« すべての道は、ローマ、え、いや、論文に通ず | トップページ | 龍樹、手のかかるヤツ »

2005/02/26

戯論寂滅(けろんじゃくめつ)とヨンさまの深い関係

完全に仕事をぶっ飛ばして、論文に突入することにした管理人です。

だけど、何だか呪われてるみたいだ。
集中できそうになると、何かが起きる。

宅配も来る。
回覧板も来る。
ゴミ当番も来る。
新聞の集金も来る。
アンケート調査も来る。
牛乳配達の集金が来る。
そうこうすると電話が鳴る。
新規メアド取得に奔走する。
買い物も行かなくちゃならん。
ファックスまでがピィーっとなる。
ファックスはとうとう半壊れになる。
韓流ドラマのビデオ取りを頼まれる。
起きた順に顔を出す息子に食事を出す。

わぁ、きれいに並んだ!ピラミッドだぁい!(何やってんだ、「ことばで」遊ぶんじゃない!)

あ、それでね、こういうわけで、そんなにはかどってる訳じゃないけど(遊んでるのもあるぞ)、
でも、とにかく論文にかかれて比較的心穏やかな管理人でした。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
さて、龍樹の話をしたいわね。
みんなに話したくってうずうずしてたのよ。

前に、よそのサイトで、
「龍樹は言葉を超えろと言って、言葉を否定している」
という内容を読んだことがあるけど、

そうじゃない!

と言いたくて我慢するのにすごく苦労したわ。
でも、今までの研究からすると、そうみんなが考えても仕方ないと思う。

それに、じつは、まったくまちがっているわけでもない。
ことばが必要なくなる境地というのもあることはある。

でもね、龍樹は、こう言ったのよ。

戯論寂滅せよ!
「ことばで」遊ぶな!
「ことばで」戯れるな。
ことばでピラミッド作るな!
ことばの虚構世界を破壊せよ。
ことばに本体はなく空なのだから。

龍樹っ!あんただって、ミニのピラミッドになってるぅ!
管理人ばっかり、攻めないでほしわよ。
戯論寂滅(けろんじゃくめつ)っていうのは、ことばによって成り立つこの虚構の世界を破壊するということだけど、

じっさいに何したかっていうと、こう言ったのよ。

これから、ことばのいけない使い方をいいます。
これはやっちゃいけない規則です。
これからはこの規則をタブーとして守るように。

規則1
「意味が異なっていないのに、くり返し述べること」

規則2
「言葉が異なっていないのに、くり返し述べること」

へぇ、なにこれ?
じゃ、具体的にいいます。

規則1の例。
カウシカと言い、またデーヴェーンドラ シャクラと言い、またプランダラと言うようなものである。

カウシカも、デーヴェーンドラ シャクラも、プランダラも、みなインドラ神の名前です。
デーヴェーンドラ シャクラは、寅さんでおなじみの帝釈天のもとのことばよ。

ふうん、やっちゃいけないのね。
別にたいしたことなさそ。じゃ、二つめの規則は?

規則2
インドラと言い、また、インドラと言うようなものである。

ふうん、別にどうってことないんじゃない。くりかえしちゃいけないってことだけじゃん。
おんなじことばはくりかえしちゃダメなのね。
例えば、「ばかばか」、って言っちゃいけないのね。

それから、意味が同じことばも使っちゃいけないのもわかるわ。くどくなるからね。
「馬から落ちて、落馬しました」、って言うようなもんね。

別に変じゃないし!龍樹って常識人じゃん。
何でこれが戯論寂滅なの?

そうかな?ほんとうに?
規則1は、よく見てごらん。これは、言い換えてみるとわかるよ、じつはすごい規則なんだから。

「同じ意味は二度と再び述べられない。言われる言葉は常に新たな意味をもつ。」

え?

いつも別なこと言うことになるわけ?

そうね。そういうことになるわね。

ええ!?そんなことできないよ!何にも言えなくなっちゃうじゃん。
一度プランダラって言ったら、インドラを意味することは二度とできなくなるなんてぇ。
「ヨンさま」って言ったら、二度とヨンさまのことは言えないのね。
「ヨンさま」のお話も一回きりだなんて、さびしすぎる!
仕方ない!次はベッカムさまにするか(おい!)。
浮気者の人生を勧めてるわけねぇ。それも楽しいかも(オイ!管理人っ!)。

あ、失礼!じゃ、インドラをくりかえす方はどうなるのよ。これも浮気者じゃないの?

規則2は、こうなる。

「同じことばが出てくるときには、たえず新たな意味をもつ」

ほお、同じことばは出ては来るんだ。
でも、その意味は前とはちがうのね。
じゃ、もう一度「ヨンさま」って言ったら、それは、ベッカムさまのことかもしれないのね。
じゃぁ、さ、浮気しても、浮気が気づかれない、っちゅう、そういう法則になるんじゃない。

ヨンさま、ヨンさま、ヨンさま。
二番目の「ヨンさま」はベッカムさまで、三番目の「ヨンさま」はイルハンさまのことでした、なんてことも起こるわけ!

信じらんないわ!
誰のこと言ってるかわかんないじゃん。

こんな規則、使えないわよ。
「ヨンさま」ひとすじの一途なわたしには無理だわ。
(いつからヨンさまひとすじになったんだ!)

いまからよ!いいのよ、何でも。
とにかく、ひとすじでも、ひとすじじゃなくても

無理!
ひどい!
ありえない!
ゆるせない!
とんでもない!
考えられない!
ことばが使えない!
言語世界が壊滅する!

あ、また、ミニピラミッド!
龍樹っ!これ、とってもひどい規則だわよ。

でも、不思議ね。こんな規則作ったら、龍樹だって、ことば使えなくなるんじゃない?
自分だけは例外、って言ったら許さないわ。
そうよね、みんな!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
みなさん!これはほんとうに龍樹が言った規則です。
そして、この通りにことばを使いました。

どうなったでしょう?
考えてみてください。

たんに「ことばを超えろ」なんてのより、ずっとずっとすごいことがわかりますか。

まず、龍樹のこの規則によって、インドの文献研究の中で、龍樹のあたりだけが、文献学的な研究が不可能になりました。
なぜなら、文献学というのは、同じことばを比べたり、同じ意味のことばを探していったりする研究方法だからです。
「おなじことばの意味は同一である」という基本の考えに成り立つ研究方法だからです。

龍樹は、現代の文献学だけではなく、現代論理学にも爆弾投げています。
現代の分析哲学にも重要な示唆を与えています。
インドが言語論に強いのは、龍樹のこの戯論寂滅のきびしい批判に耐えたからです。

「ヨンさま」ひとすじでいけるかどうかの瀬戸際よ!
真剣に考えてよ!(まるっきり動機が不純!管理人てば)

|

« すべての道は、ローマ、え、いや、論文に通ず | トップページ | 龍樹、手のかかるヤツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戯論寂滅(けろんじゃくめつ)とヨンさまの深い関係:

« すべての道は、ローマ、え、いや、論文に通ず | トップページ | 龍樹、手のかかるヤツ »