« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/29

利養・供養・名聞はおそろしい。。ですと。

このブログも、真っ白けになってしまって

ほんと、更新されませんねぇ。。
クリスマスの雰囲気もただよう今日この頃だというのに。
 002
 
 
 
 
 

 
人ごとみたいな管理人で、すみません。
 
 
忙しいのでございます。。。。ちょー!!!
 
 
吹雪模様の中、出かけました。

朝カルで、お話したのは

 
 
利養・供養・名聞

 
これらの恐ろしさです。。。。
 
 
 
って、どれも、管理人には
 
 
関係ない話しでしょ。。。って、言ってはいけません。 
 
 
関係なくても、おそろしいもんは、おそろしいのです。。
 
いちおー、無駄に、おびえることが大事です。。
 
 
(まったく、無駄だよな)
(うるさいの!) 
 
無駄な心の声は、無視して、進めますと
 
 
■利養(ラーバ)
 
何らかの利益になること。
獲得されたもの。

たとえば、土地や財産。。。
 
人は、望みます。。。欲しいなあ。
 

 
■供養(サッカーラ)
 
誰かに尊敬されて
敬われること。 
 
人は、望みます。。。かいか~ん。 

 
 
■名聞(シローカ)
 
名誉や名声
評判や看板。
 
人は、望みます。。。えっへ~ん。  
 
 
 
こういうものは、罠ですね。 
 
利養は 
人の良心を惑わします。
 
供養は
禅定の境地を乱します。

名聞は
智慧の発現を抑えます。 
 
 
 
気をつけよう。
 
★名聞利養は、甘いわな

☆供養恭敬は、暗い道
 
 
★で示した名聞利養は、
一般の人にも当てはまる。

また、菩薩道を行く人には、
用心用心の、ことがらです。

☆で示した供養恭敬は、
とくに、清浄行の人に当てはまる。

声聞乗を行く人は、犀の角のごとく、
供養を気にせず、進むのだ。
 
 
 
で、問題なのは、
 
正真正銘の 菩薩道を行く人や、清浄行を行う人は
 
 
利養・供養・名聞が
 
 
どんどん、どんどん、どんどんどんどん

やってくるという、事実です。
 
 
何せ、このような人々は

すばらしい人格、
すばらしい心、
すばらしい智慧

持ち主なんですからね。
 
お布施をする人が出てくるし
供養する人が出てくるし
名声もあがってくるし
 
 
いらないもんに限って増えてくのは
 
世の道理。
 
ゴミほど増えます。。。。
 
==================== 
だから、ブッダは、言うのです。
 
「だから、比丘たちよ、このように学がよい。
 
<わたしは、すでに生じた利養と供養と名聞とを捨てよう。
 
また、生じてしまった利養と供養と名聞には、

心をとらわれることのないようにしよう>と。」

====================
 
いいお話です。。。ね。
 
 
しかし、それにしても

こういうもんが
 
ない人には、
 
ほんと、無駄なお話、ちゅー気もしますわね。。。 
 
 
宝くじに当たったら
どうしよ
 
みたいな、
 
お話ににてるお話をしてみました。。。わたし的には。
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/11/15

出会いがあると、別れがあるの?どうなの?

005
 
 
 
 
 
 
大通公園は、人通りも少なく、枯れ葉散るさびしい秋ですね。
 
 
出会いがあるとき 別れがある
出会いがないとき 別れがない
 
 
これは、よく考えると、いや、よく考えなくても

あたっているように、思われますね。。
 
 
学生さんに聞くと、みな、「ウン」とうなづいて
 
最後には、
人間、「死」があるから、 
別れがある

と言います。
 
ほとんど、例外なしです。
 
全員です。
 
どのクラスもです。
 
だから、だから、出会いは大切に

したいよね。。。。しみじみ。。。
 
 
しみじみ。。。けんか、なんかするのやめよ。。。
 
 
別れることになるんだから。。。仲直りするか。。。
 
 
だよねぇ~
 
 
しんみりとした、秋の暮れです。。。。。。。はぁ~~


 
「せんせ!

ぼく
 
反対ですっ!!!」
 
 
どかーん!おお、おおっとっと!
 
 
でたっ!
 
 
「ぼくは、

出会いがあるとき別れがない、

というのも、あると思います」

 
「ええ、そう?なぜ?」
 
 
「結婚して、一生、別れない場合もあります」
 
 
「でも、死んじゃったら、別れない?」
 
 
「別れないす!!
一緒のお墓に入るから、
別れないす
骨はいつも一緒です」
 
 
「お墓が、朽ちたら。。。(我ながらまずい発想)」
 
 
みんな の 合唱
「せんせ、それは、ひどいよ。。
それは、ないす」
 
 
「あ、ごめん、(やっぱり、最悪)」

 
「ぼくは、
 
ぜったい別れないす!!!」
 
 
「わかった!
 
きみの場合は、『別れはない』が、正しい、ね」
 
 
そうだね。。。

出会いがあって、別れないこともある
 

と、
知ります。 
 
 
世の中、いつだって、法則どおりになんか
 
いかないよね。。。 
 

 
 
かれは、いっつも、ハートが004
 
  

 
 
熱いんだよ。
 
尾を引く飛行機雲は

かれの気持ちさ!

愛は、一直線!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009/11/13

縁起して生きる

017_2
 
 
  

 
 
暖かい日や寒い日が交互に続いて、
おかしな気候ですね。

ほんとなら、銀杏も散っているはずなのに
いつまでも、黄色い。。。

あら、青い葉もありますね。
025

 
 
 
 
 
忙しくて忙しくて、

どうしようもないんですが、
 
なんだか、毎日、講義ができているのは
 
ブッダのおかげのような気がします。。
 
 
 
縁起をマスターすると、
ほんとに役に立つなぁ。。。
 
 
縁起の理法にのっとって
 
次に講義することが、決まってくるような。。
 
 
こんなことでいいのか、って気もしますが、
 
誰も、文句を言わないので、いいことにしよ、っと。
 

 
 
仏教のおかげで、わたしは生きられます。。。 
 
  
 
ほんとに、文字通りの意味だわ。。。
 
だって、論理学も、宗教学も、哲学も。。。
 
 
み~んな、みんな、縁起一色 ですねん。。。
 
 
それに、

縁起を語ると

いい点もいっぱい!
 
 
論理学の授業が、倫理的になりました。
宗教学の授業が、論理的になりました。 
哲学の授業が、マジ、「哲学」になってきました。。
 
 
学生さんが、自分から手を挙げて
問題をやりたがるようになりました。

縦一列全員、あたったので、最後の学生さんに、

「じゃ、あなたが、好きな列を指名してください。
その列の人にやってもらいましょう」
 
って、言ったら、
 
「じゃ、また、前から」
 
と答えて、自分の列の人たちから、
ブーブー文句が出ました。
 
 
だけど、文句を言った割には、
 
みんな、嬉々として二回目も
 
問題に答えてたから、
 
案外、
 
 
はまったんじゃない、
 
 
哲学に。。。
 
 
ムフフ、フフ。。フフフ。。。

 
 
さぁ~~、行ってみようか~~
 
 
縁起する世界にねっ!
 
縁起する世界は、輪廻する世界だね!
 
だから、何度も問題があたる世界だ!
 
学生さんは、縁起が いい  ! (深い文だ)
 
024 
 

 
 


 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/04

だいじょうだんに振りかぶって、大乗だい!

008
 
 
 
 
 
 
秋もいぬめり。。 ですね。。
 
 
さて、っと、感傷にひたっていないで、いってみよう! 
 
 
 
以下ににあげるのは

「マジカナ・アーシュラム」(マジカナ道場)No.6437 で

硝煙さまの 「大乗に関する問い」 に応えたものです。
 
 
 
わたしとしては、今のところ、こういう考えです。
 
 
「大乗」にかんする わたしの意見として

自分でも、まとまっていると思うので

ここにあげてみます。
 
 
=================
############# 
> ・大乗と龍樹の関係について
#############

龍樹が活躍していた頃に出会えた大乗の経典については、龍樹は、否定しているものはありません。
非常に好意的にとらえ、よく理解し、できるかぎりそれらを世に広めようとしているように思われます。
法華経についても、『大智度論』の中に言及があります。

龍樹は、2~3世紀の人ですから、大乗仏教についても時代的な制約は受けますが、大乗の広がりを歓迎して、積極的に広めようとしているように見えます。『宝行王正論』(瓜生津訳「宝行王正論」(『大乗仏典』第14巻より)という本の中で、大乗をほめています。
 


大乗は徳の宝庫で、みずからの利益を顧みることなく、他人の利益をともに味わうことを喜びとするものです。(4-69)

施しと戒めによって利他を、忍耐と努力によって自利を完成します。禅定と智慧は解脱のためにあります。これが大乗の要点であります。
仏陀の教えは要約すれば、利他と自利と解脱であります。それらは六つの完全なる徳(六波羅蜜)のなかに収まります。それゆえに、これは仏説であります。(4-81,82)
 
 


このように大乗に対する賞讃を説き、また、大乗を非難する人々を戒めています。
 

 
###########
> ・大乗は仏教か
###########

仏教ですね。たしかに、これまでのブッダの教えには無いようなことが説かれているように、「一見」見えます。
しかし、よくよく読むと、いずれもブッダの教えの中に潜んでいるものであり、それを敷衍し発展させているということがわかるかと思います。

では、なぜ、ブッダの教えに潜んでいるものをわざわざクローズアップしたのでしょうか。
やはり、時代的に仏教が行き詰まりを感じてきていたからではないでしょうか。

大乗仏教は、何を説いているのか。
おおよそ一言で言うならば、「菩薩」について、「菩薩の行」について、集中的に書かれたものであると言えるのではないでしょうか。

ブッダは、仏弟子たち(声聞)のために教えを整備して説きました。それが、原始仏典にまとまっているものです。

ところが、それだけでは、世の中に対応できなくなってきたので、人々は、ブッダ自身が、悟る前の菩薩であった頃を、経典の中から読みとって、自分自身もそれに重ね合わせ、菩薩がいかにブッダへと修行していったかを、探ろうとしたと思います。そのような流れの中で、多くの大乗経典が生まれ出てきたものと思います。

菩薩の自分が、ブッダになる、という、遠大な計画を実行するために、数々の経典が世に出て行ったのであると思います。

ブッダの直接の教えは、阿羅漢になるという教えにとどまっています。
もちろん、ブッダも、阿羅漢です。声聞たちも、それをめざし、結果、多くの阿羅漢を生まれてきました。
でも、ブッダは、阿羅漢だけではなく、如来の十号という称号にあげられているような、いくつもの優れた特徴をもっています。正徧知※とか明行足とか世間解とか、いろいろです。


(※ これは、正等覚者のことです。一切智者でもOKでしょう。
ついでに、明行足は、「知恵と行いを具えたもの」ということで、
      世間解は、「世間を知るもの」ということです)


このような特徴を、阿羅漢に加えて、さらにプラスしていけば、ブッダのように、多くの人々を救うことができます。

こうして、菩薩からブッダへの、広大なる目標を掲げて、大乗の運動は興っていったものと考えます。

ですから、大乗経典は、大半、かならず菩薩にかんする内容です。

法華経というのは、わたしの理解ですが、これは、簡単に言いますと、菩薩を励ます経典であると読んでいます。
いろんな読み方ができると思いますが、すごく一生懸命書かれた経典で、読むと励まされますね。ブッダの教えの中から、たしかに生まれてきたものと、わたしは、思っています。

華厳経は、わたしの読み方では、悟りの内容と菩薩行を説くものと簡単にとらえています。まあ、あまりよくはわかりませんが。。。勉強不足っす!


#####
> ・仏教とは
#####

ブッダになるための教えを説くもの

と、あえて言ってみましょうか。 


だいじょうだん!は、ここかな。。。

え?
なに?
どんな字かって?
 
大上段。。。
 
ちがいます? 
 
大冗談。。。。
 
 
って、それは、ないすよぉ。。。泣。。 


##############
> ・仏教の習合変遷は是か
##############


習合変遷は、どうしても起こりうるでしょう。

仏教は、諸行無常を説きますから、この「無常」の特徴をみずからもたねば、仏教は仏教と言えないのではないでしょうか。

縁起(因縁)の理法は、如来が出ても出なくても定まっている、決まっている

ということを、ブッダは述べています。
縁起が、定まっているなら、仏教も、常に「他に縁って起こる」ことになるでしょう。
「他に縁って」の「他」が、さまざまな思想や文化や習慣や風習に彩られたものであれば、とうぜん、それにあわせて仏教の教えも説かれることになり、以前とは異なるようにみえるのではないでしょうか。

このように変化した(ようにみえる)仏教の展開の中に、ほんとうにブッダの教えが入っているのかどうか

この点は、いつもきびしくチェックされねばならないと思います。
仏教を受けとった多くの優れた人々が、法をつないで今日に伝えていると思います。

変化したすがたを持ちながら、しかし、なおかつ仏法であると言えるような要素を十二分に具えて、仏教は、今日も生き続けていると思っています。
  
009_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »