« 「自分」の中を過ぎていくものは「時」 | トップページ | 庭の植生 »

2019/05/22

変化・へんげ・ヘンゲ

庭のチューリップ。

どこか不思議なチューリップ。

Dsc02595_1

最初は、黄色で外が白かった。

白いチューリップと一緒に咲き始めた。

Dsc02597

暖かい日の光に、開いてきた。

外側から赤い色がおりてきた。

黄色に赤が混じって、キレイというか、

Dsc02610

なんというか。。コワイというか。。なんで?

この日は、雨模様。紅がにじんだよう。

そして、今日。

Dsc02616

赤い色がどんどん降りてきて、黄色が消えいく。

すっかり赤いチューリップに。。

白のチューリップは、季節が終わって花が落ちてしまいました。

茎だけ残ってる。

 

このチューリップ、

その名も「マリーアントワネット」だそうです。

 

うーーん

断頭台の露と消えた、あのマリーアントワネットですよね。

 

     ◇◇◇

 

誰がつけたのか、このチューリップ。

花と名前が、合いすぎていて、妄想が膨らんでしまう。

 

どうも、コワいぞ。

考えすぎだ。

 

花の色はうつりにけりないたずらに

 

確かに、そうだけど、

いたずらすぎる、移りかただ。

 

諸行無常よりも変化(へんげ)といった方がいいような。

諸法は、幻のごとく、変化のごとく。

 

ところで、

『中論』、変化(へんげ)のごとく、色をかえて

分かってきました。

今までの解釈、何なんだ、という気がしてきます。

 

本を書かなくちゃならない! これは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 「自分」の中を過ぎていくものは「時」 | トップページ | 庭の植生 »

コメント

>法隨法の行者になると、龍樹のように仏弟子になってしまうので、学者としてはどうなのか?と迷っていらっしゃるのですか。

いや、その点、迷いはないです。龍樹路線にすっかり乗り換えてます。
面白い方に行ってしまうわたし。

>で、発表はいつ頃になりますでしょうか?

うぉ~、いつになるのかなぁ、ここに書いたら出さなきゃならなくなると思って、書いてます。
出来るだけ早くしたいけど、雑事が多くて。。

『ブッダと龍樹の論理学』では、真理表という道具を用いましたけど、今度は、ブッダの「一切智」にしてみる予定です。
龍樹もがっつり使ってます。ここを出さないと、『中論』は解説出来ないと思います。

気長にせっついて下さいませ。
がんばるわ。

投稿: 管理人エム | 2019/06/06 22:54

エム先生

で、発表はいつ頃になりますでしょうか?ブッダの法で中論を明らかにして下さいませ。私の目が黒い内にヨロシク〜❤️

投稿: えび天サンバ | 2019/06/06 17:36

エム先生

法隨法の行者になると、龍樹のように仏弟子になってしまうので、学者としてはどうなのか?と迷っていらっしゃるのですか。やはり二兎は追えないですからねぇ。って、先生なら追えるかも。

投稿: えび天サンバ | 2019/06/06 12:57

> 今まで、変だ変だと思いながら、龍樹『中論』の解釈に異義をとなえられませんでした。

変だと おもう 自分を 変かもしれない  と 不信するからです

> 心を静めて、読んでみることにして、自分の得たものだけを信じて読んでみたら、全然違う様子が見えてきました。

得たモノは 信じるモノ ではありません
信じて得た のではなく
 既に得ているから 信じるモノに 値する事 と できる(する)だけです

信じるか 信じないかは 「 信仰 」 には ない

読むたびに 違うことを 見出さなければ、
それは  普遍のこと = 真理   ではありません

生きるということは 変化するということです
変化にある 体で( 五蘊で ) 変化する 
存在の地表( 膨張する宇宙のうちにおいて ) で 思考を捕獲します

これしかない  と 確信することに  正しいことはありません
確信することを   正しいこと  と  確信するにすぎません

心を沈めれば( 鎮めれば ) いつも 「 真理 」 に あります
言い替えると 、 静まっている  ということは  成就にある  ということです

心を静めること を   「 禅 」 にある  と言います
ジャーナ です

他の人(侘)が 分かる  という処にしか、 自分の 分かるということが 起きえません

「 転法輪 」 は そこに起きています

自らのうちにおいて 「 自 ・ 他 」 を 明確に起こすことが出来れば
他は 自において 成就しています

>  最近、気のせいか、ほとんど誤解されてる気がするので

気のせいです
気にするところを ( 起こして )見て、 気にすることを そこに見出すから
気になります

気にならなければ  起こされることがないのですが 、、、、

認識を 起こすということは そういうことです

心いくまで 気にする
いくところまで行くと、 そこが キテン(機転) となります

言い替えると 気分が変わると、 「 心 」 は 変わる

「 心 」 は 気分次第です


投稿:  春間 則廣  | 2019/06/06 09:17

えび天サンバさま

おはようございます。

今まで、変だ変だと思いながら、龍樹『中論』の解釈に異義をとなえられませんでした。

心を静めて、読んでみることにして、自分の得たものだけを信じて読んでみたら、全然違う様子が見えてきました。

でも、けっこう悩んでいます。
他の人は、わかってくれるんだろか。

説明が足りないから分かってもらえないのか、説明しても分かってもらえないのか、その辺が分かりません。

誰もわからなかったら、話しても無駄のような気もしてくるし。

最近、気のせいか、ほとんど誤解されてる気がするので、余計、悩んじゃうです。
混乱だけをもたらすことになるのでは、申し訳ないしなあ。

投稿: 管理人エム | 2019/06/06 06:09

エム先生

お騒がせ致しております。(苦笑)乱筆相済みませんです。

投稿: えび天サンバ | 2019/06/05 11:29

おお、時宜に適って時節到来、ついに先生の本格的中論本が読めますか。やった~♪三枝さんのは玉虫色過ぎてなんだかいつも読む気が起こらないんですよね。

投稿: えび天サンバ | 2019/06/05 11:24

おお、時宜に適って時節到来、ついに先生の本格的中論本が読めますか。やった~♪三枝さんのは玉虫色過ぎてなんだかいつも読む気が起こらないですよね。

投稿: えび天サンバ | 2019/06/05 11:23

分かってきたことは、
分からない事が、あったように
分からないことへと 移っていきます

分かってきたこと が、
 起きる
   その仕組みに 敷かれるからです

分かる  ということが  曖昧です

分かりますか  ?

投稿:  春間 則廣 | 2019/05/24 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「自分」の中を過ぎていくものは「時」 | トップページ | 庭の植生 »