« 『ブッダの実践心理学』第四巻 | トップページ | 龍樹礼賛!! »

2008/11/24

龍樹本は、いまどこに。。

いやはや、昨日の日記は、ものすごく、

書くのがきつかったですが、

いやはや、まったく

意あまりて、ことば足らず でしたねぇ。
 
 
 
ずっと、考えていたわりには

というか

ずっと、考えていたために

心に、想いが詰め込まれすぎました。 
  004
 
 
 
 
 
 
でも、いいや、これで。。。
これ、日記だったもん。。。

こんな風に、足跡を残そう。
心の足跡じゃ。。マナス・パダなんちゃって。

心さえ、書き留められると、
この 心 がほしいときに

ふたたびよみがえるから。。。
 
 


みなさまには、本書くたびに

ご迷惑をおかけしますが、

許してください。。。

必ず、もがくんだよね。。いや、もう、こういうはけ口がないと

爆発しちゃう。。。ううっぷ。。がまん!


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
しかし、です。。。話題は、龍樹本です。。。

こうして、日々を送るうちに

龍樹の時代が、当時の人々の行きかう喧噪とともに

わたしの前にあらわれて来つつあります。
 
 
時代の証人となるために
 

スマ長老さまに、一役かっていただきました。
『ブッダの実践心理学』シリーズで。

伊藤武氏にも、一役かっていただきました。
『チャラカの食卓』で。

すごい役者がたくさんそろってくれたみたいです。
いずれも、最新の出版です。

龍樹の活躍していた時代が、だんだんひらけてくるようです。
 
 


こんなに、条件が整ったんだから

現代に、よみがえっておくれ!
 
龍樹の『方便心論』のメッセージ!
 
 
残る登場人物は、きみ!龍樹だけだ。。。

何とか時間がほしいいいぃぃぃぃ

なんて書いてる暇があったら、

さっさと仕事にはげめ、管理人!

|

« 『ブッダの実践心理学』第四巻 | トップページ | 龍樹礼賛!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍樹本は、いまどこに。。:

« 『ブッダの実践心理学』第四巻 | トップページ | 龍樹礼賛!! »