« 旅 その一 | トップページ | バラタナティヤム »

2008/02/20

旅 その二

あっという間に
旅から一週間近く経ってしまいました。

やばっ、もう忘れそうだ!

次の都市、多治見も陶器の町です。

ここには、虎渓山(こけいざん)永保寺という
禅宗のお寺があります。

民家が並ぶごちゃごちゃした町並みをぬけ
一歩山に入ると
あら、ま、ほんとの山道風です。
静寂!
お地蔵サンがたくさん。
016
 


 
 

今度は、静寂の林を
谷へと降りていくと
渓流が流れ、
寺院が現れます。
別天地ですねぇ。

「虎渓」という名は
中国の
廬山の虎渓に似ているから
つけられたんですって。

しかし

どうして、こんなに短い距離で
こんなに風景が変わるのか
信じられないです。
おごそかな空気が流れます。

山水天開画幽境

ここに草庵を建てた夢窓国師のことばです。

ここは、14世紀の中頃に創建されたのです。018


 
 
 
  

池の向こうから観音堂をみています。

座禅堂の中では、
春間さまが、座禅してるかも。。って、
思いながら外から拝観。

これは、開山堂です。室町時代の建築です。
Dsci0038ab
 
 
 

 
虎渓山の近くには
修道院もあります。 

といっても、
もう、街の見えるところにあって
ぜんぜん雰囲気がちがいます。
Dsci0040a

 
 
 
 
さあ、観光してつかれましたね。 

では、ウナギでも食べますか。
多治見には、ウナギやさんが多い。
で、
ほんと、めったに食べないけど、
食べてみることにしました。

焼いてあるので、かりっとして香ばしい。
おいしい!
014
 
 
 


 
 

多治見は、お寺と修道院とウナギのまち?
あれ、陶器のまちって、言ってなかったっけ?

|

« 旅 その一 | トップページ | バラタナティヤム »

コメント

春間さま

もう、ほんとに春間さまのテリトリーに入り込んで、すみません。
お知らせしないと怒られちゃうかなと思いましたが、用もあってばたばたしてましたので、今回は失礼してしまいました。

虎渓山にフランス料理店!!ですか。
おしゃれですねぇ~。
ぜんぜん気がつきませんでした。
裏から入っていったからかもしれません。

火事にあったのですか。本堂は新しい立派なものができあがる寸前でしたよ。それで、ずいぶん工事中のところが多かったんですね。

写真のご紹介もありがとうございます。
わたしの写真より、ずっといいですねぇ。
木の橋はもう渡れなくなっていましたよ。

虎渓山は、空き時間を利用して、訪れました。いいところですね。

ウナギは、ほんと、こちらの方がおいしいです。札幌のウナギも、関東風です。

そうだ!名古屋駅できしめんを食べなきゃと思い、さがしましたが、きしめんやさんが見つからずたべそこねました。

投稿: 管理人エム | 2008/02/20 16:39

ついでに、写真を紹介しておきます

http://homepage3.nifty.com/tabiwosumikatosi/starthp/subpage19.html

投稿: 春間 則廣 | 2008/02/20 13:57

虎渓山 永保寺

そうそう、いい忘れましたが、
お寺の本堂は、二三年前に、火事で全焼したのですよ

写真にある池は、構造上、類焼を免れたようです、、、、

ぐるっと、池の周りをめぐるだけで、
一時間は必要ですね
どうして、ここを訪れることになったのか、
不思議な気がします

投稿: 春間 則廣 | 2008/02/20 13:53

虎渓山 永保寺

残念 !

このお寺の向かいに、
私の親しい知人が、
フランス料理の名店を開いているのです
「 魯庵 」という名の店です
(確か、寺の借地だったはずです)

料理の鉄人で有名な坂井シェフの弟子で
とてもよい料理が出来る人です

店の中に、枝垂桜の大木を植えて、
花見の季節は、とてもよい雰囲気です

名古屋方面は、私の地元です
結構、顔が広いので
(単純に、大きい顔ということです)
今度、近くにみえるときは、お知らせください

愛知・岐阜・三重のことなら、
任せてくださいと、
「小」風呂敷を広げておきます

この辺りの、うなぎは、蒸さずに素焼きですから、香しくて、いいでしょ ?
東京方面の、蒸したものは、
私は食べる気になりません
(長崎の有名店で食べたものも、蒸してありました)

名古屋の繁華街のど真ん中に、日本で一番おいしいと信じる、うなぎの、古くからの名店があります

次の機会が、もしあったら、
お知らせくださいね、、、

押しかけて、邪魔するようなことは、
決していたしませんと
(心もとない)お約束をいたします

ちなみに、高山のうなぎはおいしいですよ
懐石は、もっとよいのですけれども、、、

本当に、紹介できなくて、残念で仕方がありません !!!!


投稿: 春間 則廣 | 2008/02/20 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅 その二:

« 旅 その一 | トップページ | バラタナティヤム »