« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/27

落ち込んだカメの話

アクセス数: 44 (前日値:131)
訪問者数: 22 (前日値:61)

昨日は、落ち込むだろうと、
ノストラダムスのように予言して
しまいましたら、

ほんとに
どお~っと
落ち込んでしまい
ほとんど
龍樹本手つかずでした。

明日まで待たずに落ち込んだので
今日になったら
また、もとにもどっていました。

なんだ!
回復しちゃったよ。

ご心配かけてすみません。

あ、心配する前に直ってた、ですって。

ご心配かけなくてすみません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、いいモンですわ。

癒し効果のある学問を
研究対象にしていると

研究しながら癒されてきますもの。

しかし、
仏教って、変なものだなぁ。。
あんだけ
無常だ、無我だ、空だ、なんだかんだ

否定ばかりが続くのに

それ聞いてると
だんだん
元気になってくる

「否定」の効果って、否定できないわ。。ね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カメはすすむ
のろのろ   6%くらいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

お仕事じゅんちょーですか?

働き者の「あくせくアクセス解析」くんです。
これは、昨日の分ね。

アクセス数: 131 (前日値:64)
訪問者数: 63 (前日値:40)

さて、さて、龍樹カメは、順調に進んでいる。
あくせく
あくせく
あくせく

で、龍樹本 4.5%

*ずいぶん、細かいですね。4.5の0.5ってのは?

これは、
ほんとは
5%と書くところなんだけど、
どうせ書き直すだろという分を
あらかじめ
引いてあるのだよ。
良心的なのだ。

*そういうもんですか?

そういうもんである。

*いま何書いてんですか?

龍樹の本である。

*そりゃわかってますよ。
*書いてる本の中身ですよ、聞いてるのは。

だから、答えているのである。
龍樹の『本』について書いているのだよ。

*何だ、まぎらわしいなぁ。
*龍樹がどんな本かいたかってことね。
*じゅんちょーですか?

じゅ、じゅんちょー×じゅんちょー×じゅんちょー
なんか、どこかに落とし穴でもあるんっじゃないか
って、思うくらい、じゅんちょー!
だから、きっと、明日は
ちょー落ち込んでる…って思うのだ。。。

*そ、そうですか?
*わけのわからない思考回路をしてるんですね。
*それでは、お仕事がんばってください。
*以上、マニカナ氏の汚い仕事場より
*インタビューでした。

*インタビュー氏のひとりごと*
インタビューするまでもなかった…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/25

『大アジア思想活劇』だい!

あくなき追究システム、アクセス解析にも
あくいなく、あきちゃう われです。

でも、先週から今週にかけての分を
あげてみよう。
前の数字が訪問者数、あとの数字が、何だっけ、
あ、アクセス数でしたね。

2006年8月18日(金) 62,147
2006年8月19日(土) 60,139
2006年8月20日(日) 49,105
2006年8月21日(月) 54,109
2006年8月22日(火) 50,97
2006年8月23日(水) 49,68
2006年8月24日(木) 40,64

フム。
読者の気持ちがよくわかるわ。

ぜんぜん、更新しない気だな、管理人。
あくせく、アクセスするのは、やめよ、っと。

こんな感じかしら。
みなさま、ごめんしてケロ。

間歇的に更新されちゃうのよ。
このブログ。

なぜ、ブログ書いてるかというとね。
龍樹本にとうとう突入したからよん!

「はじめに」を書いたからね。
カメ前進 2%

あと、本文だけになった…

    …… ……

バカメと言わないでください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、このたびは、
コンビニを通じまして

佐藤哲朗さまの御著『大アジア思想活劇』

頼んでみました。

明治
それは、近くて遠い。

わたしたちには、つい昨日のことのよう
だけど
もっとも忘れられ顧みられない
われわれの知識からすると
暗い時代

そんな激動の時代
近代アジアを生きた三人

ほんとに忘れられてる三人に注目した
筆者はえらい!すごい!ブラボー!

京都生まれの講談師 野口復堂
アメリカ人の神秘主義者 オルコット大佐
スリランカの民族主義者 ダルマパーラ

近代仏教を中心に、
それにかかわる
三人の行状を
さまざまな歴史的視点をおりまぜて
取り上げた

文字通り

思想活劇

という「歴史書」です。

はらはらドキドキわくわくの
講談調にのせられながら
ついつい読んでしまう。

あっち飛びこっち飛びして
でたらめに読んでしまうが

それもこれも
開いたページが
読者の目を釘付けにするので
読まないわけにはいかなくなって
しまうのだわよ。

と、
おもしろく書いた著者のせいに
しちゃお。

とにかく
完全に全部読んだかどうか
自分でもわからないように
なってしまいましたのじゃが

感想を一言。

この本、とにかく
あらゆる点で
一級品です。

おもしろいという点で一級品
人物にせまるという点で一級品
歴史的な考察という点で一級品
仏教の理解という点で一級品
文献資料の豊富さで一級品
文献資料の扱いも一級品

最後に
この本自体が
貴重な歴史的資料として
残るだろうという点で
一級品

うううん、何といったらよいか

西洋の客観的な歴史記述と
インドの主観的な因縁伝とを
あわせもつ
壮大なスケールの
歴史書

と申し上げます。

ぶらぼー!

なんて言ってないで
あんたも早く
書きんさい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/19

学者は根性

本日午前8:26

アクセス数: 20 (前日値:147)
訪問者数: 10 (前日値:62)

昨日は帰札していた息子が戻っていった。
なんかずっとご飯作っていたような気がするなぁ。
10日居て2キロ太ってた。
この2キロで今年の後半乗り切れっ!
と言っておきましたっ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それにしても
昨日は一日龍樹にかかれて幸せだったわ。
トンネルも抜けられそうな気がしてたんだけど

がーん

昨日の夜のメールで気がつきました。

今日、仕事だった。
日程が変更になったような気がして
勘違いしてました。

今年は、ほんとに「本」運がないなぁ、ハァ…
なに?
「本」運て?

「本書く」運のことよ。
それに
「勉強」運もない。

8月でまともに勉強できたの
2日しかない(涙 涙 ポトっ)。

もう、そろそろ
奥の手を出すしかなくなってきた…

何ですか。奥の手って?

わたしの得意、睡眠学習よ。
いざとなったら、これでいくか。

なんかあやしいっすね。

あやしかないわよ。
つまり、ね
常時考えるのよ!
だから
半分寝て半分考えるの。

昔「暁体験」と言ってたヤツです。
暁は、じっさいの夜明けである
と同時に
勉強においても黎明であるのです。

言い換えれば、
夜明けに龍樹がやってくるわけネ。
おみやげもって…もってこないこともあるけど(またまた涙)。

龍樹と言えば
梶山先生の本と安井廣済先生の本を読んで
混乱しつつも
感動する!

梶山先生は、自分とはちょっとちがうところもあるけど、
あの透徹した論理性には
ほんと癒される。
ああ、ここにいればこわいものはない
という気がして安心する。
先生の悩みはわたしの悩み
学問の故郷、癒しのゆりかご(わけわかんない文です)。

安井先生は、ぜったい妥協しない!
クールにとことん攻めてくる。
どうだ!見たか、
これが文献学ってヤツだぞ、
って文体が言ってます。
そこで、つい、
そうだ!いけぇ~、とか
思ってしまう自分がこわい。

仏教の学者は
「経典には負けない」
という
根性もたなきゃ
やってられんです

なんて、興奮してないで
仕事の予習します、ハイ。

あ、龍樹本ですか?
カメの歩み -10%
それでも進んでるとこ
かわゆいカメじゃん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/17

仕事は影のようについてくる

アクセス解析に久しぶりに行ってみると
こんなでした。はじめの数字が、訪問者数で
次の数字がアクセス数だと思います。

2006年8月10日(木) 97 192
2006年8月11日(金) 88 153
2006年8月12日(土) 49 97
2006年8月13日(日) 45 81
2006年8月14日(月) 53 98
2006年8月15日(火) 47 92
2006年8月16日(水) 58 106

10日と11日で更新していないことがわかって
みんな来なくなったのかしら。
それでも、50名もいるのだから、すごい数ですよね。
ゴメンね、みんな。

忙しかったんだよん。
この一週間で、だいぶ仕事を片づけました。

…龍樹本以外…です。
ああ、みんなの目線がイタイ!
早く書けぇ~~、こらぁ~

と言われているような気がしてならない今日この頃。

龍樹本進捗状況
カメの歩み  -20%

急に近づいてきましたね。

だ、だって、こわいんだもん!

どうでもいいから
まず、書くべし、っていう気になってきちまったんだい。

何とかまとまって10日ほしい。
10日あれば、けっこう…

書けるって?

いや、そうでもないかもしれないけど、
とにかく自分のお尻を自分で押せる。

実は、期限過ぎた試験の採点、まだできてない…
これをやらなきゃ、
どんな目にあうかわからにゃい!
電話の催促はまだ来ていないけど、
もうすぐ…来るぞ…
わたしの予感は
よくあたる…

でもさ、この前の講演の筆録は作ったので
そっちの方は、少しホッとしてるのよ。

これ、そのまま龍樹に代用して…
こらぁ~、まじめにやれぇ~

すみません、すみません

じゃ、やります、今日のお仕事

開始っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

暑いですわよ

本日午前10:20なり。

アクセス数: 72 (前日値:202)
訪問者数: 38 (前日値:106)

ああ、昨日は、更新してないのに、
こんなにたくさん人がきている。

油断すると、すぐこうなるのね。
アクセス解析って、誰が考えたんだろう。

知らないと幸せなのに、ね。
知ってしまうと、背後霊のように
とりつかれるのね。

===================
さて、龍樹のカメ  -70%

あいかわらず何も勉強できてないけど
どういうわけか、覚悟がかたまってくるので
開き直るというだけで、出発点に向かうのです。

ちょっとおそろしいすね。
===================
先日、澤根哲郎さんの
『会社がみるみる変わる 戦略マップ バランス・スコアカード実践活用法』
(略して『戦略マップ』)を買いました。

会社経営するんですか?

まさか!

インド哲学の後輩の人なのです。
特異な学科、インド哲学の中でも
特異の人で、インドの奥地に探検に行ったりした
おもしろい人なのです。

忙しくて
少ししか読んでいませんが
会社経営の本なのに、
なんとなく
インド思想の香りが
ただよってくるような…

そして、簡潔に要点をまとめるという点で
勉強になる
そんな本のような…です。

全部読んでなくて、ゴメン。
ほんの最初だけですが
講義の参考にしようと
チェックして
備忘録の中に入れました。
後でゆっくりね。

なんとなく
何してもあせってきますわ。
とりあえず
仕事は、四つか……トホホ

それにしても
暑いです!

先日、白クマが雪の穴から顔を出し
雪面をすべって転げ回ってる
映像をテレビで見ました。

来世は絶対白クマに生まれたい!
ああ、気持ちよさそう!
ブリザードが顔にやさしい北極の雪原。

かき氷の中で暮らしてるようなもんだ。
うらやましい……

ああ、それにしても、あつっぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/08

幻想の果てに

本日 午前9時37分

アクセス数: 47 (前日値:152)
訪問者数: 25 (前日値:71)

龍樹のカメ   -80%

昨日は、息子が帰札したので、ばたばたする。
これで全員集合!となりました。

一つも勉強できなかったけど、
なぜか-80%にいたる。
少し、龍樹が見える…希望が出てきたぞ

それはいいけど
しかし、夏休みに賭けてたのは
どうも誤りだったような気がするわ。

だって、また、答案が届いたんですもの。
一週間で「やれ」と書いてありました(めそめそ)。
もう一つの段ボールの答案は、まだ未開封。。。
みんなが、
「どうすんの、これ、じゃまだよ。
ここに一生おいとくの」
とか、おそろしいことを言う。

それに毎日これから三食、みんな食べるわけよね。

子どもは夏期講習で学校に行くしなぁ。

図書館からは、「本返して」だって。。。

うう、追いつめられてきた感じがするわ
ひしひしと。。。


わかったわよ、悟るわよ。。。
真実に目を向けるわ。

わたしの夏休みって、幻想でしたっ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

本を書くって、さ、…

本日12時38分のアクセス解析くん

アクセス数: 48 (前日値:114)
訪問者数: 29 (前日値:61)

龍樹本
カメの進行は?  -90%

ほんとなのかな?
ようわかりません。
進んでるのか後退してるのか?

時間は足りないすよぉ。
ああ、この先、秋の泥沼が待っているような…
実りの秋に向かいたい!

赤裸々な自分としては…

本に書くのは、本に書くのは…

真実だけですよぉ、
三浦先生ぇ…

「学術書には書けない怪しげな主張は、
そういう本の中で発表することにしています」
http://8044.teacup.com/miurat/bbs(三浦掲示板8月 6日(日)02時53分29秒)

とおっしゃいますが、
この「怪しげな」というのは、三浦先生流のレトリックですよねっ。
読者をだますという意味じゃないよね。

わたしは、
学術書に書いたことと一般書に書くことは同じだから。

そのときわかった最善を尽くす、
学術書にないことも一般書に出ることは大いにある。
って、いうか
一般書には力が入る。

学術書は、専門家の深い知識で自分の未熟さを補って読んでもらえる。
厳しい評価と共に、書いてない可能性も見てくれる。

一般書は、読者の期待に応えるものをどれだけ自分がもっているかだ。
書いてあることのほんの部分で評価は下される。

それぞれの人の関心で本は読まれるからね、仕方ないのよ。

知りたい人には、どこまでも深く知ってもらえるような、
そんな本が書きたいな。。。

龍樹の『方便心論』みたいな…うっとりぃ…

(管理人!おい!まずいよ、それ!
夢見てないでさ、しっかりしてよ

それ … 誰もわかんないじゃん!)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2006/08/05

起き抜け日記

進まない「龍樹本」
カメの歩みとしては、8月3日 -100%

昨日終了時のカメ   4日午後12時  -99%
本日突入時のカメ   5日午前 0時  -95%

4日の午後12時は5日の0時と、
一緒ではないだろうか、
という人がいるならば、

それは、甘い!

日々、人間新たなのである。
日が変わった瞬間、
そだ!やっぱりこれだ!ってのを
ちょっと見つけたのです。

最近の三浦某先生の掲示板での
間接的なやりとりも影響してるかな。
どうかな?

もう少し練らなくちゃね。

よし!今日は、じっくり、『中論』でも読もうかな…

って、

大丈夫なんですかね。
今ごろ『中論』ですか。

でも、昨日読んでたのは、パーリ仏典だったんだから、
だいぶ前進したっち。

さ、がんばりますわ。
じゃね。

あ、忘れてた。午前9時07分現在のアクセス解析

アクセス数: 18 (前日値:138)
訪問者数: 14 (前日値:69)

アクセス数(138)は訪問者(69)の倍というのは、固定したようだわ。
ぴったんこ倍で、お見事!アクセスくん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

行うは、行うは…あつい

今日のアクセス解析、午前11時36分

アクセス数: 49 (前日値:207)
訪問者数: 27 (前日値:98)

だいたいみんな二回ずつ来てるのかな。
更新できてるので、心は穏やかよん。ふふふ

~~~~~~~~~~~~~~~~

しかぁし、毎日暑いですね。

息子が東京みやげに

お茶を四種類買ってきてくれました。

ヨモギ茶、スギナ茶、柿の葉茶、びわ茶

このうち二種類と番茶を、それぞれ大さじ一杯ずつ
やかんに入れて、わかしては飲んでいます。

柿とびわの組み合わせは、癖がなくて飲みやすいです。
スギナとヨモギはちょっと香りが草餅でかすかに苦みもある。

「でもさ、大半番茶の味だね」
「もう少し、ブレンドの割合変えたら」
「もう少し濃く出してもいいよね」

みんな好きなこと言ってなさい!


言うは易く、行うは、行うは、

行うは… 熱いっちゅうの

火のそばにいるだけで、死にそうだよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

カメはアキレスに追いつけるか

本日、午前9:31分のアクセス解析より

アクセス数: 45 (前日値:137)
訪問者数: 28 (前日値:75)

訪問者の中に管理人1名あり。

分析:
アクセス数が飛躍的にのびているな。
でも、訪問者は昨日と同じ。
これは何かな?
同じ人が二回来たりするということでしょう。

というか、
管理人が、おもしろがって
何回も行ったことによる影響ですね。
出たり入ったり、ってのを10回くらいは
やってしまいました。

アクセス解析は正しく反応しているようだ、フム。

などと、バカをやっていないで、

=========
龍樹本はじめなさい!
=========

無宗ださまから、
きつーいつっこみいただいてしまいましたで…
(昨日、コメント欄参照)

なさけないことにけっこうぐちゃぐちゃなんですわ。

思ったときにはじめられなかったので
それから、次々問題はでるわ、
読まなきゃならない本は出るわ。
最初の目次は、チャラにして、もう一度作り直しだ。

カメの歩み
本日開始 -100%

アキレスじゃなくて、アキレタですか、そんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

こわい話って、これですか。

ココログでアクセス解析というのがあると教えてもらう。

何ですか?それ?

何人くらい訪問してくれたかわかる装置なのです。

さっそく行ってみてみる。

アクセス数: 57 (前日値:92)
訪問者数: 39 (前日値:72)

これは、今日の午後2時までの数だからね。
だから、昨日より少ないのよ。

で、でも、ギョッとするぞ!
こわいでござる!

昨日は、訪問者72名(うち管理人1名を含む)が、
ここを覗いて、
なんて言ったかを考えるのだよ、

こわいことだが、勇気を出せ!

たぶん、こうだわ。

「ちぇっ!ちっとも更新してないじゃん。
何やってんだ、管理人!
日記なら、毎日書いてよね、ったく」

うう!何でアクセス解析なんてもんが、この世にあるんだ。

さっさと更新せんかぁ、という脅迫装置みたいなものだ。

いやなら、見に行かなきゃいいでしょ。

そうなんだけど、つい、こわいもの見たさで…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかしですよ、こんなに見に来てくれている人がいるなんて
夢にも思わなかったけど、
どうせだったら、もう少し、赤裸々に自分を出しても…

それはやめなさい
誰も来なくなる

あ、そ、そうね、わかったわ。

けっこう、言いたいこともあったりするけど、
じゃ、控えめに…出そう…

けっきょく、出すわけね。

学問の世界は真理を追究するところだ
とはいうけれど
案外、世の中、本当には
名利を追求するところなんだなぁ

いう気もしたりするかもしれない今日この頃。

どうだ!控えめな意見です。
「かもしれない」と「今日この頃」で控えめ度アップね。
でも、思ってること自体は、
ぜんぜん控えめじゃないかしら。

でもでも、そんなこと考えると

ブッダ、あんたはえらい!
自分の身を名利から一番遠ざけて
ものしゃべってますもん。

弟子たちに、ブッダは
こんなことを言っています。

「比丘たちよ、たとえば、竹は果実を生じて、
自己の破滅を来たし、果実を生じて、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである。

比丘たちよ、たとえば、葦は果実を生じて、
自己の破滅を来たし、果実を生じて、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである。

比丘たちよ、たとえば、牝のろばは子を胎んで、
自己の破滅を来たし、子を胎んで、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである

比丘たちよ、このように利養と名声は
おそろしいもの、苦々しいもの、過酷なものであって、
無上の安穏に到達する障礙なのである。」
(増谷文雄『阿含経典』第一巻)

こ、こわい!
名利、コイツはこんなにこわいものだったのか!

アクセス解析より、ずっとこわい!

ああ、暑い夏には、こわい話が一番ね!
みんなもダメよ、名利を求めちゃ、

でも、管理人の場合、
名利の方がこわがってよってこないかも…ははは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »