« べんきょのコツおしえます | トップページ | 病は、気から?どこから? »

2005/02/02

簡便『中道』実践法

昨日は、あんなこと(どんなこと?)書いたから、今日はきっと調子ががっくり落ちて、また、ゼロ感覚に戻っているかな、って、ビクビクしてたけど、まだそうでもないみたいだ。

よかった!

なぜかというとね、「簡便『中道』実践法」ってのを発明したからよ。
じつは『中道』は、実践方法を説明する言葉なんだけど。ほほほ。
循環論法みたいだけど、ま、それだけ実践がむずかし、ってことでもあるわけよね。
まだ、あいかわらず、冴えてますわ、管理人。

さて、その「実践法」だけどね、おしえて欲しい?
わたしも試しにやってみてるけど、なかなかいいわよ。
よし!みんなにもただでおしえちゃうわ。

とくにお坊さんのたまご(お坊さんがすでにたまごかな、ブッダの?また、阿羅漢の?)の人は、必見ものよん。

日々修行に励むお坊さんのみなさん、修行はたいへんですよね。
「中道」の実践はむずかしい、って思ってるでしょ。

でも、大丈夫!どんなに不信心でも大丈夫な方法を発明したわ。
不信心っていうか、無信心の代表者、管理人がお試し中です。

お試し期間は、返品可能だから、やってみる?

中道は、極端に寄ったらダメなのよ。
それさえ守れば、中道なんだから、この理屈を実践に行かせばいいだけ。

まず、何でもいいから一つのことをしたら

「ま、いっか」というのよ。大きな声でね。

で、「ま、いっか」という気分浸透したところで、
もう一つ、別なことをするの。
それをしたらね、次に

「なぁ~んちゃって」って、いうのよ。これも、大きな声で。

必ずこれをくりかえしていれば、ぜったい極端に寄ることはないから、中道、実践できるって寸法よ。
どう?管理人の必殺技。感心した?

……

感心してるようね。わかるわ。その表情で。
え?なに?あきれてものが言えないだけだって。失礼ね。

それに、その方法、ほんとうの中道かどうかわからないって?
そんなことにこだわっちゃダメよ。

ま、いっか!っていうのよ。そこで、まず。
わたしだって、ちょっと、そんな気がしたのよ、このすばらしい方法を発明したときにね。
でもね、これじゃいけないって、すぐわかったわ。そこで、すかさず実践したのよ。

「ま、いっか」、ってね。

なに?

なおさら信用おけない?っていうの。
あなたも、ねばるわねぇ。よし、わかったわよ。
あなたがほんとの中道を実践できてるかどうか、確かめる方法もついでに伝授しちゃうわ。
これならいいでしょ。解答付きの問題集みたいなもんだから、ね。

それは、ね、この方法でやってみて、自分の中に苦しみが生まれてこなければ正しい方法なのよ。
だってさ、中道は、とにかく「苦しみの滅」への実践方法なんだもん。

な、なるほどぉ。インチキかと思ってたけど、一理あるって。

でしょ?でしょ?
だから、さ、やってみんさいよ。だまされたと思ってさ。

そ、そうだなぁ。つらい修行が簡単そうになってラッキーだから、試してみるだけ試してみっか、な?
ほんとに苦しみがなくなったら、うれちいもんね。
よし!だまされたと思って、やってみるZooo!

その調子だぁ!がんばってね
………なぁ~んちゃって!

う?

|

« べんきょのコツおしえます | トップページ | 病は、気から?どこから? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡便『中道』実践法:

« べんきょのコツおしえます | トップページ | 病は、気から?どこから? »