« 仏教との出会い系(?) | トップページ | 聖地といわれたところへ行ってまいりました。 »

2008/07/20

題名どおり!カレーな一日だい!

ようやく、授業は終わりました。

あとは、難物の試験を残すのみ。

これがつらいが、
まぁ、とにかくめでたいです。

ほんと、今年は、最後の方は
酸欠の金魚鉢で
あっぷあっぷする金魚のようでした。

授業にのめり込みすぎたかも。。。
などと、今頃反省しても、おそいけど。

で、

昨日は、ぼーっと、なんだかほとんど寝てました。

で、

晩ご飯を、作る気力もなく、
年に一度の(?)
ディナーとしゃれこむことにしました。

アジアンスパイスというカレーのお店です。012
 
 
 
 
 
 
すばらしい!
おしゃれ!!

玄関もある!
あたりまえか。。013
 
 
 
 
 
  
 

 
 
さぁて、カレーはどんなかな?
スープカレーのお店なので、
全部スープカレーです。

では、っと。016
018
 
 

 
  
 
 
 
 
なんだか、なつかしいスパイシーな味。
スリランカのカレーです。

手間はかかりそうだけど、
作れそうな感じもするなぁ。

それにしても
朝から、お弁当を作っていた二年前とはおおちがい。
あのころは、三度の食事を作るだけで
日が暮れました。

子供がいないと、
食べ物なんかどうでもいいか、って気もします。

ご飯食べなくても
生きられる方法、ってないかなぁ。。。

ブッダは
六年間の苦行で、
どのくらいの食べ物を
節約できたか

大いに気になるわ。。。悲しい主婦根性すね。。

 
 

|

« 仏教との出会い系(?) | トップページ | 聖地といわれたところへ行ってまいりました。 »

コメント

> (よく目を凝らしてください)

が、かじりかけのパンに見えているうちは、きっと、ダメですね。。。  

> 節約は、字義からいくと
> 「よくよく考えて、(心を)引き締める」
> という意味にあたります

やはり、六年の苦行は「節約」だったのか!

なにか言いたいけど、言うべきことがわからない。。が、むりやり言ってみます。

ブッダは、苦行(苦のアンタ)は利益がないもの、と述べました。
「利益がない」と、節約して知った。
六年間は、「節約」期間だった。

凡夫なら、六年間は、利益のない「無駄」期間に終わるだけだったかも。

投稿: 管理人エム | 2008/07/21 13:39

>ご飯食べなくても生きられる方法

ありますよ
食べずに、生きていればよいのです
生きているうちは、食べません
ブッダがスジャータから受け取った物は、
食べ物ではなく、
命です

食べ物と、命の間に
横たわるものが、 (あなたには)
見えるはずです
(よく目を凝らしてください)  

>六年間の苦行で、
どのくらいの食べ物を
節約できたか

節約は、字義からいくと
「よくよく考えて、(心を)引き締める」
という意味にあたります

(普通の辞書を引いても、この字義は出ません)

投稿: 春間 則廣 | 2008/07/21 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 題名どおり!カレーな一日だい!:

« 仏教との出会い系(?) | トップページ | 聖地といわれたところへ行ってまいりました。 »