« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/28

星の子チョビン

居間に行くと

帰省中の息子が真剣にテレビを凝視している。

きりっ!
久しぶりに知的だ。

何見てるの?

星の子チョビン

何、それ?

http://www.youtube.com/watch?v=fdKmdShFcb4&feature=related

1140864209_2
 
 
 
 
 
画像は、ここからお借りしました。↓
http://diary.jp.aol.com/kuvhffcz/725.html
なんと、このようなアニメははじめて見ました。

息子も、わたしも。。。

二人は、親子ほども
年は違いますが、(ん?)

星の子チョビンを見たことないという点では
まったく、共通しているのです。

1974年に放映されたテレビアニメ。
石森章太郎作品。

その最終回を見ました。二人で真剣に。。。

むすこ
「こんな頃から、
日本のアニメは世界の中で
最高水準だったのか。。。」

はは
「こんな頃から、って。。。
ついこの前ジャン。。。

その前にも手塚治虫とか
アニメ文化はあるんだけど。。」

むすこ
「ストーリーが
へいわだなぁ。。

でも、基本的には技術は
あまり今と変わってないな」

はは
「ストーリーが
情緒豊かだよね。。

でも、基本的に発想は
あまり今と変わってないな」

最後の敵キャラを戦いで倒して

きれいな王妃のママ上に
再会するチョビのチョビン

親子なのに、似てないね
っと
友達のカエルの親子の会話。

親ガエルが言うには
「お前も、オタマジャクシの時は
親に似てなかったぞ」

そこで、深く納得する 視聴者。。。そう言うもんか!

最後にチョビンは、ママ上と一緒に
チョビンの星に帰って行くのでした。

オバQ と、
銀河鉄道999 と、
アルプスの少女ハイジ と、
ウルトラマン と
ドラえもん の

五つの味わいを一つにまとめた
星の子チョビン

こんなマーブル味の
アニメがあったなんて
知らなかったよ。

日本の子どもは
基本的に幸せだったんだ。

親子ほど年の差がある
二人は
ともに
納得するのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/26

ま、いいっか!

札幌は、6日連続で最高気温が10度を超えました。

明治以来、3月で10度を超える日が6日も続くのは
観測史上初めてなのだそうです。
001
 
 
 
 
  
  


率直に言って、暑いです。。

半袖の人も多い。

積雪もゼロなのです。。。観測では。。
あらん、これは何?
芽吹いているそばには、雪がまだ残ってますね。
002
 
 
 
  

 
 
これは、何の芽かな?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

最近、人に会うことが多くて、
また、
いろいろな話を聞いていると

人間というのは
どうしても苦しい方向に向かうように
できてるんじゃないか

思えてきます。

困ったときにこそ

「ま、いいっか!」

と、

思うと
気も楽になって
良いんじゃないかと思うんだけど、

なかなか、そうもいかないんだよね、これが。

よし、それでは、
みなさまに『ダンマパダ』をプレゼントだ!

====================
1 怒らないことによって怒りにうち勝て。
2 善いことによって悪いことにうち勝て。
3 わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。
4 真実によって虚言の人にうち勝て。
====================
(『ダンマパダ』17.223)

ストレートでいいですね。
わかりやすいしね。
覚えやすいしね。
心にしみるしね。
いいことばですよね。

。。。ただ。。ちょっと。。。

。。。実行するのが。。ね

。。。むずかしい。。だけ。。

そうなんだよね。
やろうとしても、なかなかね。。
聖人君子じゃないもんね。。。

どんないい言葉でも
杓子定規にとりあげて
金科玉条のように
押しつけられるのも

。。。ただ。。。ちょっと

。。。いやですよね。。

。。。余計なお世話だい。。ってなっちゃうね

自分でやろうと思ってたのに
人に言われると
やる気なくなっちゃうようなもん。

ほんとに、人間て
わがままでむずかしい生き物ですなぁ~

そういうとき、
どんな場合でもあてはまるのが、これでしょう。。

必殺の文句!

「ま、いいっか!」

お釈迦さんだって
「ま、いいっか」って言ってる。。。ほんと?

たぶん、このお話は「ま、いいっか」ってことだと思うんだけど。。。

修行をムキになってがんばって
あげくのはてに、行き詰まった弟子に
お釈迦さんはこう言った。

弦は張りすぎても弱すぎても
いい音がしない。
ちょうどよく張るのがよい。。

案外、「ま、いいっか」くらいに
やるのが、長続きのコツかもね。

やるなぁ、お釈迦さん!
。。。。いちばん、わたしの好きな教えだったりして(汗)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/23

春は心のクリーニング

横光利一の作品に
「春は馬車に乗って」ってのが
ありましたね。。ちょっと関係なかったです、はは。

さて、っと、春らしく明るい感じでいきたいな。
001
 
 
 
 
 
 
変わった角度でとらえてみましたよ。
では、こんな写真も。
002
 
 
  

 
 
 
 
春になって雪解けがすすむと
いろんなところが汚れているのがわかります。
道路はゴミだらけ、雪も泥で薄汚れて汚いわ。

さぁて、汚いのは、道路ばかりじゃない。

あなた、 「心」  が汚れてませんか?

春らしくクリーニングしてみませんか?
え?心もクリーニングできるのかって。

長年染みついてるんだよ、心の汚れは。。。
もう染み抜きしても、ぜったい落ちない。。。
真っ黒けの心なんだから、ぐすぐす。。。

こうおっしゃるんですね。大丈夫 V!!

頑固な、真っ黒汚れも
ザブにお任せ。。。真っ白けになるわよ。。。

ってんじゃなくてですよ、

あなたのように真っ黒な汚れも
だいじょうぶ、ちゃんと落ちるって、
経典に書いてあるの。

希望をもってよ、今、その経典を教えてあげるから。

その ありがた~い経典は『ダンマパダ』
二つ詩を読めば、ばっちりだから ねっ!

手間はかかんないわ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【第一章 ひと組ずつ】

1 ものごとは心にもとづき、心を主とし、
心によってつくり出される。
もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、
苦しみはその人につき従う。
――車をひく(牛)の足跡に車輪がついていくように。

2 ものごとは心にもとづき、心を主とし、
心によってつくり出される。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、
福楽はその人につき従う。
――影がそのからだから離れないように。

(中村元訳『ブッダの 真理のことば 感興のことば』岩波文庫)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この詩で、どうして、心がきれいになるのかって?

この詩は、じつは、じつは、希望の詩なのだ
ってことに、管理人は気がついた。。。

だってさ、喩えを見てよ。

汚い心のあなたは。。。牛
たくさんの苦しみの車を引っぱる 牛

とぼとぼ踏みしめる足跡に
車の轍がついて行く
深く刻まれて、あとをずっとついて行く。

だけど、ね、牛は車を引いてるの。

なんで、車をひくのよ。。ね、そうでしょ。

車を放して、おいていくなら
もう、苦しみは、なくなるわけよね。。

だからさ、春だし、すっきり、車なんか
捨てちゃいなよ。。車の轍は、あなたのあとをついて行かないから。

ねっ!!!

いっぽう、
きれいな心のあなたは。。。あなたのまま

清らかな行いをしているのに
でも、でも、なぜ、いつもあなたは、損ばかりなの。。
いいことなんて、いいことなんて、ちっともない。。。

ああ、ああ、そんなに悲観しないで!

あなたに、日の光が当たってないだけだから

暖かい春の、日の光のもとで
ほらっ、ね、くっきり影があなたのあとをついて行く

福楽は、いつも目立たないのよ、
お日様のあたるところで、
はじめて影が見えるように
日の光のもとで

あなたにしっかりとついて離れない福楽が見えるのよ。

だからね、そんなにがっかりしないでよ。
春はお日様いっぱいだからさ。

ねっ!!!
いい詩でしょ!!!(^_-)

~~~~~~~~~~~~

え?そうかなぁ、ですって。

うたぐりぶかいわねぇ。。

あのね、じゃぁ、

次のように考えると、
この詩が良い詩だって
もっとよくわかるから。

ちょっとやってみるよ。

~~~~~~~~~~~~

もし、この喩えが、1の詩と2の詩で
逆だったら。。。。。。と、トンでもないわよね。

悪事をなした苦しみが、影のようにつきしたがうなら
影が見えないように
もう、お日様のささないところ、日陰に生きるしかない。。

じょ、じょうだんは、よしてよね。
苦しみから逃れられないし、ね。

もし、福楽が、車の轍のようについてくるなら
あれ、車がはずれちゃった。。。な~んてとき
せっかく為したよい行いの結果も
一緒におっことしちゃうことになる。。。。

善いことしたって、そんなの関係ないよ。。。
どうせ、どうせ、わたしなんか、わたしなんか。。。ワーン(泣)

こうなっちまうのか。。。。

おしゃかさま、さま、 
適切な喩えを
どうもありがとう

だからね、ほら、
心はクリーニングできるのよ。

冬物クリーニングは、今三割引だし
あなたの心も、一緒に。。。どう?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/03/21

春ですねっ!

どんどん雪解けが進んで
ママさんダンプも、もうこんなありさま。

ママさんダンプというのは、雪かき道具だからね。
この黄色いヤツよ。001
 
 
  
 
 

 
 
春うらら。。ぱちっ!004
 
  
 
 
 

 
 
さて、道場も静かになってしまったので
少し勉強している管理人です。

しかし、今回は、いろいろ勉強になりました。
みなさま、ほんとうにどうもありがとうございました。

議論しながら、あわせて勉強できるのは
ほんと!ラッキーです。

『中論』も一段と雪解け。。ならぬ、解読がすすみました。
また、
チベット仏教の方面や、日蓮上人の生涯も見えてきました。

現実のチベットは
たいへんなことになっていて
心配ですが
人々とのネットワーク(縁起)をつながり(理法)として
真相が知られていきますように。
また、うまく解決しますように。

あらゆることを智慧の発露とすべし


なんとなく思ってるところ。


春だから
刺激を求める
管理人でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/11

たまたま論理学のすすめ

さて、もうお昼だけど

遅めのモーニングコーヒーでも飲みながら

いってみようかぁ!
 
034
 
 
 
 
 
 
 
さてっと、ゴータミー精舎日記の中で
 「ブッダと論理の微妙な関係・他」と題して、スマ長老さまの言葉があります。
 
http://gotami.txt-nifty.com/journal/2008/01/post_e4c4.html

真理と論理の関係や、龍樹についても、述べておられますが、それはパス。
この中で、今回取り上げるのは、ここです。

「ブッダの教えはたまたま厳密に論理的になってしまったのです」

さて、この意味は?

わたしは、このように解釈しました。
ブッダは論理学を作ろうとめざしたわけではない。
その意味では、たまたま論理的になっただけである。

このように解釈するなら

ブッダ論理学も、まったく同じである、といえます。

いつもいつも、ブッダ論理の姿をとるのではないのです。
この論理学は、ふつうは見えないのです。

たまたま論理的なブッダのおしえから出てきた論理学は、

たまたま論理学

という性格をもっているのです。
つまり、
いざというときだけ用いる非常用の道具なのです。

暗闇をてらすたいまつ
困ったときのへそくり
苦しいときの心の支え

難儀なときだけ、
姿を現し助けてくれるスーパーヒーローみたいなものかな。
ふだんは、ふつうの人なんだ。
ウルトラマンにたいするハヤタ隊員みたいにね。

難儀なときに、ブッダ論理学となって現れる。

じゃ、ふだんは、なんて言うの?
ハヤタ隊員のときは、ブッダ論理学には名前はないの?

あ、あるよ。。。ええっと、ええっとぉ。。。

「論理」というのは、ちょっとやさしく言うと
「道理」とも言われるよね。

だから、こっちがふつう、なの。
で、ふつうのときは、

ブッダどうり (道理)
ブッダどおり (通り)

という名前で、呼ばれて。。。ないけど、そう、呼ぼう。

いつ、ブッダ論理になるかと言うと

誰かが、
あなたに無理に意見を押しつけたり
あなたを苦しめるようなことを言ったり
あなたを悩ますようなことをしたりしたとき

この「ブッダどおり」は、
「ブッダ論理」に変身して
あなたに代わって
返信してくれる。

あなたは、こう言えばよい。

「わたしは、あなたの意見をとらない。
それは道理ではない」

苦しみを除くために
ただ否定したいとき
ブッダ論理学は現れる。

一方、

ほのぼの語り合っているとき
そこに流れているのは
ブッダのどうり。

誰も気がつかないけど
ちゃんと働いて
人々の心の流れを
スムーズにしてくれる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

自己を主張して出しゃばることがないのが、ブッダどうり。
ただ相手の意見を否定するだけなのが、ブッダ論理学。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こういう二つの要素を
うまく使うなら

苦しみはやってこないのさっ!
他人とぶつかることはないからね。
でしょ?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008/03/07

旅は記憶の底に、、雪のそこ

混沌と整頓のはざまをいく
孤高の管理人です。。。

混沌と整頓って、あんまりかっこよくないかな。

トンでそろえてみました。

カオスとコスモスの方がよかったかしら。。

どっちにしても、この世は、どちらの要素ももっている、ってことね。
一番、よくないのは、
全部カオスという状態ではなくて、
半分カオスで半分コスモスという状態だと思う。

中途半端なコスモスが
さらにカオスを増大化するんです。

まぁ、それはおいといて
飛騨の高山は、孤高のコスモス

雪と寒さが、統一感をもたらします。
041
 
 
 
 
 

 
 
厳しい環境と幕府の圧政に苦しむ人々を知るのはここ。 
天領(幕府直轄地)時代の役所、高山陣屋
寒さに震えながら、
農民一揆のありさまを読んで涙する。 
037

 
 
 
 
 
 
白川郷に行こうっていったの誰?
のろのろ運転の細い道。 
055
  
 
 
 
 
 
 
2時間かけて着いてみたら 
白川郷は、観光地でした。
そうだったのか。ちょっと、かなしいような。。

それでも、雪があると、いいですね。 
057
058
 
 
  
 

 
 
 
秘境のコスモスに
観光のカオスが押し寄せる。。。んだなぁ

 
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008/03/06

旅は遠い思い出

旅の思い出は過去のもの。

写真を少しあげて見ましょう。

これは、
海外で、日本庭園ナンバーワンに五年連続選ばれている
足立美術館です。
どじょうすくいで有名な安来市にあります。

見所満載です。横山大観の作品があります。
だけど、なんたって、庭園はすごい。
028
 
  
 
 
 
絵はがきが、本物になりました
といった方がいいかも。。 
 027
 
 
 
 

 
絵の世界さながら 
 026
 
 
 
 
 
あまりにも美しすぎる 
029
 
 
 
  
 

 
安来にきたら、どじょうでしょう。。。どきどき
どんなかな?
おそばにしてみよう。いる!泳いでる!
025
 
 
 
  
 
 

 
どじょうの甘露煮ののったおそばです。
ちょっと、かき混ぜて、どじょうを見えなくしてしまいました。
どじょうと目があったらどうしよう。。。って、思ったもんで。

食べたことのないものは、ちょっと勇気がいります。
あじは、おいしいけど、
どじょうなんですよ。。どじょうに、どうじょうする管理人です。

若干びびっているので
しゃれも決まりませんわね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/04

ごまかしでしょう。。?何のこと?

ブログのねたを見つけてくれる
優しい家族がいて
幸せだ。。。なぁ

っていうか、

問題だ。。。なぁ

っていうほうが、正しいかもしれない。
なぜなら

これだっ!

002
 
 
 
 
 
 
何ですか?これ。

ご・ま・か・し・・・・・・・

まさか、わたしにたいする
皮肉じゃないよね。。ね

ごまを飴で固めたお菓子ですから。
お菓子ですからね。
ごまの。

さぁて、ごまかしでも食べながら
論文でも書こうかな。

(それは、やめた方が。。。
ごまかしが、
こぼれて論文にくっつくこともあるかもよ、管理人!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/02

焼きそばラーメンとは、いかなるものなりや

久しぶりですね。
ブログももってる管理人です。

知ってたよ!管理人が忘れているかと思ったよ

って、言われちゃいそう。
旅シリーズも3と4まであるんだけど、
旅2で終わりそうな予感。

とにかく、「道場」にはりついて
書き込みあったら、間髪入れずにレスしよ、って
手ぐすね引いてる管理人ですけど

たくさんレスもつくし
ハードな書き込みが多いので

「ダメだ、出遅れる」
と、あきらめてきました。

掲示板へ出勤する管理人
仕事、はじまってなくて
よかった。

ひさしぶりに書いたのは、これのせい!
009

 
 
 
 

なんだと思う。

変なラーメン!

あたり!!

家族がインターネットで知った

焼きそばラーメン。

ソース焼きそばをつくって
ラーメンスープにそのまま放り込むという珍味。
絶賛のコメントあり!

みんなで、意を決して
作ることに。。。。

えぇ~、やだぁ~
といいながら

おそるおそる食す。

え、何?
フツーに
ラーメンのスープに焼きそばの入った味でした。

まんまじゃ。

わざわざ入れる意味ないね。

まだ、ほかに、
ホワイトソースと焼きそば
ってのもあるけど、やってみる。。

ううううん、別々においしく食べたい!

息子は、
「あんまりおなか減ってなかった」
といって、
途中で去っていきました。


食費が、二重に無駄使いだな、これ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »