« 管理人はつらいよ | トップページ | 驚き・疑い・自己、そして、悪魔の話 »

2007/04/21

哲学は、驚きからはじまるのさ

怒濤の一週間を終え
とりあえず、ホッと する管理人です。

ホッとする暇無いだろ。。という心の声に
ホッとくらいさせてよ。。と抵抗しています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨日は、若い諸君と、哲学問答してきました。

あなたが生きていく上で大事に思っていることはなんですか?

この問いに、答えて

・人を信じる 
・人とのつながり、友人、家族…自分がかかわるすべての人
・温故知新 ・お金 ・やる気 ・愛情 ・自分を大事にすること ・思いやり
・感謝の気もち ・空気 ・目標に向かって努力する 
・一つの考えに固執しないようにする ・家族 
・愛と規律と正義 ・自分の意思や個性を大事にする 
・生きているということ ・信じる心 ・優しい心 
・ポジティブに考えていく

いろいろ出たんです。

で、みんなに意見を聞いていったら

すごい、「やる気無いぞ」オーラを発散している子がいて
その子が「だりぃよ、せんせ!うざい」という態度満載で

感想は
「何も無い」
といいました。

わたし、もう、こういう子、好きなのよ。。じつは。
で、ちょっとかまって遊ぶ。

「何も無いですか?そうですか。
じゃ、あなたの意見はこの中にありますか」

「あります」

「じゃ、生きていく上で大事なこと、って、なんと書きましたか?」

「『やる気』 です(やる気ゼロの態度で)」

噴きだしそうになるのを必死でこらえ
「それじゃぁ、哲学についても 『やる気』出してくださいよ」

「それはできません(だりぃ~という感じをだそうとつとめつつ)」

ダメだよ、そんなとこで、カッコつけようとしても、えへっ!
かわいいなぁ、若い子は。

んで、もう一人。きりっとした子です。 

「ぼくは、この、『自分を大事にすること』と書いた人は、
自己中 なんじゃないかと、思います(はきはき)。」

「えっ?そうですか?そりゃぁ。。ちょっと。。ないと思いますが。。」

「ぼくなら、こうは書きません」

「え?そうですか?あなたは、なんと書きましたか?」

「『思いやり』と書いたのが、ぼくの答えです」

まるっきり、思いやりのない意見を言う君が、『思いやり』かぁ、と、
思わず、また噴きだしそうになるが、ここは、
ちゃんと言わなくちゃと、しっかりフォローすることにする。

「この『自分を大事にすること』と書いた人のことを
もう少し考えてみてください。

あえて、こう書かなければならないということは、
なかなか積極的に自己を主張できないから、
こうなりたいと思って書いたと
考えられないでしょうか。

先生や家族や友達に「こうしろよ」とか
プレッシャーかけられると、
嫌と言えずに従ってしまったりする
おとなしいタイプの人だと
『もっと自分を大事にしたい』と
思うのじゃないでしょうか。

君は、そうではないでしょ。
もっと自分を主張できますね。」

「そうです」

「だから、他人を『思いやろう』と
積極的に他人に向かっていけるけど
この人は、たぶん、そういうタイプではないのでしょう。
君のような人をうらやましいと思って、君のように
なりたいと思っている人だと思いますよ」

へぇ、という顔をしている。
けっこう、ビックリしてるみたいだ。

そしたら、他の子が
「わたし、自分を大事にしたい、と書いたんですけど、
先生の言うとおりです」
と、言いました。

「思いやり」の君は、他人を思いやるようになったかな?
「やる気」の君も、他の問題にも答えて書いている。

いやはや。。。なんとも。。
今年もいろいろあるぜ、って感じです。

哲学は、驚き! から、はじまるんだから ねっ!

せんせ も、なんだか おどろいちゃったよ。。


|

« 管理人はつらいよ | トップページ | 驚き・疑い・自己、そして、悪魔の話 »

コメント

カラスノエンドウさま

あ、そ、そうなんです。。詳しいんです。。って、うそです(笑)。ぜんぜん詳しくないです。

いや、ほんとは、これは、誰が言ってたっけなぁ。。って、首をひねりながら書いたんです。
どっかにあったと思ったけど。。どこでしょ?ぜんぜん浮かびませんでした。

ありがとうございます。そうか!これから、出典もしっかり覚えて「詳しいですね」って言われるように、がんばりますっ!
カラスノエンドウさまのおかげです。

パトスは外からやって来る、うん!これもしっかり肝に銘じておこう。パッシヴなのね。

投稿: 管理人エム | 2007/04/21 21:13

エム先生

先生は、ギリシア哲学にもお詳しいですね。
とっくにご存知かもしれませんが、出典先を一応あげてみます。既存の日本語訳がしっくりこなかったので、拙訳です(汗)。

「すなわち、驚くことこそが哲学者の感情(パトス)である。このほかに哲学のはじまりはないのである(プラトン『テアイテトス』155D)」

パトスはやっぱり外からやってくる感じです。

投稿: カラスノエンドウ | 2007/04/21 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学は、驚きからはじまるのさ:

« 管理人はつらいよ | トップページ | 驚き・疑い・自己、そして、悪魔の話 »