« 携帯するのは? | トップページ | 春 »

2007/04/13

哲学は あついぜ

昨日と今日と哲学の講義があって
最初だから、
はりきってしまいました。

哲学に必要なものは何か?

まずは、「頭」である。
次に、「ペン」である。

だから、学校に来るとき
頭とペンは忘れずにもってきてください。

よく「頭」、忘れてくる人がいるけど、
必須アイテムだかんね、忘れちゃダメよ。

頭を使って、「哲学する」とき、必要なものは何か?

なんですか?みなさん
先生、知識。

おお、いいですねぇ、他に。
題材

これもいいね、他にありますか。
睡眠

???授業中に居眠りはよして!
せんせ、ちがう、ちがう、
考える前に睡眠をとっておくんです。

なるほど。冴えた頭にしとくのね。他には?
経験

うん、いいですね。あとまだある?
わかりません。

あとね、わかりにくいけど、考えるときには
かならず、言葉がいるんだよ。
言葉で考えるのね。
言葉がなければ、じつは、
わたしたちは考えるということができない。

その他に、哲学するとき、必要なのは

自分に正直であること
真理を求める情熱があること
持続する力があること
注意深い観察力があること
真実を語る勇気があること

いやはや、自分で言ってても、ちょっとくさいすね。
青春の根性ドラマみたいになっちゃったよ。

ま、純情可憐な1年生にしか通用しない文句だけど
静かに聞いててくれるの、今だけだもん
このチャンスを逃すものかは。

では、今日の講義、柔道一直線 を終わります。。。

あ、まちがいました、哲学を終わります。。。でした。


|

« 携帯するのは? | トップページ | 春 »

コメント

ビックリ !

本当(?)のところを明かします

The world Is treating me Bad , misery

女性が絡むと、話がややこしくなるもんです

観音様が、女性でなくてよかった、、、

投稿: 春間 則廣 | 2007/04/14 21:46

えび天サンバさま

じつは、柔道一直線、って、見たことないんです。その頃、テレビなかったので。
なので、わたしの中ではスポ根もののイディアル・ティプスと化しておるのでございます(笑)。

> 空を飛んで道場の板壁をぶち破って 投げられる男の姿ですね。

そうか、教室の壁、ぶちやぶらないよう、気をつけますっ!

投稿: 管理人エム | 2007/04/14 10:52

春間さま

> The pen is mightier than the sword.

春は、高揚しますね。この言葉をもっとも信じたくなる季節です。

> 言葉は、自らへの暗示です

迷妄の世界へ導きます。。。とは、授業では、やっぱ、言えない。。。

その前に、

> ♪ The word treat me ba~d ,mi~sery  ♪

Without her, I will be~ in mi~sery  ♪

という世界がある。。。

となると、柔道一直線 になっちゃうか~

> ”柔道一直線”は、ないんじゃないのかなー 、、、

やっぱ、春ですから、、、

投稿: 管理人エム | 2007/04/14 10:44

柔道一直線を知る世代に浮かぶのは、空を飛んで道場の板壁をぶち破って
投げられる男の姿ですね。あな恐ろしや(笑)。

投稿: えび天サンバ | 2007/04/14 07:34

The pen is mightier than the sword.

適度な睡眠
(できれば、暁を覚える程度の睡眠)

Beatlesの歌詞に misery というものがあります
♪ The word treat me ba~d ,mi~sery  ♪
言葉は、自らへの暗示です
選んで使えるとよいですね

”柔道一直線”は、ないんじゃないのかなー 、、、

投稿: 春間 則廣 | 2007/04/13 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学は あついぜ:

« 携帯するのは? | トップページ | 春 »