« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/29

一日だけのお休み

003
なんとぉ、休みを手に入れた管理人です。
 
 
 

 
 
一番はやい桜!
排気口の近くで、ぬくぬくだからかしら。。
この桜だけ、異様に、早いす。


うれしい!

休みだ、休みだ!

四ヶ月ぶりだっ!
いや
半年ぶりかも!
いや
一年ぶりなのか!

何でもいいや。
 
 


とにかく手に入れました。

一日休みなんて、

うれしくて、計画たてただけで

一日終わりました。。。がくっ!

な~んて、ことにならないように


とにかく

図書館に本を返しに行って


帰ってきてから


仏教関係の本を山積みにして

居眠りしながら

読みまくりました。


目が10個くらいほしいわ。

二つしかないので

一度に本が一冊しか読めません。。。


それから、論理学教室のリンクの森に

入って、迷子になりました。

一度出ると、もう二度と元のところに戻れない。。


マウスが10個くらいほしいわ。

一個しかないので

一度に一つしかクリックできません。。。

便利だわ。。もう少し、よくもぐり込んで探らなくちゃ。。


ああ~ぁ

ああ~、ああ~ぁ。。時間だ。。

あっという間に、

夕ご飯の支度で、予習の時間ですわ。。

それに、明日は★再校★が、到着する予定。

連休は、再校と格闘するからなぁ。。。


やっぱり、管理人は、休みとは、縁がないみたいね。。。

いいわね、みなさん、GWがいっぱいで。。。

011
 
  
 
 


 

どうせ、管理人なんて。。。管理人なんて。。。
風に揺れる、このつぼみのように、
ぼけてるわよ。。。くすんでるわよ。。ぐす。。


(龍樹)グチはよせ。管理人!

(わたし)あら、やっぱり龍樹!

心を広くもて!
他人の幸せを祈るんだ。。。。

わかったわよ。。って、待てよ!
忙しい原因は、龍樹!
きみのせいだぞ。


ははは、ま、いいから、いいから。
どうせ、GWなんて、
どっちに転んでも、管理人には何にもないだろ。


ひどいわね。
ところで、龍樹は、連休、何するの?


ぼかぁ。。ちょっと龍宮城に仏典探しさ。
大竜菩薩と、デートだかんね。
龍宮城で、リッチにバカンスだよん。。


ち! いいなぁ。。龍宮城でバカンスなんて。
管理人は、図書館で仏典探しだったけど。。
リッチなバカンスとは、いかなかったよなぁ。。

んじゃ、しっかり、再校がんばってくれ!
いよいよ、かっこいいぼくの登場かぁ。。。
ぼくの時代が来るんだ。。。キラ~ン!


龍ちゃん、そんなに瞳を輝かせなくていいから。。
管理人が、書いてんだから。。。
かっこええ、ったって、まぁ、何だけど。。。ね。。ははは。。


ま、あんまり期待してないけど。。
じゃ、頼んだよ。
龍宮城に、いってきま~す。

龍樹は、のんきでええなぁ。。龍宮城で、

踊ってぶっきょ
歌ってぶっきょ

なんて、楽しんでたら、管理人怒るから。。


そんじゃ、予習でもするかな。。さびしく。。。

では、しぶしぶ

みなさま、よい連休をおすごし。。。。くだ。。。さ。。い。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009/04/26

初校ゲラを送りました!うれしい!

はぁ~~~~~~~!

雪です。009

 
 
 
 
                   
 
はぁ~~~~~~~!

雪です011 
 
 
 
 
 

 
 

はぁ~~~~~~~!


 
。。。しつこいぞ!

あ、ちゃうちゃう!

『龍樹と語れ! ――『方便心論』の言語戦略』  (かっこええ!)

初校ゲラを、ようやく送りました。


長かったっす!

われに返ってみると  時は

お正月から、一気に四月に飛びました。

四ヶ月間 意識がないような、あるような。。。

やぁ~~~~~~~!

辛かったっすね。。いくら、ノー天気なわたしでも。

二冊続けて、本書くのは。。。もう止めよう。。


生きていけないぞ!


連休で再校が来て、

六月十日頃に発売予定です。


『ブッダの優しい論理学』も、

もう少しで
発売のようですね。。。

やぁ~~~~~~~!

昼寝って、いいですね~~!


なんて、言ってないで

予習しなくちゃ。。。

やっぱ、世の中甘くないすね。。


=================

しかし、ですよ。。。


あら、まだ、日記が続くのか、って?

そうですよ。

なんとなく、ずるずる、世間話をしちゃう。。わたし。


ぶっきょ、って、何ですね。

昨日、朝カルでお話ししてたんですけど、

今までと、トーンがちがって来ちゃった。
 


★ぶっきょは 決まった かたちを もたない宗教である。★

相手が何かを主張してきたとき

あなたが、それを受けとりたくなければ、

それを拒否するために

ぶっきょは、”ぶっきょ”という宗教のかたちを

取るのである。
 

誰も何も言わなければ

キリスト教の方の誰かエライ人が言っていたように

「ぶっきょは、あれは、ただの道徳・倫理である」

というようにしか見えないのである。
 
 


それでいいのである。

だから、


他の宗教がいやな人は

「わたしは、仏教徒です」

答えておいても、いいのである。


ぶっきょは、「うん、うん、それで、ええよ」と

言ってくれるのである。

なんちゅうか、えらく便利な宗教です。。。 
 


あ、もちろん、真剣に信じても OK!だからね。


 
 
って、こういう言い方する 宗教って、ないよね。


ぶっきょ、


最高の宗教だわ。。。


ほんとに、邪魔にならないから 人に優しい 

ほんとに、争わないから 地球に優しい

ほんとに、苦しめないから 生き物に優しい

歌って ぶっきょ!
踊って ぶっきょ!

そんでもって

考えても
冥想しても
いいのが、ぶっきょ!


ええですわね~~~~

ぬくいぞ、温泉ぶっきょ

かるいぞ 楽園ぶっきょ


最後に

ひと言


きついぞ 龍樹ぶっきょ。。。。

。。。きついよぉ~、龍樹ぅぅ 。。。 ほんとにぃ 。。。


ええ、グチです、ほんの、ささいな。。ね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/17

3月の冥想会に参加して(寄稿)

先月、スマ長老さまをお招きして、
ヨガライフスクール主催で
開かれました冥想会について のお話です。

http://www6.ocn.ne.jp/~yogalife/home.htm

こちらは、朝カルの講演会とは別に行われました。

でも、その様子は、あまり一般にはわかりません。


そこで、わたしの書いたものですが、ご覧ください。


F.E.ヨガライフ協会が発行する「未来」という新聞に

「ヴィパッサナ-冥想会に参加して」と題して

寄稿しました。

冥想会の雰囲気が伝わるかな。。。

簡単ですが、016
どうぞご覧ください。

==========================

ヴィパッサナー冥想会に参加して
                  
                    石飛道子 

 去る三月七日(土)・八日(日)、
上座部仏教のスマナサーラ長老さまをお迎えして
講演会とヴィパッサナー冥想会が開かれました。

ブッダの説いた教えを
現代のわたしたちにわかりやすく説き明かし、
お釈迦さまの冥想の心髄を伝授してくださる
長老さまの巧みな話術と
冥想の明晰さに感動してしまいました。

 お釈迦さまが、使用人の少女を
あっという間に悟りに到達させた喩え話も
印象的でした。

心の変化というのは、ほんとうに劇的なものがあります。

長老さまのお話は、普段のわたしたちの心のありさまを分析するもので
耳にいたいことばかりなのですが、
実際にそれに気づくと、もう心は変わっているので、
お話のあとですっきりさわやかな気分です。

 このように、冥想の前に心の仕組みをお話してくださるのは、
合理的で科学的なブッダの教えならではです。

実際の冥想は、「悩んだあげく失敗してしまうのは、
思考があるからだ」という教えにもとづいて、
妄想や思考を排除するように組み立てられています。

 苦しみや悩みを払い心を清らかにしていくために、
まず、慈悲の冥想で心を柔軟にしていきます。

自分の幸せから生きとし生けるものの幸せまで願い、
最後には自分を嫌いな人々の幸せも願うのは、
妥協を許さない厳しさもあります。

 ヴィパッサナー冥想は、型にとらわれない自由さがあって、
ほんとうに現代人に向いていると思いました。

身体を完全に固定し制御していきます。

それと同時に、身体で起こることを心の中で気づいて、
動作をことばで思い浮かべるのです。

たとえば、呼吸で微細にお腹がふくらんだり縮んだりするごとに
「ふくらみ、ちぢみ」とチェックします。

雑念が入れば「妄想、妄想、妄想」と唱えて排除します。

この方法を徹底すると、
お釈迦さまの悟りにまで到達するという
仏教の核心が示されて、
冥想会は大盛況のうちに終わったのでした。

========================

おおいそぎで、あっ~~ぷ!

仕事におくれるぞお~。。。遅れるかも。。。ああ。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/12

本、本、ごほんごほん

なんだか、春は疲れますね。。

そういえば、はっと思い出したけど、

机の上におくカレンダーを買っておこうと。。。

あれは、お正月の頃だったっけ、思ってました。

そうだ、カレンダー、買ってなかった。。買わなくちゃな。今年の分


はっ!!!


もう四月か。。。三分の一も過ぎちゃった。。。な、なくてもええか。。

003
 
 
 
 
 
 
この鉄格子の塀のように、

長く見えても

すぐに尽きてしまうのが、月日です。

はかないですね。。。塀って、じゃかった、月日って。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

とうとう、『ブッダの優しい論理学』も

最後のゲラを送りました! バンザイ!やった!

きつかったっすっ。。ありがとう、サンガのSさん

そう言えば、がっこに行ったら
去年の学生さんに会いました。


「せんせ、もう、本書いた?」
「書いた、書いた!」

「せんせ、ぼくの名前、入れてくれた?」
「あ、忘れた。。あ、す、すっかり忘れてた、ごめん!」

「なんだ、ダメでしょぉお~、ぼくの名前、
本の中に入れて、って頼んだじゃないスカ」
「ごめん、ごめん、忙しくて思い出さなかったよ」

「がっかり!それに、なんでぼくの哲学、95点なんすか」
「え?95点も取ったの!? すごいジャン、最高点だわ、それ」

「忘れてんですか? 
なんで、ぼく、100点でないんスカ?」
「ええ~っ! 100点?! ねらってたの?
哲学に100点はないのよぉ!悪いけど。。」


と、せんせは、学生さんの期待を
もろ 裏切るのであった。。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さてっと、そうこうするうち、


あらたに到着の 龍樹本の初校ゲラ おお!

久しぶりなので、ほとんどはじめて読むような気がするわ!

題名は。。。おお! (いちいち、感動しなくてええから、管理人)


『龍樹と、語れ!』


へえ~、こんなこと書いたのね。。。
忘れっちゃってるので、新鮮すぎる。

論法のところは、すごく、削ぎ落として
骨格標本のように、しようとしたことを思い出してくる。。。

そうだ!

~~~~~~~~~~~~~
できるだけ、わかりやすく
~~~~~~~~~~~~~

それしか、考えてなかったっけ。

龍樹の意図した骨組みがはっきり出るように
気を使ったけど
うまくいったかどうか、よくわからないですわ。


思い出してくると。。。ああ、また、悩みそうだなぁ。。。

しばらく、また、ゲラを抱えて七転八倒しようかすら。。ね。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そう言えば、『ブッダと龍樹の論理学』

売り切れそうみたいですね。。。

やばいわ!

一冊しかないから、もし、これがなくなったら、

著者のくせに、自分の書いた本もってない

って、いう、ものすごく惨めなことになる。。。

どっかで、さがして買ってこよう。。


そういえば、前に人にあげようと思って

本屋さんで自分の本買って、それをさし上げたら

「本屋で買ってきたのぉ~。。自分の本なのにぃ~」

って、笑われたっけ。。。


んなこと、言われてもねぇ。。。

本て、さ、本屋さんで買うもんだよ。。。ね。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/09

偶然の神との偶発的対話

『ブッダの優しい論理学』の

再校のゲラをクロネコ便で送りましたら、

最後のゲラが明日また届く予定です。


と、同時に


いよいよ龍樹本の初校ゲラも送られてくる予定です。
土曜日に!

007
 
 
 

 

なんて、うまいタイミング!

重ならないように、

偶然の神は、偶然、采配をふるったのだった!

================================================

偶然の神 「ふるってない、ふるってない。。それ、偶然だってば」

わたし   「それ、ふるってる、っていうんじゃない。。
       偶然の神なんですもん

       もっと、『偶然』には自信もたなきゃ、ね!」

偶然の神 「神、やって久しいけど、ほんっと、
       うまいこと、采配ふるえたことないもんね。

       神自身が、偶然 をあてにするって、どういうことやねん」

わたし   「さすが、偶然の神だけあって、
       神自身も、偶然 に頼るのね。。
       すごいわあ。。さすがに使いこなしてるわ、偶然を。。」

偶然の神 「そ、そうかな。。。使いこなしてるか。。な?」

わたし   「そうよ、そうよ、わたしなんか、ぜんぜん偶然なんか
       ないもん。
       必然ばっかだから、すごいわ、神さまはぁ~」

偶然の神 「そうか、そうなんだよ。。
       ほんと、自分でも、
       なんか奇跡を起こそうと思っても、

       偶然 起きるときを、待たなきゃなんないんだ!。。」

わたし   「さすがだわ~。。。 
       あ! 偶然、安物のカステラあるから
       お供えしちゃうわ。。偶然、カビはえてないみたい」

偶然の神 「そりゃ、偶然だなあ、、、カステラ大好き!
       じゃ、お供えもらって、偶発的に消えるかな。。
       
       あ、そうそう。。偶然、御利益あるかもよ。じゃ、ばいちゃ」

=============================
おお、偶然の神との 変な対話を、偶然、果たした わたし。

しかし、

世の中は、必然の嵐が吹きまくり

今日から、講義が始まり
明日も、 講義があって、
土曜も、 講義があるのであった。

そして、ずぅ~っと、続くのよ、夏まで。。。必然的に

002
 
 
 
 
 
偶然のクロッカスは 黄色!


春ですね。。

ん、

でも、春は 必然的に、やって来たんだろね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/05

晩餐会 の ご会食 (変なタイトル!)

4月3日の夜

『ブッダの優しい論理学』の初校ゲラを送りました。

はやいっ!

しかし、

校正すればするほど。。。書き直した方が、ムニャムニャ。。。

などという、おそろしい考えがわき起こるのを、

必死で押さえる管理人であった。。。


どこが「優しい」だぁ~~


まじめに考えると

ブッダの キビシイ 論理学

ってのが、あたりかも。。です。


さらに、その数日前、本が仕上がったので
中華料理を食べに行きました。
001


「写真撮る前に、食べちゃだめだったら。。」
「あ、もう食べちゃった」
 
 
 
004_2
 
 
「今度こそ、たべないで。。ああ」
「あ、もう遅い! はやく写真撮らないからだよ!」
 
 


003
 
007
 

次々たくさん出てきて、いつ終わるともしれない

料理の数々。。。。

エビチリをお互いにおしつけあう。

「これが、メインディッシュね、きっと。。もっと、食べて」
「もういいよ。。。まさか、エビチリで、飽きるとは思わなかった。。」

「よし、みんな平等に分担するんだ!」
「くるし。。おいしいけど、けっこう拷問だ。。」


「ところで、会食なんだから、
もうちょっと、楽しい会話するんじゃないの」

「それどころじゃないでしょ。。
時間が空いたら、もう、お腹に入らないんだから
話すどころじゃないわよ」

「他のテーブルは、もっと会話がはずんでるんだけど」
「わかった。。はずませよう」 

「お料理、まだ、出てくるの?」
「いつ、終わるんだろう」

 。。。。。会話、はずんでるのか?!


「ウェイトレスの人が、『以上です』とか
言うんじゃない。。」
「あ、わかった、デザートが出てきたら
最後だよ」

010
 
 
「この段階で炒飯はきついなぁ」
「たぶん、これで、フィニッシュじゃない」
 

「デザートは、杏仁豆腐が定番だから」

わ、出た!
011
 
  

 
 
よかった!
助かった!


おいしかったね!


晩餐会は、たのしーね。。。。。そ、そうね、くるしーのはお腹だけ。


 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »