« 世界でもっとも謙虚な男 | トップページ | サーンキャ思想説明できます »

2004/12/02

龍樹!君の誤解を解くときが来た

そろそろ正体を明かすときが来たようだ。

わたしは龍樹。
2~3世紀、わたしはインドの哲学を破壊した。
いや、破壊したというのは正しくない。
もともとがれきだったのだから。
新たに築き上げたと言った方がいい。

空の思想を人々に教えたのだ。
それは、ブッダ直伝の教えだった。
が、しかし、現代にいたって、今や空の思想は、ほんとに「空(からっぽ)」になっちゃった。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

お、おい!とつぜん口調を変えないでよ。
せっかくかっこよかったのに。
ううん、まじめに徹しきれないのが欠点なのよ、わたしの。

ま、とにかく龍樹に話をもどすわ。
しかし、まるっきり、龍樹は誤解だらけだわ。
因果関係や論理的関係を否定したように言われるし、ことばを否定して「ことばを超えろ」と言ったとか言われるし、もうさんざん。

こりゃぁ、しょうがないわね。
因果関係を示し、論理的関係をはっきり定義し、ことばのもつはたらきを分析したのが、龍樹なんだけど。

現代論理学を超える論理学者であり、言語哲学者であり、ブッダの阿含経典の注釈者である。
虚無論者ではない。
彼が虚無論者なら、ブッダもまた虚無論者といわれなければならない。

まぁ、こういうことを明らかにしていくのが、わたしの仕事になってきたと思うわ。

そして、その初仕事として
龍樹の空の真相の一端を今度の学会で発表できそうだとお伝えするわ。(12月11日京都です。)
題名は「ニヤーヤ学派の言語論」ですが。あってないわね、題名と内容と。ははは。

いやはや、発表原稿書いててびっくりしたわ。
ぜんぜん見えていなかった真相が新たにわかって驚愕したわよ。

りゅうじゅ!あんた、頭良すぎ。
天才なんて生やさしいもんじゃないかもしれない。

そして、わたしの目は節穴。
それにしても、真相見えてなかったら……どうなっていたのかしら、発表だけど…けっこう綱渡りの人生だわね…し~ん。

|

« 世界でもっとも謙虚な男 | トップページ | サーンキャ思想説明できます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界でもっとも謙虚な男 | トップページ | サーンキャ思想説明できます »