« 旅 その二 | トップページ | 焼きそばラーメンとは、いかなるものなりや »

2008/02/22

バラタナティヤム

昨日は、知り合いの方からチケットをもらって
バラタナティヤムの公演に行ってきました。

佐藤知香子さんと、
お弟子さんの萱野真理子さんの
インドの舞踊です。

バラタナティヤムは、南インドの古典音楽をバックに踊る伝統の踊りです。

とてもすばらしかったです。
001
002
005
 
 
 
 
 
  
 
日本人の方でも、ここまでインドの精神を
表現できるのかとも、思いました。

けど、精神的なものは普遍だから
日本人もインド人もないかもしれません。

眼の動き、指の形、手の表情、足の運び、身のこなし
どれをとっても、
そこに、
インドの神(精神)が宿ります。

踊り子は
シヴァ神、ヴィシュヌ神、ガネーシャ神のフォルムを
とりながら

じつは、その中に
自分自身(アートマン)を
見ているかのようです。

踊りは、身体の動きの反映ではない。
踊りは、心の動きの反映なのです。

古事記をモチーフにした創作舞踊も
クラシックの音楽に合わせた舞踊も
まったく違和感がありませんでした。

DVDも出ていたので買ってしまいました。
このサイトの、一番最初の写真がそうです。

http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=111&p=35499

「無我」も説くけど「我(アートマン)」も説く。
しかし、対立するその思想の根底には
共通の 基盤が ある。

生類の幸せのために、という基盤です。

|

« 旅 その二 | トップページ | 焼きそばラーメンとは、いかなるものなりや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラタナティヤム:

« 旅 その二 | トップページ | 焼きそばラーメンとは、いかなるものなりや »