« ブッダ派? それとも 龍樹派? | トップページ | 原稿は完了しましただ。 »

2007/08/19

管理人の深き悩みとは。。。ハァ

あっという間に、もう19日ですね。

へぇ、へぇ~、と、毎日ようやく生きてます。

なんでかって?

8月は、ずうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと
龍樹本の原稿を、細かく見直して
ミスをさがし続けておりました。

けっこう1日、それに費やして、
ようやく終わりに近づいてきたけど

ミスは、なくならない。

人間て、何で、ミスを犯すのでしょうか?

どんなに見直しても、気づかないところに
ひょいっと、あるんだもん。

って、

でも
その、ひょいっと、が、なかなかわからないんだよね。

それに、内容をチェックするので
ほんとにぐったりと消耗する。

龍樹とブッダは、ほんとうにキツイ!
ちょっとでも気を抜くと、
すぐわからなくなるし
ミスは出るし
つじつまあわなくなりそうだし
ちがう問題がでてきそうだし

いつも、ありとあらゆる方向から
検討していないといけない。

ふつう、これだけ見直せば
かなり自信もつきそうだけど

龍樹とブッダの場合は、ダメ。
不安がふえてくだけ。

見落としてるんじゃないか
見過ごしたんじゃないか
おかしいんじゃないか

一瞬、息継ぎにフッと気を抜くだけで
もうミスが出そう。

だいたいブッダや龍樹は
一つや二つの問題を
単発で考えてるわけじゃない。

一つの問題のひろがりに、
別の問題のひろがりが重なって
さらに、別の観点からの考察がからんで
というように
何重にも何層にもなって
それが、全体としてきれいに組みあわされているような
そういう問題群を考えている。

そんな複雑な構造のものを
どこからでも
いくつでも
考えることができるように
できている。

それにあわせろ、ってんですかい。
むりだい!

管理人は、

一つ考えたら
三つ忘れるように
できてんだい!(いばるなよ)

仏教って、仏教って、つらすぎる。。。。
休みは、もう終わっちゃうし。。。。
管理人の人生は、短いし。。。。
予習はしてないし。。。。
明日は月曜だし。。。。
仕事はとろいし。。。。
頭はわるいし。。。。


レポートの段ボール、開けてないし。。。。


けっきょく、これみたいね、一番問題なのは。

|

« ブッダ派? それとも 龍樹派? | トップページ | 原稿は完了しましただ。 »

コメント

春間さま

> その”当面の雑念”の一つに飛び込んでいくことです

これは、すぐできそうな感じです。たいてい「はっ」と気づくと、思いついたことに、ずうぅっとひっかかっています。

仏教では、瞑想は、絶対必要だとわかります。
瞑想しなければ、かならず迷走します。
糸玉がもつれている感じが、ずうっとあるときは、迷走です。

> 一つ一つの行いに、順序・価値付けを行うのは“自由”の領域ですが
> そのことと、すべて“平等”という概念は一緒のところにおかなければなりません

そうなんでしょうね。おそらく、この“平等”というバランスみたいなものがいるのじゃないかとは思ったりします。偏らない、というか、一味であるというか。

思考があらゆる方向に一定して広がってどこにも遮られず、どの部分にもぜんぶ意識が行っているとき、ぜんぶがわかるんだなとは感じます。うまくいくと、ディヤーナですね、これきっと。

投稿: 管理人エム | 2007/08/20 19:43

えび天サンバさま

まだまだ暑い日が続きますね。お元気ですか。

今日が原稿の締め切りなので、なんとか今日中に終わらせます。
っと言いながら、論の一部に穴を見つけて、「やばっ!」と修復中です。ちょっと変えるだけで、ぜんぶが動くので、諸行無常すぎます。

有と無は、「うっ」となったり「ムムっ」となったりと管理人の心境も表してます。

多少ミスがあったとしても、でも、ブッダ的世界というのは、お見せできるかと。
けっこう、おもしろいというか、世界が変わるというか、世の中、こんな風に見えるのかと、自分でも思ったりしています。

投稿: 管理人エム | 2007/08/20 19:31

管理人 エム様

>けっきょく、これみたいね、一番問題なのは

どれを一つとっても、取り上げたときは、そのことが、
一番の問題となります

座禅の中では、通常、色々な思考が、走馬灯のように浮かんできます
取り留めなく、流れていき、決して、一つの処に留まるということがありません

それらを「雑念」と呼び、それを抑えることはとても難しいのです

唯一とも思える方法は、それに気づいたときに、
その”当面の雑念”の一つに飛び込んでいくことです
うまくいけば、思考をコントロールして理を組み立てていくことができます
通常、追いかけると、その雑念は、霧散してしまいます
その時は、追うものが失われています
その状態を、続けることは、それほど難しくはないことです
その状態は、「空の状態」と呼びうるところのものです

はっきりした、認識を組み立てているわけではないのですが、
雑念と呼ばれる一つ一つの物は、
自分の(我執の)領域の中では、当価値です
基になるところに、(囚われている)常住の我(我執)があるからです
一つ一つの行いに、順序・価値付けを行うのは“自由”の領域ですが
そのことと、すべて“平等”という概念は一緒のところにおかなければなりません
この事を、通常の世界の中に持ち込むことです
普通、誰でもしていることなのですが、
座禅(瞑想)中だけ、特別に起こっているわけではないのです
(体を固定するから、分かり易いだけです)


「光陰矢のごとし」ではありますが、
I‘ve got time (Revolver ・ Tommorow never knows より)です
(参考)
http://black.ap.teacup.com/graham/6.html

投稿: 春間 則廣 | 2007/08/20 10:00

残暑お見舞い申し上げます。

先生の深き悩みを拝読致し、西洋学と東洋学
(雑学)という言い方を思い出しました。有と無
の立場の違いというのはまったく途方もないの
ですね。心中、お察し申し上げます。

投稿: えび天サンバ | 2007/08/20 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 管理人の深き悩みとは。。。ハァ:

« ブッダ派? それとも 龍樹派? | トップページ | 原稿は完了しましただ。 »