« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/27

沈黙は金、一言は禁。

どうもねぇ、
なんとなく納得いかないですねぇ。

何が?

さくら です。

何で?

今ひとつきれいじゃない。。。

003

 
 
  

 

や、きれいはきれいなんですよ。。。
でも。。。 
004
 
 
 
 
 
 
存在感がうすいのよ。。。でしょ?
どう思う?この写真。

だから、ついつい、さくらばかり撮ってしまう。。
なぜだろう、って思いながら。

「時機」 じゃないときに咲いたからかしらね。

少し 早すぎた のかも。。。ね。

などと、おしゃべりついでに

ぶっきょ の話でも。。。

こっちに話をふってしまおう。

さて、さて、ぶっきょは、どうでしょうか?

存在感が  。。。  うすい、ってことはないですよね。

だけど

濃い  って、こともないです。

ブッダ、とか
諸行無常、とか
一切皆苦、とか
一切皆空、とか
諸法無我、とか

いってれば、ぶっきょ、みたいに見えてくる。

仏教の用語を語ると、ぶっきょになりそう。。

だけど、そんなに甘いもんではないことを
ぶっきょ、を、ちょっと、べんきょした人なら
すぐわかる。

仏教の用語を出せば出すほど
ぶっきょから、遠ざかる

という、
かなしいケースも出てくるのです。

じゃ、何がぶっきょで、どう語るとぶっきょになるのか?

それは、これじゃないかと、思います。

最近、ずっと、脳裏に巣くっていて
出て行かないことばです。

========================

それ故に、真実には、寂滅(涅槃)によって、
この世界が無に帰するのではありません。
(したがって)勝利者は
「この世界には終わりがあるのか」
と問われたとき、沈黙されました。

 
諸仏は、この深淵な法を、
(理解する)器でない人びとには説かれなかったという
まさにその理由によって、
全知者(仏陀)は真に全知者である、と知られるのです。

 (瓜生津隆真先生訳『宝行王正論』1.73,74)
========================

器でない人には語らない。。。な~る。。。

ぶっきょ というのは、語る 「時機」 をはずすと
ぶっきょ でなくなる

という、おそろしく
あぶないもの
であるように思われます。。。

■語る内容は、 聞く人の器に応じているとき
ぶっきょ となり
■語る内容が、聞く人の器に応じていないとき
ぶっきょ からはずれてしまう

だから、ブッダのように沈黙によって答えることも

ときには

当然、答えになる。。じゃ、もう一度、引用するよ

========================
それ故に、真実には、寂滅(涅槃)によって、
この世界が無に帰するのではありません。
(したがって)勝利者は
「この世界には終わりがあるのか」
と問われたとき、沈黙されました。

 (瓜生津隆真先生訳『宝行王正論』1.73)
========================

★ブッダの沈黙は、一切智者のあかし。。。☆

答えるな!時機でなければ!


★しゃべりすぎるのは、愚か者のしるし。。。☆

適切に答えよ!時機をのがさず!


ああ、かっこよく決まったわねぇ。。。だけと、
だけど
「その時機」って、いつなのかしら??


管理人!この一言が、ねぇ。。オチで落ちました。。なはは。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2008/04/22

もう、もう、も~う!

今日も、あいかわらず暑いでございます。

北海道大学構内は、
人も多いし
自転車も多いし
建設ラッシュだし

どうも風情が乏しいのです。

しかし、それでも
緑が多いし
まだ、いくらか自然も残っているようなのです。

にわかカメラマンは、写真を撮るのです。
ぱちっ!
006
 
 
 
 
  
ぱち、ぱちっ!
004
 
 

 
 
 
 
 
桜ばかりで飽きた、
とおっしゃるんですか。

では、ちがうもんを!

008

 
 
  
 

 

出来れば、色の変わったものが見たい
と、な!

はい、はい。

それじゃ、黄色はどう?
018
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと、清純な感じのものがほしいなぁ


いろいろ注文が多いすね。

んじゃ!
清純チックで、どうぞ!

015

 
 

  
 

 

素朴で、ほのぼのしたいなぁ。。

わっかりました!

こんなんどうかな?

022
 
 
 
 
 
 
 
ま、いいけど、さ。

草花は、もういいわ。。。ちょい、あきたわね。

なんか、変わったもん、ないの?

 
 

もう、
ほんとにチューモン、おおすぎよ!

もう、もう、も~う !!


 


な~に、あたいを呼んだ!

モウ!

002
モウ!
 
 
 
 
 
 
 
 
きれいなお花は、モチ!

あたいの引き立て役よ、モウ!


きょう、お友達になりました。

じっとわたしを見つめて

歩くと、目で追ってくるのが
かわいいです。
 
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/21

さくらだぁ~!!!

なんと、異例のこの気温!
まだ、4月ですよ。

24.7度。。。うひょ~、7月の気温です。
この暑さで、一気に桜が開花してしまいました。

コブシもようやくほころんで。。。なんて言ってる暇ありません。
あらゆる花々が咲きそろいました。

といっても、撮った写真はほとんど桜ですけど

007

 
 
 
 
 
 
006
 
 
 

 
 
 
001

 
 
  
 

 
 
010
 
 
  

 
 
  
お、この黄色い可憐な花は?
これは、キバナノアマナ。
最近少なくなって、なかなかみませんが。。
014
 
 

 
 
 

012
 
 
 
 
 
 
 
いつもなら、連休の頃か、
連休があけた頃に
桜が咲くんですが、
こういう年もあるんですねぇ。

って、連休の頃は、もう桜が散ってるのかっ?!

ど、どうするだ。。。連休は、何を、見たらよいのだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

この世には、神も仏も。。。

怒濤の一週間でありました。
なんと申しましょうか。。。ま。。はるっ なのかな。


では、こんな感じでいってみます。
002
 
 
 
 
 
 
ちょっと、まだ、浅いはるっ、ってところでしょうか。  
001

 
 
 

 
 
 
北海道大学の農場付近です。

なんだか、バタバタしましたね。
みんな忙しいのね。

【エピソードその1】

非常勤先の’がっこ’に電話をする用事がありました。
電話がつながるなり

あいて「もしもし、がっこ! です」
わたし「。。。  (おお! がっこ、だってよ!ど、どこの、がっこ だ)
     わ、わたくし、ひじょうきんの…」
あいて「あ、せんせっ! おでんわどうもっ!
     忙しくてたいへんなんです~」

ああ、びっくりした!
たしかに、学校に電話したんだけど
がっこに電話して
ストレートに

「がっこ ですっ!」

っていわれたのはじめてだ。
ふつうは、○○大学とか△△専門学校とか
言うんだけど

忙しいと、こうなるのね。

【エピソードその2】

がっこで、講義にいったら
教室に入りきれないほど
学生さんがいました。

プリント200枚がなくなって
「せんせ、足りませ~ん」って。

大きい教室から、
「もっと」大きい教室に
変えてもらって

プリント
次の時間の分も含めてさらに
250枚すって

もうヤケだ!

「出席は、とりませんっ!」

はぁ~、もう知らない。。。

頭に浮かんだ文句が

「この世には’神’も’仏’もないものかぁ」

で。。

講義科目は
「インドの思想と文化」
「仏教の思想と文化」です。

神や仏が、やまほど 出てくるんだよぉ。。。


。。ま、元気だそう。。。神も仏もない世界でも。。ネ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/12

ストレートに!ノー天気に!行こうぜっ。

哲学の講義がはじまって、最初の時間です。

新1年生は、かわゆい!のだ。
なんだか今年は、元気がよく、ストレートだ。

この福寿草のように輝いている。
008
 
 
 
 
  
 
 
 
 
思索の深い子は、ストレートに深く
思索のない子は、ストレートにない!

学生:ぼくのチャームポイントは、ノー天気です
先生:そうなんですか?
学生:ノー天気だっていわれるんですけど、気にしてないす。
先生: 「ノー天気」ついても、ノー天気なんですね。
学生:そうすっ!!

あはは、筋金入りのノー天気ですねっ!

学生:ぼくのチャームポイントは、素直な心です。
先生:そうなんですか?
学生:そうです!恋もストレートです!
先生:そりゃ、すばらしい。みなさん、恋をするなら、かれに。。。
学生:悩みそ・う・だ・ん、してください!!

あはは、欲のない人だなぁ、ほんとにストレートだ。

一方、

思索の深い子は、ストレートに深い。。。例を!

学生:せんせ、「文章表現力」と「論理力」、ってどうちがうんですか?
先生:う!。。。。。。。うーん。とっさに、でてこないわよ。

たぶん、こうだろうと思うところを一つ。

世の中には、みんなが理解するのに、二つの方向がある。

一つは「説得」の論理。
一つは「納得」の論理。

説得の論理とは?

自分の主張を、論理にしたがって、アピールするのは、説得。
理屈が通っていれば、人々は、多くは納得してくれる。
ところが、現実は
相手のことをまったく考慮せず、説得するとき
反発をくらって、納得してもらえないこともある。

納得の論理とは?

相手にあわせて論理を展開するとき、主張はいわれずとも、納得される。
理屈が通っているので、必然的に結論に到達してしまう。
現実には
人は、そうとは知らずに説得されている。
反発なしの自然な納得。

説得の論理は、一般的には強い印象を与え
「論理力」がある、と見られる。

納得の論理は、自然な共感を呼んで
「(文章)表現力」がある、と見られる。

どちらにも「論理」がある。
自分主体でいくか
他者主体でいくか

そこに、論理の繰り出し方のちがいがあり、言葉のちがいがある。

前者は主に「西洋論理学」で
後者は主に「ブッダ論理学」で学ばれる。

な~らんだ、ならんだ。論理学は二つ並んだ。

このサフランのように、きれいに並んだ。
011
 
 
 
 
  

 
 
ブッダ論理学は、他者主体の論理学。。。

あなたのハートをストレートにゲットする!

ノー天気(無我)なそ・う・だ・ん・役さっ!!

(な、なんとおぉぉ~、決まったんじゃないすか、管理人)


| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008/04/07

夢のまた夢

そろそろ忙しくなって来そうな予感がする今日この頃。

というか、
忙しくなるんですよ、確実に、
管理人、さっさとしなさい、為すべきことをね。

といいつつ、その前に、ケーキでも。。。あらら

003
 
 
 
 

 
先日、親子三人でケーキ屋さんに行って
ケーキを食べました。
006
 
 
 
  

 
ろまん亭という、ロマンチックな名前のお店です。

なのに
ロマンのかけらもない親子は、
ケーキを食べながら
このお店を、
デートコースに入れる是非について
議論しました。

「おしゃれっぽいけど、ちょっとデートコースにはねぇ。。」
「何かひと味ものたりないかなぁ。。」
「ケーキはおいしいけど。。。」

って、
いくら話題がないからといって、
こういうのを

机上の空論

というんだと思います。
デートって、誰がするんですか。。という大問題を忘れてる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
さて、マジカル広場で夢のお話がでてましたね。

夢はコントロールできる、というお話です。

西洋の心理学で精神分析に一役買っている夢。
東洋の神秘主義の中で重要な役割を果たす夢。

夢をめぐる思想は、西洋と東洋ではずいぶんちがいます。

夢をめぐるお話から、
現実についてもどう考えるか、
ここにもつながってきます。

現実を「夢のごとし」と見るのは
東洋の特徴かも。

夢を「見えざる現実」と分析するのは
西洋の特徴かも。

いろいろな考え方がでてきておもしろかったです。
=====================
で、
最近は、仏教思想の中に浸っているので

現実を、「夢のごとし」と見る思想に

慣れてきている管理人です。
空の立場では

ありのままの世界は
幻のごとく
陽炎のごとく
水中の月のごとく
虚空のごとく
こだまのごとく
陽炎のごとく
★夢のごとく★
影のごとく
鏡の中の像のごとく
変化(へんげ)のごとし

(『大智度論』より)

なのです。
=====================
一方、西洋の心理分析では、夢の判断は重要ですよね。
精神分析をしてくれる精神科医は、その分野のエキスパートです。

昨日読んでたスマリアンの自伝
『天才スマリアンのパラドックス人生』の中から

夢のネタを一つご紹介しましょう。
ジョークなのですが。。。。笑えるかな?

精神科医が話してくれた実話です。
ある女性患者が見た夢です。

見知らぬ男性が
彼女の家に入ってくる夢です。

ゆっくり階段を上がって
彼女の寝室に近づいてくる。
彼女は死ぬほどおびえて
あがってくる気配をうかがっています。

ついに、ドアが開いて
男が入ってきて
ベッドのそばに来て
かたわらに立ち、じっと彼女を見つめます。

彼女は、とうとう

「あなた、何しているの」

とおびえた声でたずねます。

男はこう言ったのです。

「お嬢さん、それはあんた次第だよ。
これは、あんたの夢なんだからな」

=====================
こりゃ~、西洋人なら、笑えますね、きっと。

でも、この笑いは何だろう。。。って、気もしてくる。

この話の中に何が入ってるんでしょうか。

精神科医は、彼女の無意識の領域を
夢の分析で、あぶり出してくれる。

そんな手法は、
そんな分析は、
正しいんだろうか、
ほんとうなんだろうか

って、いう、彼女の無意識が
男の言葉になったものだったら。。。。

=======================
彼女の夢(という現実)に試されてるのは、精神分析医。
=======================

一方、患者の彼女はどうでしょう?

夢を分析して、自分がどういう人間かを教えてもらう自分。
現実の自分は、夢を分析しないとわからない。
なのに、なのに、
夢の中でも、「これはあんたの夢なんだから」といわれてしまう。
夢にも、見放されてるのか?

いや、それとも、

夢は、しっかり、彼女自身の人生のあり方を示しているのか?

========================
自分の夢(という現実)に試されてるのは、女性患者自身
========================

うーん、笑ってる場合ですか。。。って気もしてきましたね。

いつまでも、夢の 夢を見てるんじゃない!

どうせなら見るなら、夢の 現実を見るんだ!

「お嬢さん!あんたの夢なんだから」という夢に
答えることが

貴方の本物の夢になる  by 東洋。。。。


(まぁ、一応決まったかな。これでアップしてみよ。。。。どぅかな?

でも、管理人、ゆめゆめ油断するなよ、夢に足下すくわれちゃうぞ)
だって、ほら!
001
 
 
 
 

 
 

ケーキが消えた。。。夢か?幻か? 


| | コメント (53) | トラックバック (0)

2008/04/04

ちがいがわかる男の。。。

毎日書きたい日記です。
しかし、
なかなか書けない日記です。

003





この山に沈む夕日のように
明るく輝くのは
真実の光なのだけど

それが、そのぉ~、あんまり光らないんだなぁ。。

わたしには、明白なことが
他の人には、そうでもないことがある。

わたしには、他の人がまちがっているように見えるけど
他の人から見れば、わたしがまちがっているように見えるわけです。

こうなると
どっちが正しいのか
永遠にわからない。

このままでは
永遠に平行線をたどるのです。

う~~む、問題だが。。。。仕方ない。

おい!あきらめが早くないですか。

あきらめが早いけど、いいのだ。
もがいても、論の上の対立は
合致を見ることがないからなのです。

まずは、対立すること、これも大事だって思うんですよん。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

龍樹は、『中論』や『廻諍論』や『十二門論』を著した。
『方便心論』は、それらの論の基礎作りのためだった。

どうしてそんなことをしたんでしょうか。

とにかく、論理を通せば、
ちがうものをはっきりさせることができるからでしょう。

これは、対話によって相互理解の道を探る、という
かわいいもんじゃなくて

ちがってるもんは、ちがってるもんだぜ!
俺は俺の一本道がある。
あんたはあんたの一本道があるなら
それを示せ!

という、区別をつけるやり方だったと思う。

俺の一本道が気に入ったら
来てくれよ。
気に入らなかったら?
ま、それはそれとして
あんたの道を行ってくれ、
あんたの道は、ちがうものとして尊重するぜ。

あんたも俺も、同じ人間だ、話せばわかる

な~んて、甘いことは言わないぜ!
それぞれ道があるなら
それぞれ筋を通そうじゃないか
それが、男ってもんだろうが。。ふがっ!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
って、こんな感じかな。

龍樹ぅ。。。

やっぱり、龍樹が出てくると、こうなっちゃう。

論を立てると、どうしても相違を浮き彫りにする方に向かうわね。

でも、なんと言われようと
龍樹のとったやり方は、必要なことだったと思うわね。

だって、「話せばわかる」は、考えようによっては

ウソだもの。

話せば、ちがいははっきりする。
話せば、どんどんちがいがはっきりする。
話せば、わかれるもんは分かれていく。

そんなことはないよ。
話せば、お互い了解できることもあるよ。

うーん、ちょっと甘いかな。。。だってね
分かり合えるとき
話はもう止んでいるんだよ。

話が下火になってくるとき
相手のことを考えはじめる。

相手の意見をかみしめはじめる。
言葉は減っていく。

相手の理を自分で追ってみる。
言葉はさらに減っていく。

自分とのちがいを比べはじめる。
どちらがいいのだろう。。正直言って。

素直になると、問題がクリアに見えてくる。
意地張っちゃったけど、
ほんとは、
自分より相手の方がいい意見だった。。。てへっ!

====================
アチェーラ・カッサパは
ブッダの後を追って村に入った。
追いすがって、たずねた。

今は質問するときではない。
もう村に入った。

と、ブッダは言ったけど
アチェーラは、ひるまず質問を止めなかった。

すぐ終わりますから。
ちょっとだけです。

こう、アチェーラは言った。
三度、この押し問答が続いた。

かれは、もうすぐ答えに到達するところだった。
ブッダは、かれが質問することを承諾した。

「ゴータマよ、自ら作るものが、苦なのでしょうか」
「カッサパよ、そうではない」

「ゴータマよ、他が作るものが苦なのでしょうか」
「カッサパよ、そうではない」

  ………

長い問答の末に、カッサパは、こういった。
「尊師よ、どうぞ、わたしに苦を説いてください」

======================

★話せば、わかってくるのは、相手とのちがいである。★

☆話を止めて聞くときに、相手を理解しはじめる。☆

★の部分があって、その後、☆の部分が来る。

龍樹が、行ったことはぜったい必要だったと思う。
黒い★がなければ、次の白い☆に行けないから。

龍樹において目立つのは、黒い★
ブッダにおいて目立つのは、白い☆

でも、両者は、黒い★と白い☆の両方をもっていたと思う。

龍樹の時代には、
ちがいもわからないほど、
ごっちゃだったんだろうね。

そもそも、ちがいがわからなければ、
どっちがいいかも、わからんもんね。

だからね、議論をバカにしてはいけないし、
おそれてもいけない。
紛糾するだけ紛糾してもかまわない。

議論に疲れたときに
ちがいが露わになって
思索が生まれる。

そうして、
はじめて、ちがいを乗りこえる道が模索される。

黒い★のあとに白い☆だからね。順序があるんだ。

ブッダにたずねたアチェーラは、黒い★を乗りこえて
白い☆にたどり着いたところだったんだね。
あと、もう少しで、ブッダの法をゲットするところだ。

一方

はなばなしく黒い★の火花を散らした龍樹と他学派。。。
しかし、成果はすぐにやってきた。
白い☆のおかげで、大乗仏教は隆盛を極めた。
また、
龍樹の後、インドの哲学は、整然とした理論の構築に向かった。
思想を整理し、自分たちの主張を整え、論理を備えた。


龍樹ぅ、君は、ちがいのわかる男だ!
すばらしい。。。

で、コーヒー飲む?
ちがいのわかる男のゴールドブレンドだけど。。。なはっ!

(古いっ、管理人!)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »