« 変化・へんげ・ヘンゲ | トップページ | 彼岸への道 »

2019/06/14

庭の植生

家でない地面や空間を「庭」と呼ぶことにする。

そうすると、うちにも、庭があることになる。

一部、ふきが生えているところと、

Dsc02651

野生のイチゴが生えているところ

Dsc02653

残りは、シロツメクサと

Dsc02652

なぞの多い花壇(?)

Dsc02655

手の影が写っちゃった

春に、適当に種をばらまいたのだ。

何が育ってくるんだろう??

なでしこは、昨年も咲いてた。

Dsc02646

あれ?去年は白いのも咲いていたような。。

今年は白と赤が混じってる。ふうむ。。交配したの?

Dsc02644 

グラジオラスは球根だから、今年も咲くだろな。

でも、花壇というのは、ほんとに分からない。

植えてないスベリヒユとかカタバミとか

いくらでも生えるのに、なでしこもキンギョソウも

なかなか育ってこない。

花も毎年同じではない。

植物というのは、動かないものだと思っていたけど、

移動しているし、勢力の構図が顕著だ。

 

数年前に咲き誇ったセージも枯れた。

タイムも枯れた。

 

この小さな空間にも、栄枯盛衰があるんですね。

人間など動物の行動が、植物に大きな影響を与えている。

私がスベリヒユを抜いたら、近くの小さな芽が弱々しく枯れそうです。

実は、支えられていたのか!ごめんよ。

去年あった蟻の巣は、今年は見当たらない。

だけど、さかんに蟻たちが動き回っていて、虫たちも無視できない。

ワラジムシは植木鉢の底と地面の隙間にたまってる。

 

わずかな変化と思っても、生き物たち、植物たちには

大きな変化になるんだなぁ。

世の中、知らないことだらけだな。

今日の日記を終わります。

 

 

 

|

« 変化・へんげ・ヘンゲ | トップページ | 彼岸への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変化・へんげ・ヘンゲ | トップページ | 彼岸への道 »