« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/30

『龍樹と語れ! 『方便心論」の言語戦略』 

新刊

『龍樹と語れ! 『方便心論』の言語戦略』

できてきました。072
 
 
 
 
 
店頭に並ぶのは、まだ少し先だそうです。

六月の上旬ということで

少々お待ちください。

帯の文句は?
====================

「言い争わない論法」から、空へ。

ブッダの「言い争ってはならない」という教えを守りつつ、
異なる立場の人々に<仏法>を説くには?

そのための論法のエッセンスを凝縮した『方便心論』を解読し、
龍樹の<驚異の言語論>をよみがえらせる。

=====================

かっこいい!

表紙は、チベットに伝わる龍樹菩薩の おすがた です

なんか 別人のようです。。。って、

って、言っても、もとの龍樹さまを 知ってるわけじゃないんすけど

ああ、こんな表紙見てたら

ついつい。。。敬語になってしまいますでございますでございます。


神々しいです。。ぴかちゅー!

とりあえず、出かけますので
表紙だけ

あ~ップップです。。。


| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/05/24

『イルカのキリー』ふたたび!

な、なんだ、なんだ、なんだ!

ホームページを、少し書き換えようと
ファイルを開くと


な、なんだ!

「ファイルへのアクセス権限が制限されています」

と、注意書が出て
押しても引いても

書き換えられません。

一つリンクを加えようとしても

う、動かない。。。はぁ、

プロパティを開いて、制限を変えようと思うけど
うまくいきません。

当分、自分のホームページなのに

自分の思い通りにいかないという

憐れな状況です。。。。


この忙しいときにかぎって
言うこときかないんだよ、ほんと(涙)

仕方ない。。。

だから、

ブログで、がんばるわよ!

=====================

それはともかく


さぁ、さぁ、さぁ、ふたたび懐かしの仲間が帰ってきました。

昨年、ご紹介した  三上憲一さまの『イルカのキリー』

https://manikana.cocolog-nifty.com/main/2008/01/post_cbe6.html


出版社がつぶれてしまうという
悲劇に出会い、流浪の旅に出ていたキリーですが、

みなさまの元に、もどってきました。
32238733
 
http://www.killythedolphin.com/

表紙にいるキリーは、いっそー輝いてますね。。
 
 
 

「きらきらしてるじゃん、キリー」 


「あ、おばちゃん、キリーはきりきり舞いしちゃったよ。
そんで、
きらきらキリーに変身したんだ!」


「へえ、苦労したんだね、だけど、リッパになったなぁ。。」


「きりきり舞いすれば、誰でも、きらきらするよ、
おばちゃんもやってみれば。。」


「そうかなぁ。。おばちゃんなんか、毎日
きりきり舞いしてるけど、おかしーねー。。きらきらしないよ。。」


「へんだねー、あ、わかった、もうきらきらしちゃってるんじゃない?」


「え、きらきらしてんの、これでも??
光ってないけど。。。さびし!」


「ま、気にしない、気にしない。。。
海にいると、なんでもきらきらするんじゃないかな。。。
流れているからね。 じゃ、またね」

パシャン!


ありゃ、また、行っちゃった。すばやいなぁ、キリー。。


新しい出版社は文芸社です。

今度の再刊の本の帯には

==================
人間に母親を殺された

一匹の子イルカの彷徨と魂の再生‥‥
==================

と書いてあります。

もう一度、拾い読みしていますが

キリーの本には、

そうか!

「怒り」というものが、ほとんど描かれていないことに
気がつきました。


それが、遠く深い海にいるような
不思議な体感をもたらしているような感じがします。


どこか、遠くの遠くの 陸 といわれるところで

かすかに、人間の怒りに満ちた喧噪を
かぎ取る、そんな感じがします。


海は ★きらきら★ するけど、
陸は ` いらいら ´ するンかな~


人間たちの騒々しい営みは、

深い海の底のキリーに、母を奪うという

つらい試練を与えますが、

それすらも、キリーには、優しく包む海の営みのよう。。。。


なんとなく、水の重たい感じが、人間の怒りを中和していくようです。


お勧めです。

また、読んでください。。

今回は、いや、かっこよく決めてみました..ムフフ
その名も、きらきら管理人、
きらきらたんぽぽだ~い
015

 
 
 
 
 
 
ま、きらきらしてても、雑草だけど。。。。さ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/17

砂曼荼羅は変幻自在

ずいぶん、いろいろあったんですけど
日記に書く暇、ありませんでした。

惜しい!

ネタの何もないこともあるのに、
こんなにおいしいネタが、全部

闇に葬られるなんて。。。

という、それほどでもないけどね
 
 
で、チベット・スピリチュアル・フェスティバルに、行ってきました。
昨年も行ったのですが、
今年も、また、出かけてみました。

http://www.tibethouse.jp/event/2009/festival09/kakuchi.html#sapporo

一度体験済みなので、勝手知ったる我が家のような感じです。 
 
030
 
 
 
 


よっしゃ、砂曼荼羅を、ご覧あれ。
046
 
 
 
 
 
 
 
今回は、千手観音の砂曼荼羅です。
048
 
 
 
 
 
 
 
では、みなさん、ここで問題です。
お坊さんは、真剣に、白い縁取りをしています。
この中に、いろいろな色の砂を決まった順序で入れて描きます。

お坊さんは、一つにピンクの色を入れています。

できあがって、ほんとは次は青なのに、

まちがって、

また、ピンクを入れて描いています。

あ、ああ、いいんだろうか。。ハラハラ
話しかけられないので、黙ってみています。

あ、お坊さんは、気がつきました。

さて、お坊さんはどうしたでしょう?

答えは、三択です。

1 上に立つえらいお坊さんに言う
2 なにくわぬ顔で、上に青を入れていく
3 そっとへらでぬぐってやり直す

当たった方には。。。

な、なんとぉ~、★無料の 賞讃★が 与えられます!

がんばってくれい。。。
答えは、最後にあるからね。
 
062
 
 
 
 
 
きれいにできました。
あ、まだもう少し外側が残っていますが、
明日には、完成でしょう。

===================

さて、瞑想の手引きは、こんな感じ。
下から上に向かって、修習は進みます。
066
 
 
 
 
 


黒い象(心)が、だんだんきれいになって
白くなるんですよ。

猿(散乱)と兎(微細な沈みこみ)は、
最後には消えて

白い象に乗った行者が、禅定を完成します。

「止」の修行です。
 
  
お坊さんが、冥想指導をしてくれます。

部派仏教の冥想会も、一度体験しましたし、
チベット仏教の冥想会も、今回、二度目です。


スマ長老さまは、ヴィパッサナー中心で
チベット仏教では、サマタを教えてくれます。

ちがいはあるにはあるんですけど、

でも、それは、あまり問題ではないような気がしました。


大事なことは、どちらも同じだったからです。
では、この大事なこととはなんでしょう。


問題です。。

またあ~、問題ばっかりだなあ。。

文句言わないでよ、きみも、たまには頭を使うのよ。
一日一度は頭使わなきゃ。

何言ってんだい。問題、二つ目じゃないか!

わはは、ま、いいからいいから
今回は、二択です。すぐわかるようにね。
(って、いうか、選択肢、思いつかないわん)


1 どちらも、「何を信仰していても、関係ないです」と言う。
2 どちらも、「慈悲の心で始めてください」と言う。

さあ、答えやいかに!

当たった人には。。。。。。なんと。。。。


ああ、わかってるよ!どうせ、無料の賞讃、とかいってごまかすんだろ。。


ちがいます!
今回は、無料ではありません。 


え!? わくわく、じゃ、無料のものじゃないの?
お、うれしい。やるやる。


ええっと、ええっと、むずかしいなぁ。。どっちだろ、どっちだろ。
1かなあ、2かな。。。
1だと、心が広い感じもするけど、
でも、仏教だってのが、わからないのもさびしいよね。
よし、2番にしてみよ、っと。

2番!!!


ピンポン、ピンポン!正解です。
どちらのお坊さんも、まず、強調するのは

すべての人の幸せのために、と
そういう気持ちをもちなさい

ということです。慈悲の心は冥想の基本です!
これは、ほんとに大事なんだね。
ここがなければ、ただの 修行名人 みたいになっちゃうからね。


わぁ~、あたった、当たった。。 
わくわく、わくわく、
無料じゃないもの、って何?

それは、ジャン
なんと

なんと?

★無量の 賞讃★ です。。。


ばかぁ~、うれしくないぞぉ~
同じ発音ジャン。。だまされたぁ~


これ、これ!そんなことで、怒ってどうする!
無量の賞讃は、はかりしれないんだよ。
無料の賞讃は、ないも同然なんだよ。
ぜんぜん、ちがうんだ!天と地のちがいだ!
もっていきなさいよ、無量の賞讃。。お、重いぞ。
どさっ!


うぎゃ!賞讃に押しつぶされる。。
身の程しれば無料でいいかも。。
トホホ。いただきました。無量の賞讃。


さぁ、賞讃に値する人間になってくださいね。

==================
ところで、話変わって

さて、さて、さっきの三択の問題ですけど、わかりました?

さっさと答えおいっちまおう。
答えは、ジャン

2番です。

こういうところで、修行の成果が出るのです。
あわてちゃいけない、上に青をかぶせれば
見えないもんね。

さすが、仏教だなぁ、何が起きてもあわてない!
今までの行為を無駄にせず
失敗を成功に変える 隠し技!

変化(へんげ)の技は、縦横です。自在です。


冥想で黒い象が、白い象に変わるように
砂曼荼羅も、ピンクの花びらが青い花びらに変わるのです。


いやぁ、いつもながら、決まってますなぁ、落ちが。。。
え?
管理人の図々しさだけは
変わってない、って。。。なはは、ま、ええからええから


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

すわ!一大事か。。

こんな風に連休になると

どういうわけか

コンピュータが、すねるんです。
こき使うからかも。。

つい数日前、

とつぜん、ビクとも動かなくなりました。

押しても引いても 起動しません。。。


わぁ~、どうしよ!どうしよ!

でも、

でも、


こういうときのために

ハードディスクが、二個内蔵されてるのだ。。がんばれ!


動け!

ひらけぇ~、ごま 。。。関係なかった。。

焦ってるので、

ぎゃ~てぇ~、ぎゃ~てぇ~、

とマントラ唱えても

単に

ぎゃ~、ぎゃ~、

と言ってるだけのような気もしますです。


んでもって

「ハードディスク一個ダメかもしれない。。。」と、夫。。
「ぎゃ~てぇ~」と、わたし。。


「あと、一個しかないぞ!ハードディスク!」と、夫。。
「ぎゃ~てぇ~・ぎゃ~てぇ~」と、わたし。。


「こんなだから、それもすぐダメになるかも」と、夫。。
「ぎゃ~てぇ~・ぎゃ~てぇ~・ぎゃ~てぇ~」と、わたし。。


涙目状態


原稿は、パーです!
メールもできない。
サイトは、スパムの巣になっちゃう。
授業のノートもない!
研究資料も、壊滅!
アドレスも、もうわからない。


データよ!いかないでぇ~。。。

簡単に言えば

はだかいっかん状態!

ぎゃ~~~っ! いてぇ~~~!


「もう一個ハードディスクを買うことにするっ!!」と、わたし。。

恐怖に駆られて、すぐ決断。
次の瞬間、夫が、もうネットで購入してました。

ほんと、こういうときだけ、即決です。。

あ、もう来た。

023
025
 
 
  

480円のマウスがくつろいでるなぁ。
ハードディスクがあるって、

なんて、幸せなんだ!

640GBもある。
大は小を兼ねる。

http://www.iodata.jp/product/hdd/hdd/hdcs-u/index.htm

こうして

 
何にもしてないのに

なんだか、お金だけがかかる

連休をすごしたのでした。


スリルとサスペンスとプアな日々でした。
 010

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »