« ヨーガよもやまばなし | トップページ | 老いる身でありながら老いより自由になる »

2005/02/21

人間、攻めの姿勢ですよ、攻めの。

カレー、あらため、カコクな管理人日記でございます。

どうして管理人には次々と仕事が降ってわくんでしょう。
ぜったい、天は暇を見逃さない。
必ず暇を埋めるように仕事を降らせるのです。

しかし、管理人というのは、天の采配などへっちゃらだい、という強い心を持って生きているので、どんなときにも遊べるのです。
このように、「天の配剤などぶっ飛ばす」という、わたくしの天に対する「不滅の信仰」により、今日まで天(神)のご加護ゼロで生きてまいりました。

まったくなぁ、いばることではないでしょ、管理人。

つまり、どんなときにも遊べるというのはどういうことかというと、まぁ、なんといいますか、天を相手に遊んじゃえばいいんですわ。
ま、天の裏をかいて、むりやり遊んじゃうんですわよ。
言い換えれば、天(神)をもてあそんじゃうわけ。

お、まずかったかな。天に聞こえたらやばいかも。

別の言い方すれば、降らせた仕事を魔法の杖のひとふりで遊びに変える!
これがコツ。

どんな仕事も、楽しめれば、それは遊び。
どんな遊びも、楽しくなければ、それは仕事。

やっぱ、それにはそれなりのテクがいる。
それが、上に書いた表題の「攻めの姿勢」なのです。
攻めてるときは、遊んでいるのよ、わかった!管理人!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
何で、こんなこと書いたかっていうと、ね、はぁ、試験問題も作ったし、答案つけたし、さぁ、やっと論文、って思ったんだけど、ハァ、もう書けない…忘れちゃってる上に、もう完全に精神が萎えとる、負けてる…だ、ダメかも、って気がしてるからよ!

思い出すんだ!
天に逆らってきた日々を!
攻めだ!攻めの姿勢だ!遊びの精神を思い出すんだ!管理人!(感嘆符多すぎ!)

腕白でもいい、たくましく育て、じゃなかった

でたらめでもいい、とにかく書け!

これが論文の精神よ!
(で、でも、でも、これなら、天をもてあそんでるんじゃなくて、世間をもてあそんでるんことに…)

|

« ヨーガよもやまばなし | トップページ | 老いる身でありながら老いより自由になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間、攻めの姿勢ですよ、攻めの。:

« ヨーガよもやまばなし | トップページ | 老いる身でありながら老いより自由になる »