« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

ある日の会話

昨日、知り合いの人にあいました。

「いやぁ、マニカナ、すごいねぇ」
「へ?!そうですか。」

「『掲示板』すごい書き込みだねぇ」
「え?うふっ!そうですか。」

「インド哲学の大きな問題
どんどん出てきてるね。」
「あ、いやぁ、そうですか?」

「活発に議論してるから
錯綜するけど、なかなかすごいよ。」
「そんなぁ、そうですか。」

「こういう議論・討論をきちんとまとめると
けっこう大きな成果になるよ。」
「お!そ、そうですかっ!(キラーン)」

「ま、管理人がこうだから
無理だろうけど」
「むむ!そうですかぃぃ。」

最後の一言は言われてないかもしれないけど
雰囲気的に察知したのでありました。

しかし、せんぱいっ!ありがとやんした。


「ああ、それから、三つの楽について
議論してたでしょ。」

「はあ?」

「あれはね…」

「え! あれは!」

「あれはぁ…」

「あれは、何ですか?
何かに載ってましたか?
仏典ですか?(わくわく)」

「あれは、寿司屋にあるよ
『三楽』っていう名前の。」

せんぱいっ!ったく、ありがとやんしたよ!

うむ!しかし、管理人さえしっかりしてれば
このサイト、いろいろできるってことかぁ~

夢がふくらむわねぇ。

しかし、「管理人さえしっかり」って、
ここが大問題だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

古くて新しい龍樹本ご紹介

怒濤の日々を送っているため、
すっかり日常生活が押し流されてる
管理人です。

「これを書こう」とネタ集めをしてるというのに
書く暇ないわよ!

そのうちネタも雲散霧消してしまうっち。

しゃにむに書くわ、今回。

龍樹をやってるものとしては
見逃せない今回の作品!

山口益氏『空の世界 龍樹から親鸞へ』大法輪閣

本書は、
過去に出版された
『空の世界』(理想社、昭和42年)に
おさめられた三篇

その他もう一篇を加えて
復刊したものです。

しかし、三篇というのも、さらにさかのぼること十数年、
昭和23年から30年までの間に刊行されたものを
合本したものなのです。

率直に言えば、とっても古いものなのです。

しかしですよ、古い、古いと言ってられないのです。

なぜなら

中身はぜんぜん古くないからです。
それどころか
いまだに新しいといってもいいかも。

近代的な学問形態になってから
日本の龍樹研究、とくに、論理・論法の研究に関しては、
まず山口益氏の名をあげねばなりません。

現在のところ
彼の「空」の理解が、
そのままわたしたちの「空」の理解でしょう。

気骨ある学者魂を感じる文体とともに
圧倒的な論理をもって
龍樹にせまる論考です。
さらには、
そこから流れ出る大乗の世界を語ります。
山口先生!すばらしい!

なおかつ、これが、一般向けの本とは!
今なら、専門家向けといってもいいかもね。
昔の一般の人はかしこかったんすね。

龍樹を語るものには必須の本かと存じます。

とみなさまにお勧めしつつ、


しかし、管理人は、あらたな決意で
身構えるのだった。

山口解釈とは別の解釈を
あらたに
龍樹研究の一ページに加えるべく
準備しようと思うからです。

この山口先生の圧倒的な論理に
対抗する別の論理を
管理人は出すことができるのでしょうか。

って、なんか
他人事っぽいけど、大丈夫なの?

なさけないんだよなぁ、なんかさぁ、
山口先生の本をこんなに誉めちゃ
もう負けてる感じだよね。

わたしも、なぜかそんな気がする…おい!

負けちゃいやん … 
って、そんなこと自分で言ってるようじゃなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/18

学習しなさい!管理人

また、やりましたわ。

何って?

言いたくないけど、列車に間違って乗って、
あさっての方角にいっちまったのよ。

どうして、学習しないのかしらねぇ。
何度もやってるけど、
いつも、相当距離を走ったあとでないと
気がつかないという、なさけな~いことになるのだわ。

夢中で、『増谷文雄著作集』を読んでて
ぜんぜん気がつかなかった。

駅に着いて、顔あげたら、見たことない風景だったのよ!!!
え?ここはどこ?
どこに行くんだっけ?

仕事でしょ!管理人!

飛び降りて、ホームの階段駆け上がり駆け下り、
反対ホームの列車に乗って、もとの札幌駅まで戻って、
走って、千歳線に飛び乗って、そのまま時計とにらめっこしながら
乗り換えて、駅に着いたら、とりあえず電話して、タクシーに乗って
学校に着いたら、まだ授業が始まって5分だった!かろうじてセーフ。

上出来じゃん!!

どう考えても、40分以上ロスしてるのに、
5分遅れで済んだなんて。
奇跡に近いわ。

まだツキはおちてないようだわね。

それはいいけど、
ほんと、身がもたないわ。
こんな人生!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/16

三つの幸せ

電話があって、中学・高校時代の友達からでした。

「三吉神社で、4時半から、中学のとき同級だった’やまき’がコンサートやるけど聞きに行かない」
「うん、行く」

ふうん、やまきくんのコンサートか。
でも、やまきくんて、誰だろ?

神社の境内で、やまきくんは、すばらしい声で歌ってくれました。
バックの演奏もヴァイオリンやケーナなど民族楽器とギター、あといろいろ。

顔もどこかで見たことあるなぁ、と思っていましたら
「ふきのとう」というグループをやっていた やまきやすよ くんでした。

今はソロで活動している正真正銘のシンガーソングライターです。
あら!有名人だったのでした。

深いのびのあるよく通る声で、
「三吉神社の歌」という作詞作曲した曲を歌ってくれました。
昔、一世を風靡したヒットソングもいくつか歌ってくれました。
「小樽の歌」も歌ってくれたし。
即興であわせるバック演奏もすばらしかったし。

帰ってから、仕事の残りをやらなきゃならない、というのさえなければ、

ほんと最高でした。

そして、1日後、
幸運は続くのであった。

フニャコさん、ステキなCDありがとう!

さらにさらに

おばさんが行けなくなったコンサートの券を
くれるというのでした。
ああ、ゴメンよ、さすがに仕事で無理だ。

立て続けに、三つも、幸せが!
こういうこともあるんだなぁ。

とはいうものの、今年の幸運は、
きっと尽きたよね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/09

エンターティナーを目指すべし

ルネサンス期の教師は、正確さに欠けてたけど
生徒に興味をもたせるようなおもしろい授業をした

という内容のことをどこかで読んだので、

ちょっと参考にしてみよっかなって。。。。

意識したつもりは、なかった!(なに?この文)

しかし、

昨日、授業が終わったあと

学生が一人
目をランランに輝かせて
こう言いました。

「せんせ!今日のじょぎょう~~

す、すっ、すっごおぅく、おもしろかったぁ~~」

「うふっ!でしょっ!」

わっはっは。
エンターテインメントの要素を入れたのよ!

話を単純化した上、少し脚色して
(事実としては微妙になるけど、哲学思想だし)、

論点浮き彫りにしてみました。
(話はめちゃおもしろくなる)

「有るもの」と「無いもの」についての大論争
ヴァイシェーシカ学派(ニヤーヤ学派) vs 仏教(もち、龍樹)

導入部分が

「無いもの」って何か考えて?

という奇想天外の問題から入っているから

けっこう、興味が持続。

それにプラス

龍樹の詭弁論法(言うなよ!自分で)を紹介しながらだから。

楽しいわよ。教える方も。

龍樹って、ほんとに授業に便利だわ。
この人さえだしときゃ、退屈しないもん。

「有るもの」を説く、ヴァイシェーシカ理論を逆手にとって
「有るもの」を全部「無いもの」にして見せたら

みんなビックリしてた。

そんなわけで、終わると、必ず誰かやって来て
自分の意見を言ってくれたり、
質問したり
コメントくれたりするのも楽しい。

授業は、やっぱ、楽しくなくっちゃ、だよね。

さぁ、
そうだなぁ、理想は高く

いっちょー、吉本、めざしてみっかな。

(あ、案外、目が真剣じゃん、管理人!)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/07

アクセス感謝デー

「最近アクセス多いですね。どのくらいあるんですか?」
って聞かれて
「あら、ぜんぜん数えてなかった、わかりません」
と、答える情けない管理人です。

サイトの管理人としてまずいわね。

よし、調べるぞ。

5月6日 0:00    65624
      08:10   65649
      12:20   65668
      15:10   65692
      23:06   65765

もういいや。これで一日ぶんにしよ。
ううん、すごいなぁ。

一日 141人

昔の5日分くらいのアクセス数が、
わずか一日で!
おそろしいまでに、増えている。

でも、どうして増えてるのかしら?
今までとたいして変わってないと思うんだけど。
原因を深く考察してみましょう。

一つ、インド哲学に関心が増した

一つ、掲示板が増えた

一つ、サイトの仏教指数が上がった

一つ、龍樹人気があがった

一つ、管理人の人気があがった

管理人!最後、さりげなく入れたわね!
ははは、ばれたか
ま、最後は、ちょっと遊んでみました。

でも、最初も、あんまりなさそうね。
インド哲学の人気沸騰中って、聞かないものね。

やっぱり
中三つあたりが
アクセス数をおしあげてるのかしらね。

よくわからないが、そういうことにしておこう。
それでは考察を終わります。
(イージーな考察だな)

なんのサイトか正体がわからなくなりつつありますが
気にせず温かい目で見守ってやってください。

たくさんのアクセスに感謝!
これからもごひいきに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »