は、楽寂が、同じ長者の家で食を乞いました。
浄信に心打たれた家人は、おいしい食べ物で
鉢を満たしました。 
 
家から出てくるのを見た、青年修行者は、
お鉢の中にたくさんの食べ物があるのを見て
嫉妬の心を起こし、鉢をうちました。

鉢は地に落ちて食べ物はこぼれ
その食べ物を、青年は踏みにじりました。
 
独覚は、食を得られず、穏やかに鹿林に
かえっていきました。
 
 

 
この話をして、ブッダはこう言いました。
 

 
このときの青年は、わたし(ブッダ)であった。
 
食べ物を失わせた業の報いによって
 
長い間地獄に落ち、残業の報いによって
 
悟りを得た後も、乞食にでて空鉢でかえったのである。
 
 
(『根本説毘奈耶薬事』巻十八、『大正蔵』24,94頁下)
 
==================
 
たとえば、嫉妬の心が起きるとき、
 
他人のもっているものを損なってしまうことは、 
 
誰でも、ありそうなことです。
 
 
悟ったお釈迦さんにも、こんな過去があったのね。。。
 
ブッダ、ダメじゃん、
食べ物粗末にしたら。。おばあちゃんのセリフだ。
 
 
でも、悟り前は、ブッダでもこうなんだから
 
凡夫が、嫉妬するのも、仕方無いかしらね。
 
 
ということは
人のもっているものを羨んだり、嫉妬したりして、
 
その結果 
そこから、引き起こされる行為は、 
 
 
まあ、誰でも、同じようなものだと言えそうですよね。
 
 
 
ジャータカは、生き物がくりかえしくりかえし
 
行ってきたことを  
 
あらためて、

人々に印象づける大事な内容を含んでいますね。
 
 
 
ジャータカ読むとね、

わたしも、

人ごととは思えないことが多くて。。。
 
 
いや、お鉢はひっくり返したことはないです、ほんとです!
 
ほんとだってば!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/12/15

置き石に、置きノート の 話題

みなさま、本気で、ご無沙汰で ごさいます!

まじに、ご無沙汰ですねん。。
 
ご無沙汰してても、いろいろあるのが人生ですね。。。
 
 
昨日は、ついてない一日でした。 
 
しかし、終わってみれば、何ごともなく。。。
 
ということは、ありませんが、
 
思ったほどの痛手ではなかったかも。 
 
005
007

 
  
  


 
 
(大学の食堂にきらめくイルミネーション。
サンタさんのお人形もかわゆい!)
 
 
 
朝、JRに乗っていましたら
列車が、とつぜん停車して、動きません。

 
「置き石のため、16分遅れます」

とアナウンスがありました。
 
 
置き石?
誰でしょう、そんな悪いコトするの?
遅れるなんてついてないわ、
 
と思いながら

それでも、JR駅に到着して、バスに乗りました。
 
 
バスも混んでて、大学に着いたら、
 
時間ぎりぎり。。。
 
======================

急げぇ~~!
講義のための、プリントを印刷して、っと。。。。 
 
 
あれ!?

 
あれ?? 
 
 
あれ??? 
 
 
講義に配布するプリントが  ないっ!
講義のノートも         ないっ!
 
 
忘れたっ!ぎゃーーーーっ!
 
 
一科目分の講義、まるまる、ゼロ!!
 
 
ぎゃー!って言ったら
 


 
他の先生が、一言
 
「よくありますよ、ぼくも。。」
 

 
おお!!そんなぁ~、
ない!ない!。。そんなこと。
 


 
「いや、せんせ、よくあっちゃこまるです。
わたし、はじめてです」
 

 
「あ、そうですか。。。

ぼくなんか、よくあるから、

大学から、メールアドレスもらって、

自分のアドレスに、講義のファイルを

前日、メールで送っておくんですよ。

そうすれば、忘れても、大学で印刷できますから。。」
 

 
 
「せんせ!

それ、いいです。。。いただきます、そのアイディア!
 
もっと、はやく、おせーてほしかったっす」
 
 
しかし。。。今の授業は、どうする!裸一貫!
 

 
 
あわてて、前に作ってたノートから、いくつか
 
資料を引き抜いてコピーする。。
 
これを使って、出たとこ勝負だ。。 
 
昨日の予習で、覚えているところをメインに
 
話しをすれば、なんとかなるかも

そうだ。。。こういうときこそ、神仏集合。。。
 

 
 
今祈らないで、いつ、祈るのだぁ。。
 
神さま、仏さま、裸一貫のわたしをお救いください
 
 
 
 
   。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

 
 
それじゃ、講義を終わります。

ほっ! 
 

 
ああ、神さまと仏さま、って、えらい!
 
ちょうど時間どおりに無事終わりました。
 
今までの講義の中では、良い方だったかな。。 まさか、それはないすね。。
 

 
はぁ、やれやれ。。とんだ一日だった。。 
 
===========================  
 
と、家に帰って、翌朝の新聞を見て、びっくり!
 
 
線路に、置き石をした犯人がわかりました。
  
 
カ・ラ・ス ですって。
 
 
列車が、石一個を踏みつぶしたところで
 
列車が、ストップ。
 
カラスが、飛び立つのを確認したんだそうです。 
 
 
カラスによる置き石は極めてめずらしいのだとか。。。そうでしょうねぇ。。
 
 
「線路に木の実を置いて、うまく割ることができたカラスが
 
石を置いたのかもしれない」 
 
 
という、専門家のコメントです。
 
 
学習するカラス。
 
 
 
さあ、管理人!
 
きみも、学習するカラス、じゃなくて、
学習するカンリニンになるのだ!
 


カラスに負けない智慧を発揮するのよ。。
 
メールで、置きノートをするの、忘れないようにねっ!
 
001

 
  
 

 
 
この写真は、先週のおぼろ月です。 
置き写真、って、あり?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »