« お勧め本! 生井智紹『密教・自心の探求』 | トップページ | 伊藤和也くんの死 »

2008/08/08

二人の龍樹って

ようやく、人間らしい生活になってきて
今年はじめて

’散輪’してきました。

散輪?聞いたことないなぁ。。なんじゃ?

散輪はね、散歩の自転車版よ。

管理人は、無駄がないのよ。。主婦のさだめ。。
013
012

だから、
歩くと時間のかかるところは、
つい
自転車になっちゃうのだ。


おお、なんか
すばらしい風景ですねぇ。。
 
スイスなの?
フランスなの?
それとも
イギリス?

自転車でいけるところだからね。
スイスはちょっと無理。。
ま、
カナダかな、
ってわけないですね。。ははは。

サッポロの公園です。。。

しかし、写真て、すごいわ。
馬子にも衣装、ってか、
サッポロにも公園、ってか

わかりませんけど
美しいんじゃないでしょか?

カメラアングルが大事ね、オホン、
ま、プロとしちゃ。。(急に態度でかいぞ、管理人)

カラスの群れが、芝生に点在してないところを
ねらったのよ。
そういう気配りが、大事だと思うわ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ま、そういうわけで  (どういうわけで?)

さらに、この写真の前日のことですが、
図書館にも行って
調べ物もしてみました。

ううむ、なんとお!!
こんなものを見つけてしまった。。。

大正時代の論文ですよ!


============================

●1●寺本 婉雅「新竜樹伝の研究」『密教研究』14、1924

●2●栂尾 祥雲/羽渓 了諦/荻原 雲来/寺本 婉雅/森田 竜僊
「新竜樹に関する論叢」『密教研究』17、1925

============================

寺本氏が、龍樹に関して、新と旧の二人の龍樹がいる!と書いたのが
●1●の論文です。

古い龍樹は、顕教で有名な龍樹
新しい龍樹は、密教の祖としての龍樹で六世紀頃の人

しかし、大正末期には、

龍樹菩薩は、一人で、顕教と密教の両教の始祖となっていたので

これに対して、たちまちおこる争論

●2●の論文です。

もう、すごいありさまです。
コピーとったんですけど、とりながら、考えました。

こんなに誹謗中傷みたいな論文をコピーして
意味があるんでしょうか。。
いや
討論の歴史としては、意味があるかも、ね。。。

それに、なんて言いますか、
大正時代の人も、
論争するんですね。。(って、関係ないでしょ、時代は)

争いの根源はどこにあるかというと。。。。

やっぱり、
龍樹! きみ以外にはありえない!
どうして、きみは、そうなの。。

って、いうのも酷かなぁ。。ほんとは龍樹のせいではないんですけど、

龍樹が絡むと、必ず起こるわねぇ、争論が。


この争論のもとには

真言密教の初祖が、龍樹でなかったら困る
という気持ちがあるようだ。


時代がたってしまったので、
少し冷静になれるかな。。。どうかな。


じつはね

前回のブログで

龍樹が密教の始祖とされても、
わたしはおかしくないと思う

って、述べたんですが、

これには、いちおう、根拠があるんです。。
あんまり強力な根拠ではないし
文献的な根拠でもないんですけど。。。

=============
ちょっと、ここで、考察ですっ。
=============

この始祖問題といいますか、
二人龍樹問題といいますか、
この問題は

「どのような観点からとらえるか」

で、かなり変わってくると思うんです。

密教について

★1 思想的に整合性をもってどこまでさかのぼれるか

★2 歴史的に確実性をもってどこまでさかのぼれるか

このちがいを、ごちゃ混ぜにしながら、
争っているような気がするんですよ。

わたしは、★1の観点で、さかのぼれるだろう、と思っています。
ようするに
密教が、龍樹以来の思想的な伝統の上にある、というところは
思想を解明すれば出てくるので
言えるだろうと思います。

さらに、言い換えれば、
龍樹は、ブッダと直結するので
ブッダの教えの中から、密教も生まれてきてもよい!
ということです。

その点で、整合性をもって証明することができる

と、荒削りながら、思います。

空海さんも、そこのところで、
桁外れのものすごい苦労をしてることがわかります。

しかし

ここで、★2の観点を入れて見るならば
これは資料的に限界があるので、ううむ、厳しい。。。

どこまでさかのぼれるか。。というなら、今のところ、六世紀頃でしょうか?
どうなの?
わからん。

★2の観点でも、いろいろ探りは入れてるけど

はてしなく、謎がひろがりますわ。。。。。でも、

なんだか。。。ありそうな予感もする。。。。

いや、どうなの。。。。管理人は、五里霧中。。。。。


サッポロの公園のように

きれいに晴れ渡った仏教世界を見つけたい。。

またしても、尻すぼみな日記だ。


|

« お勧め本! 生井智紹『密教・自心の探求』 | トップページ | 伊藤和也くんの死 »

コメント

春間さま

おおあたりです!  まさしく、きのうは「散論」してました。

投稿: 管理人エム | 2008/08/11 09:47

私には、「輪」が「論」に見えて仕方がありません   

投稿: 春間 則廣 | 2008/08/10 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人の龍樹って:

« お勧め本! 生井智紹『密教・自心の探求』 | トップページ | 伊藤和也くんの死 »