« 古本屋さん | トップページ | 本は、セットッ!で買いなさい »

2005/02/12

言葉ってヤツは…

言葉はむずかしいですね。でも、おもしろいですね。

掲示板1854の「テスト」のように、言われてはじめて「そうなのね」と気づくこともありますし、うすうす「どうかな、まずいかも」と思いながら使って、やっぱりまずいと言うこともあります。

まずいと思ったら使うなぁ、っという声もあるかと思いますが、でも、ほんとにまずいか、まずくないかわからないので、やっぱり使って反応みたい!ってこともあるのですよ。なにせ危ない言葉は魅惑的でもありますし。

それでも、ある種の価値を含む語や、多義の表現や、「今だけはやり」というような特殊な言い方は、誤解を招くと思って避けることはあります。また、意識的に使うこともあるけどね。
それだけでなくて、何でもない日常の表現でも文脈の中で問題をはらんできたりもしますから、あなどれないですね。
例えば、どこかの首相の言った「人生いろいろ」とかね。

"How are you?"
"I'm fine, thank you. And you?"

と暗記して、必ずワンパターンに"I'm fine, thank you."と答えていたら、とうとう相手が笑って"Really?"と聞いてきたという話もありました。「仏の顔も三度」ってのは、ちょっとちがうか。

このように、どんな気の利いたせりふも、二度目に聞くともうまぬけて聞こえます。
逆に、タブー視される毒のある差別的な言葉も、うまく用いて自分の主張を引き立たせる役目をさせることもできます。

言葉には決まった用法はない。

こう言ったのは龍樹です。
龍樹の言葉で言うと「言葉に本体はなく空である」となりますね。

二度同じ川に足を入れることはできない

といったのはヘラクレイトスですが、これを龍樹が言うと

二度同じ言葉を同じ意味で使うことはできない
(『方便心論』「言失」で説かれる規則)

となります。「そうしちゃいけない」という強いきまりとして読むこともできますが、「どうせそうなっちゃうんだから」という事実として読むこともできるでしょう。

ほんとうは、よくよく考えると一度述べた言葉は二度と再びまったく同じ意味で用いられることはない、常に文脈を変え、意味を変え、新たなものが生まれてくる、と、確かに、確かに、言えるかと。

だから、「正しい敬語を使いましょう」キャンペーンがいつも失敗するのは自然の摂理なのです。おや、まちがったかな。いつも成功するのは自然の摂理なのです、といっても同じかな。
だって、「正しい」ってのが、みんな何だかわからないからです。
述べられた言葉はいつでも正しい、といえば、人はいつでも正しい敬語を使っていることになる。
敬語入っていない場合ですか?
それならますます確実に正しいです。

お客様にはこういう風に言いなさい。
例えば、「いらっしゃいませ。お待たせしました。ご注文は何にいたしましょうか。」と。

そこで誰でもマニュアルどおりに言いますが、マニュアルどおりに言っているのに誰も正しい敬語だとは思わない。

だから
店員「毎度ありがとうございます。」
客「初めて来たんだけど。」
なんて、返されちゃう。

店員「お待たせしました。」
客「はい、お待ちしました。」
うーん、イヤミね。

店員「ご注文はおきまりでしょうか。」
客「はい、とっくにね。」

ここから、わかる、龍樹の言ってることが正しいってことが。
だから、あえて「正しい言葉遣い」を決めようとすれば

くりかえされる言葉は、いつでも正しくない。

と言わなければならない。ということは、マニュアルは廃止されることになってしまうのです。

つまり、「正しい敬語推進」キャンペーンの最大の敵は、正しい敬語推進委員会の出版する『正しい敬語を使いこなそう』という、用例を収めたマニュアル本だったりするのです。

お後がよろしいようで!

|

« 古本屋さん | トップページ | 本は、セットッ!で買いなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉ってヤツは…:

« 古本屋さん | トップページ | 本は、セットッ!で買いなさい »