« 諸行は無常なんですけど。。 | トップページ | 『ブッダの実践心理学』第三巻 出ました。 »

2007/04/28

梵天、梵天、ぼんてん、ぼんて。。。

今日は、朝日カルチャーセンターで
お話ししてきました。

ここにお知らせを書こうかなと思いましたが
昨日は
ぜんぜんうまく話せる自信がなかったので

お知らせする勇気が湧きませんでした。
終わってから、お知らせしよ、って思ってね。。へへ。

で、今、お知らせしてるとこです。

で、ゴータマ・ブッダのお話でした。

ほんと、自信なかったのよ。。。

なのに

口を開いたとたん
話が止まらなくなり
1時間35分ノンストップで
しゃべって
「もう終わりなんですかぁ」と
未練たらしく
やめる羽目に。。。

ったく、どういう性格なんだろ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

仏伝などで、よく現代人にとって解釈しにくい内容が
書かれていると

後代の編纂者が
神話化をはかった

などと言われます。

最近、このような意見は
どうかなぁと思うんです。

そういう解釈は
自分たちにとっての
整合性を優先させたものであ~る。

ちょっと理解できないからといって
すぐ否定してしまうのは
問題ではなかろうか。。

たとえば、
成道後に、教えを説く気持ちがなくなっていくお釈迦さんに、
梵天が
「世間は滅びてしまう、どうぞ教えを説いてください」と
頼むところがあります。

これは、お釈迦さんの胸の内に実際にすばらしい発想が
起こったということで
それを、経典の文学形式としては
このような言い方をとるのが常套であるっと
増谷先生はおっしゃいます。

「文学形式としてこういう言い方をする」というのも
なんだかわかったようなわからないような。。

梵天が出てくると、まずいですかね。
非合理的に見えるのかしら。

心に重きを置く 
ブッダの思想は

ものにのみとらわれる
現代人には
なかなかわからないところがある。

だから
そのことをよくわきまえて
書いてあることは
とりあえず
そのまま読むとよいのではないか

思います。

そのうち、自分の理解が深くなると
納得できるようになるかもしれないしね。
すぐ説明をつけてしまう必要はないような気がする。。

最近、現代人の「もの」にばかり執着する
その心のありようの方が
なんか、変だ と思うのでした。

なんせ悟ってる人なんだからね!ブッダは。

悟りのことなんか
何にも知らないのに
何で、梵天が出てくるのが
おかしいなんて言えるのか

しみじみ考えると
そっちの方がよっぽどおかしい。。。

と、
過激に思うのでした。

この意見、
自分じゃ
すんごく正論のような気がするんですけど、
おかしいかしら?どう?

だってね、

梵天、梵天、梵天、梵天。。。
ほらね、言ってると、変じゃなくなるでしょ。。

慣れると、梵天も出てくるんじゃないか、って
そんな気がする。。。変?

|

« 諸行は無常なんですけど。。 | トップページ | 『ブッダの実践心理学』第三巻 出ました。 »

コメント

莓矢毒蛙さま

もう、歌が終わるまでずううっと笑っていました。。。笑いすぎで管理人も転がりそ。。

映像が、親近感ありすぎです!
同じような河原は、いっぱいありますもん。

梵天が雪まみれで登場かぁ。。。。(思いだし笑い)

投稿: 管理人エム | 2007/04/30 17:09

宮本浩樹さま

> 言葉でもってありとあらゆる出来事を仮作するのです。

龍樹は、言葉の使い手だからなぁ。。
幻術師が、大道で象や馬を幻術で出すようなものですね。
オンライン上で見たい!

投稿: 管理人エム | 2007/04/30 16:59

ローレン、ローレン、ローレン

ローハイドの曲に合わせてブラフマンが登場するのはどうでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=grO8nl5rses

投稿: 莓矢毒蛙 | 2007/04/30 14:45

ええ、龍樹が蓮池に浮かぶ敵対者を六牙の象に化身して打ち破った話もこれは本当の話だと、僕は思っています。
こんなことは可能です。
言葉でもってありとあらゆる出来事を仮作するのです。
設定するといってもいいです。
オンライン上でもできます。

投稿: 宮本浩樹 | 2007/04/29 23:56

春間さま

もう、削除してしまわれましたか?

(油断したな、管理人!)

投稿: 管理人エム | 2007/04/29 17:24

カラスノエンドウさま

クールなご意見に、われにかえった管理人です。
説明不足でしたか。申しわけありません。
「もの」と「こころ」の対比は、常日頃意識しているものですから、どうも自然に飛躍してしまいます。
わたしの考えですが、現代人はどちらかと言うと、唯物的な考え方をしていると思います。科学で追求されているのは、物質であって、物質の分析や検討はたいへん進んでいます。一方、「心は脳の作用」という解釈に代表されるように、心であっても「もの」を通して解明され、「心」というものを直接そのまま取り上げようとする姿勢はないようです。
仏教に関心をもつようになって思ったのは、現代の科学的な見方をそのまま「もの」ではなく「心」に移し替えると、いわゆる「仏教的」という見方を身につけやすいのではないかということです。「もの」を分析して素粒子の段階にいたるように、「こころ」を分析・検討していくと、意識の微細な流れが見えてきます。

たんに比喩とか文学上の修辞的な技法ではなくて、経典に書いてあることは、「心」の因果的な反映であるという気がしてなりません。
成道ののち、この段階、このタイミングで、梵天がでてきて法を説くように勧請するのは、世界がただ意識の流れであると見るとき、必然的なことなんだろうと思うのです。
欲界と色界と無色界の区別も、現代人はつけられません。普通は欲界しか知らない。でも、仏教では、三つを区別します。区別できるってことは、ちがうってことで、そのちがいを見つける根拠になるのが、「心」だと思うのです。なかなか説明しずらいのですが。
禅定などを経験して、そこからでてくる心の世界なのだろうと思います。

また、あまり気がつかれていないのですが、仏教では、修辞的な技法というのは、制限されているのです。
つまり、こころを扱うと、喩えていっているのか、そのまま、説明しているのかわかりにくいからだと思います。
認められるのは、直喩です。「心が動くのは、迅風のごとくである」というように使います。たくさん出てきます。
でも、隠喩は認められていないと思います。たとえば、有名な説法ですが、ガヤ山で1000人の比丘を前に「すべては燃えている」とブッダが述べたことがあります。「眼は燃えている、眼の対象は燃えている」などと続きます。これは、ちょっと聞くと隠喩のようですが、さらに説明して「貪欲の炎によって燃えている、瞋恚の炎によって、、」と説明されます。これを聞いていると、たんなる比喩と受け取ることは、ブッダの真意を損なうことになると、実感されます。
1000人の弟子たちを前に山上にたったブッダが、「すべては燃えている」と述べたとき、やっぱりすべては煩悩の炎で燃えているのだとそのまま理解すべきだと思うのです。
そのあと、「一切を厭いはなれよ、そうすれば、解脱を得る」と述べたら、1000人の新入りの比丘はたちまち心が執着を離れて解脱した、と経典にあるのです。
じっさい、「眼など一切が燃えている」と知ったから、それを離れ解脱できるのでしょう。
たんなる喩えだと思っていたら、名演説に拍手はできても、解脱は無理なんじゃないかって、思うのです。

文学作品などとはちがって、仏典は、解釈がとても微妙だと思って、簡単に、文学形式だからなどと言えないように思うのです。

投稿: 管理人エム | 2007/04/29 17:12

えび天サンバさま

ところてんやえび天が現れたりしても、それはそれで納得でき。。でき。。で。。き。。う、やっぱり、ちょっときついですか(笑)。

投稿: 管理人エム | 2007/04/29 16:20

質問をお許しください。

現代人が「もの」に執着するのと、梵天の話を合理化してしまうことが、どのようにつながるのでしょうか?
自分の理解できる範囲にはめこもうとしているだけで、「もの」と「こころ」はあまり関係ないように見えるのですが。
「文学形式」というのは、「もの」なのでしょうか?まさに、「こころ」をあらわすための表現手段だと思うのですが。
 戦前の学生は東京の大学に行くと荷物を先に送っていても「笈を背負いて駅に立てば」と書き、休暇のたびに実家に戻っていても「学ならずんば、死すとも還らず」と書いたそうです。前者はただの慣用的な表現、後者は決意を表すだけで、ほんとに笈を持って行ったり、落第したら自決したりはしません。古代西洋の叙事詩でも、「戦場の遺体を野犬が食べた」というような言い回しをしますが、これも戦いが激しかったと言っているだけで、ほんとに犬の群れが出てきて死体を食べたりはしません。やはり「こころ」に訴えかけるための常套句です。

投稿: カラスノエンドウ | 2007/04/29 12:32

ところてんやえび天ではなく、梵天だった、
というところがミソですね(笑)。

投稿: えび天サンバ | 2007/04/29 09:41

宮本浩樹さま

そ、そうですかっ!!!
そうかぁ。。
おかしくないのかぁ。。むふっ

ぼんてんぼんてんぼんてんぼんてん。。。

投稿: 管理人エム | 2007/04/29 08:51

作ってみたら、長くなったので、
マジカル・ボードに貼り付けておきます

投稿: 春間 則廣 | 2007/04/29 01:25

それ、おかしくないです。
ちっとも。

投稿: 宮本浩樹 | 2007/04/28 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梵天、梵天、ぼんてん、ぼんて。。。:

« 諸行は無常なんですけど。。 | トップページ | 『ブッダの実践心理学』第三巻 出ました。 »