« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

『スッタ・ニパータ』考

『スッタ・ニパータ』(中村元訳『ブッダのことば』岩波文庫)は

むずかしい経典である。

最も古い経典ということになっている。
ブッダが語ったことばもそのまま
含まれているかもしれないと
言われている。
とくに第4章と第5章は古く成立したと言われている。

この経典の成立が古いのは、それはそれでよい。
古い語形を残しているといわれるなら、
そうかもしれないと思う。
その点は、別にとりたてて疑問はないのだけれど、

しかし、どうもわからん。

もし、そうなら、
ブッダの教説は
最初から
完成していたことになるのではないか。

『スッタ・ニパータ』は、経(スッタ)を集めたものだ。
スッタは、教えの内容を短いことばでまとめたものである。
「スッタ(経)」が、説かれたということは、
すでに、その思想内容は完成されていたと見なければならない。

スッタとは、教えの要点をまとめて簡潔にしたものだからなのだ。
つまり、背後には、膨大な思想の体系がひかえている。

現に、わたしの見たところ、詳細は省くけど
その内容は、
『ディーガ・ニカーヤ』
『マッジマ・ニカーヤ』
『サンユッタ・ニカーヤ』
などに説かれている
重要な教説をすでに含んでいる。

また、
内容は、各章、ヴァラエティに富んでいる。
でも、
章の中の内容は一貫してまとまっている。

この点も、背後にきちんとした体系があることをにおわせる。

さらに、この経典は
ブッダと弟子
ブッダとバラモン
の間で説かれたものも多く

その内容は、ちょっと見た目には
わからないかもしれないが
相当に高度な論理的な内容を含んでいる。
また、
教義的に専門的な内容を含んでいる。

つまり、いずれにせよ、プロ同士の会話なのである。

一方的にブッダが弟子に語るものもあれば、
ブッダとバラモンが論議をする場合もある。
それは、シビアな哲学問答である。

そんなこんなで考えると

第五章にでてくる
ブッダの三十二相も、
何かそこに関係してくるような気がする。

互いに、相手が本物か、
腹の探り合いを表したものと見ることができるのではないか。
質問し答えるのに、ふさわしい相手かどうか
互いに探り合っている真意は、当人同士でしか
わからないだろう。
非常に微妙なものだと思う。

「どこまで知っているのか」
「答えを求めても大丈夫か」

「相手は何を求めているのか」
「本当に答えても大丈夫か」

そのあたり、まず話をはじめる前に
お互いしかわからないやり方で
探り合うのであろう。

それをハタで見ていた人たちは、
その様子を
三十二相のような特徴を探すような
話として残していったのではないだろうか。

このあたりは、まだ、推測だけれど。


『スッタ・ニパータ』は

「仏教が発展する以前の簡単素朴な、
最初期の仏教が示されている」(p.438)

と、中村先生は述べているが、
これはちがうのではないだろうか。

この内容で、沙門、バラモン、仏弟子の人々を説得できているのである。
簡単素朴ということはないのではないか。

ぎりぎりの線で火花を散らす
智慧の応酬のようにみえる。

智慧の応酬になると
表現は互いにわかりさえすればいいから
非常に簡単なものになる。
要点とか核心を示すことばが飛び交うのである。

だから、一見すると
簡単素朴のようにみえる。
けど、『スッタ・ニパータ』は難しい経典だと思う。

なぜ、わたしがそんなことを思うかって?
それはね、学問的には、今は内緒。
いつかわけを書くわ。

だけど、学問的じゃなかったら
わけを書いてもいいわ。

それはね、
「掲示板」三つもやってるからよっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/04/28

哲学は、東洋!

授業が終わった後だった。

学生さんがひとりやって来て

「先生、質問があるんですけど、
ヴァイシェーシカ学派のことなんですけど…」

と言ったのだった。
その言葉を聞いて完全に

くら~っときて、陶然となり、
そのまま卒倒しそうになりました。

「ヴァイシェーシカ」ですよ、「ヴァイシェーシカ」。

こんな、マイナーすぎるくらいマイナーな言葉が、
当然のように、
学生さんの口から出てくるなんて!

時代は変わったんだ!
いくら『ビックリ!インド人の頭の中』をテキストにしているとはいえ、
こんなにあたりまえっぽく言われると
夢のような気分です。

もう、ヴァイシェーシカの「普遍」と「特殊」を
みっちり話して、
ついでに
ニヤーヤ学派ってのもあるんだよと

めいっぱい宣伝する。

「もう、君を離さないぞ」
という意気込みに
学生さんは、おびえる。

「あ、せんせ、おいそがしいのに、
すみません」
「あら、ぜんぜんいそがしくなんかないわよ」
「で、でも、お昼ですから…(あたふた)」

あ、逃げられた、おしい!

ま、でもひとつ悟ったわ。
「インド哲学は知られてない」と嘆いている暇あったら
どんどん哲学思想を公にすることだわ。プラス思考よ。

ソクラテスやプラトンよりもメジャーになる日が来るかも。
(うーん、そりゃないだろ)。

でも、夢はでっかく持つわ。

哲学の講義だって、最近、
必ず哲学者と論理学者に
ブッダと龍樹の名前をあげておくことにしているしね。

何も知らない善良な若者をタブらかしてる?
(うーん、そりゃないだろ)。

看護学校でも教えるのは
因果律。
やっぱりたぶらかしてるんかいな。
(うーん、そうかも)。

わたしなんかを雇うから
こんなことになるんだわ。
(かんぜんに開き直ってるわね)

あきらめるのね!みんな!

哲学は、東洋よっ!
(こわいすよ、管理人)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/23

智慧よ!出でよ!

最近、ばたばたしてどうもダメだわ。

あんまり勉強できてないので
そろそろストレスがたまってきそうだ。

わからないこともたくさんあるけど
わかってきたこともたくさんある。

それをまとめなくちゃダメなんだけど
時間がないので、知識がほっぽり出されて
そのままになっていて
心配なのよ。

龍樹では、きちんとした詰めはまだ甘いけど
ずいぶんわかってきた。

これら全部まとめなくちゃ。

みんなが、輪廻、輪廻というので、
輪廻について考えていたら、

ブッダの輪廻と中道とが
浮かび上がってきたし、

四諦や八正道や
空や涅槃や生死や
縁起や四句分別や
帰謬法や対機説法や
随犯随制や三乗や
無生法忍や菩薩行や

こんなものが、どんどん出てきては
わたしの頭の中にするする収まっていく。

全部繋がってるんだ!
もう少し、時間があってじっくり勉強できればなぁ。

ゆっくり考えられるときは
智慧がわくけど
急いで本読んでいるときは
まるっきり
ダメだ。

智慧を使わなきゃ
人間ダメになる

と思って、
最近不安だわ。

智慧が枯渇する前に
何とかまとめるぞ!

ガンバルンバ!(しまらないわね、最後が)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

行!とは、なんぞや?

ようやく、さわやかで暖かい朝をむかえました。

何だか、やっとこ「春が来た」かんじですわ。

我が家は、春から家族がひとり減ったのですが、

すでに何だか離散家族といったかんじです。

子どもは部活で夜遅いし、
夫も不規則。
わたしもバテバテ。
なので、
夕食が、まともに作れない。
食べる人がいないので、
やる気が出ない。

菓子パン食べて夕食にする人の気持ちが
ものすごくよくわかるわ。

いっそ、出家スタイルで
夜は夕食なし、ってのは?

いいわねぇ。
ついでに、出家もしちゃえば…

行者A,B,Cのできあがり。


少眠不休の行をする学生行者A

通勤遊行の行をする自転車行者B

爆睡瞑想の行をする主婦行者C


どれも聞きしにまさる苦行ぞろい!
ううう~ん、解脱は近いぞっ!

え?下に行くほど順に楽になってってるって?
何いってんですか?
失礼ね。

爆睡瞑想は、いつどんな時でも行う行で、
しかも、
何か外界から刺激があれば
何事もなかったかのように
対応する!という
むっずかしい行なんだから。

zzzzz …… (おや、もうやってるのね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

空と無常の話って、これがですか?

毎日寒いです。
天気予報は、
雪が降るかもしれないとおどすのです。

今日は自転車の初乗り。
手が冷たくて凍えますだ。

始発バスに乗りました。
わたしの前にひとりいました。
二人乗ったところでバスは出発しました。
ずいぶん丁寧に場内アナウンスをしてくれる
運転手さんでした。

途中その人はおりました。
わたしは本を読んでいました。

スムーズに走って
目的の駅が近づいたので
おりようと思ってボタンを押し
何気に後ろをふりかえったら

 …

だ、だ~れもいませんでした。

ええーっ!
運転手さんとわたしとたった二人だけだったわけ。
ずうっ~と。
あのアナウンスは、わたしのためだったのかぁ。

わたしが降りたらこのバスどうなるんだろ。
お客さん誰もいなくなる。

ああ、
降りるべきか、
このまま客として
終点まで、このバスの末路を見届けるべきか。

激しく悩みましたが、
わたしは、バス・アンド・運転手さんを捨てたのでした。

つう、問題ではないでしょ。
授業に遅れるぞぉ!

こうして

バスは、乗客が空(くう)のまま
さびしく角を曲がって行きました。

諸行無常ですねえ。
つう、問題ではないけど。。ま、いいか。

しかし

われながら、空と無常で
話が終わるってとこが、
さすがだわ。
勉強した甲斐があったわねぇ… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

話がおシャカ

ハードスケジュールにも何とか慣れてまいりました
管理人でございます。

ほんと、もうダメかと思いました。
いつものように熱の出そうな気配。

まずいすよ!ほんと!
ここで熱出したら
人生破滅。

思いついて
予防薬のポカ○スウェットを
飲んだら、何とかセーフでした。
効くなぁ。

水不足なだけだったのかな?
~~~~~~~~~~~~~~~~
最近、わたしは、お釈迦さんに救われている。

って、書くと

宗教勧誘の体験談みたいですが、
そんなつもりじゃないのよ。

いろいろな人の前で話をするとき
みんなが、つまらなくなって退屈しちゃわないように
お釈迦さん発想を取り入れてるの。

じっさいはかなりむずかしい内容なんだけど
聞いたらわかるようにはなすことができる

これは、ほんとに行うのがむずかしい。

経典の話し方を見ていると、
むずかしい内容なんだけど
素直な気持ちで聞く人は誰でも
わかるように
話していることがわかる。

むずかしいことをむずかしく書くのは
実は
とってもやさしい。

やさしいことをむずかしげに書くのも
実は
みんながよくやる手だ。

だけど
むずかしいことをやさしく書くのは
そんなこと
お釈迦さんしかできないや。

仏教は
後になるとたくさんの注釈書が生まれて
見た目もむずかしくなっていって
「学問だぞ!仏教!」になっていく。

また、

たくさんの因縁譚などが生まれて
やさしい教訓話や説話も広まっていく。

仏教が、こんな風に
ハードタイプ(学問仏教)
ソフトタイプ(説法の仏教)
に分かれてくるのも

お釈迦さんが
むずかしいことをやさしく語ったからだな
って、思うのよ。

むずかしいことをむずかしく語ったり
やさしいことをむずかしく語ったり
やさしいことをただやさしく語るだけなら

こんな風に、仏教はさまざまに変容しなかったよね。

何とか、このお釈迦さんの
「むずかしいことをやさしく語る」語り方
マスターしようと思って
勉強してるとこなの。

で、具体的にはね、何したかって言うと

昨日は、ヨーガのみなさんに
「空」と『ヨーガ・スートラ』第一章とブッダの禅定を
混ぜてお話ししてみました。

うっぷ!まぜんな!そんなもん!
食べ合わせわるいよ。

お釈迦さんの語り方、

問題にするよりなにより

話がそもそも

「おシャカ」

だったりしてますか…そんな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/13

癒されてるんですか、ほんとに?

管理人生きてます。
しかし、今週は、きつかった…

っと、過去形で書いてしまいましたが
まだ、今週残ってますね…うう。

9日の日曜日夜の夜中に帰宅してから
10,11日仕事
13,14,15日仕事
合間の12日自宅で仕事
16日、日曜だっつうの、しかし自宅で仕事

17日以降、これをくり返す。

なんなんだ、このスケジュール!つらいよぉ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とはいえ、人間どんな環境でも生きていけるのです。

癒しのために、必ず、どんなに忙しくても
龍樹を読み、ブッダを読むようになってしまいました。

仕事に食い込んでるぞと。

食い込んでも、止められないのよ。

どうなるんですか?どうなるんでしょう?

ああ、考えるのがこわい!
もっと癒されなきゃ生きていけない、

ブッダ読もうっと(オイ!)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

くもり、ときどき、りゅうじゅ

龍樹探索、ほんの少しだけど
幅を広げつつある管理人です。

まぁ、こうしてみるとですよ、
龍樹作といわれている作品で
龍樹作を疑われていない作品て

ほとんど

ない!

んです

ね。


どういうことかというとね、
龍樹について
これほど
真作偽作が問題になるということは

つまりだわ、

今まで

龍樹が

どんなことを

いっているのか

どんな思想を

もっているのか

まったく

知られていない

ということ

なのです…

ね ……………


だ~れも

わかっていない

ということでしか

ない!


ということが

よくよく

わかってきた

管理人です。


まずいこと書いたかしら…
そんなことないよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(管)りゅう、あんたにはほんとにほんと同情するわよ。

(りゅう)だろ?一生懸命やればやるほど、裏目にでるんだ。
     世の中そうなってるんだよ。

(管)じゃぁさ、考えてることの逆やればいいんじゃない?
   表目にでるわよ。

(りゅう)管理人っ!ぼくはね、あいての考えていることの
     裏目を主張するということを主張する主張をもっているんだ。
     主張は、まげられないっ!ふがっ!

(管)りゅうちゃん、一行にみっつも「主張」っていう字を使うのは
   使いすぎだと思うわよ。言葉はたいせつにしよう!

(りゅう) … 管理人!ほんとに、君は、貧乏人の凡夫だなぁ。
     これこそ、たいせつにつかってる証拠じゃないか。
     一行にみっつも「主張」をつかえるなんて。

(管)なによ!貧乏人の凡夫って。二倍失礼よ。
   こんな風に「失礼」はいっかいにして、
   倍数表現で表すのが、省エネなのよ。
   ちなみに、何で二倍かというとね、「貧乏人」と「凡夫」と
   それぞれ失礼だからよ。

(りゅう)ほらね、凡夫の君にもわかるだろ。
     こんな風に、いつもぼくの主張は裏目にでてしまうのさ。

(管)な~るほどぉ。たしかに、裏目に出てるわね。
   こうして、菩薩ッコ、りゅうちゃん、君は誤解されてくわけか。
   ううん、かわいそ  …  
   … でも … でも …仕方ないかも …

(りゅう)ありゃ、ここも裏目にでちゃった … 
     でも、一貫してていいか … トホホ。

なんて、こんな感じで、龍樹の気持ちをあらわしてみましたっ!


だいすきだよ!りゅうじゅ! 
     
     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/03

バングラデシュの井戸水汚染

晩ご飯作りながら、バングラデシュのヒ素汚染の
テレビを見てしまう。

3500万人が今もヒ素に汚染された井戸水を飲んで
苦しんでいるというのが、ドキュメントの内容です。

バングラデシュの多くの村は井戸水によって、
生活している。
昔1970年代は、川の水を使っていたが、
不衛生なため、下痢などでなくなる人も多かった。
そのため、井戸に切り替えて清潔な水を
供給するようにしてきたのだった。

ところが、

その井戸水が、ヒ素を含んでいたため
多くの住人は、砒素中毒になって、
深刻な症状が出ている。

そもそも、なぜ井戸水にヒ素が?

その昔ヒマラヤから
流れ出したヒ素を含んだマグマが、
長い間ガンジス川によって運ばれて
河口に堆積して、今のバングラの国土ができた。

ヒ素は無味無臭で5年間くらいは
何も症状が出ないので、
人々はあまり自覚することなく
その井戸水を使い続けている。

また、自覚しても
じっさいは他に飲む水がないため
やむなく使い続けなければならない。

ヒ素を含まない水をくみ出せる深い井戸の設置や
川の水を濾過する浄化槽の設備など
対策は立てられているが、遅々として進んでいない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ため息が出てしまう。

無邪気に水を飲む小さい子どもたち
砒素中毒の症状の出ている一家の働き手
あまりにも少ない医療機関
乏しい資金と人と設備
情報の不足と人々への教育の不足

この地球上のすべての人々が
そこそこ生きていく、というだけのことが
なんでこれほどむずかしいんだろう。

やってできないことじゃないと思うのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

雑感

先週はばたばたした一週間だった。

もう四月二日なのね。
出歩くことが多くて、忙しい。

そして、

出歩いてみると
足腰がすっかりなまっている。
冬に運動することがなくなってしまったので
運動不足になっちゃうのだよ。

今年は頭使わないで、足使おう。
っと、固く決心!するぞ!

決心するぞ!と決心するのも、
なんか、迫力に欠けるけど
まぁ、いいわよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さてと、
昨日は、人と会うことがありました。

このサイト、み、みられてる!
みられてるんですよ。みなさん!

インターネットにのっけておいて、
自分で驚くのもなんですね。
しかし、見られてるなぁ…

「仏教、布教してるね」…(そんなぁ。そ、そうすか)
「ブログ、最近覇気に欠けてますね」…(そんなぁ。そ、そうすか)

貴重なご意見ありがとうございます。
他にも、思わぬ人にサイトのこと言われたし

好き放題書いていたこのブログも、
少し、好きじゃない放題のことを
書くことにした方がいいかな

反省しながら帰途についたのでありました。

反省?してるんですか。

そうよ!反省してるわよ。
だけどさ、
結局、書き放題書くってことは変わらないのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »