« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019/04/30

知らないのに、でも、知っている

かろうじて4月ですね。

明日から元号が変わるということで、

ブログも更新してみることにしました。

まだ、桜は咲いているところは少ないですが、

ところにより、こんな風景も。見事。

Dsc02570

札幌駅から、大学まで歩いてみるかと思って、

歩いていると、こんな風景に。

道の脇につくしが並んでお出迎え。

Dsc02567

春が来ているようですね。

 

    ◇◇◇

 

雑事が、少しずつ減ってきているかもしれないので、

今年は、この先、何をしようか考え始めてます。

 

今は、とりあえず、全面的に『中論』を見直しているところです。

これを何とか、やっつけないと。。

 

自分のことを棚にあげて、他人の事を言うのはいけない、

わかっていますが、つい思ってしまう。

皆も、『中論』って、皆目わからないんだな、って!

 

あれこれ、論文あさってみても、

これはすごい!

というのには、出合わないです。

 

みな、どこか奥歯に物がはさまったような書き方になってしまう。

テキストに書いてあることを、

ただ、抜き出したり、並べ直しているだけだ。

 

そうだよなあ。

『中論』つかんだら、ブッダの覚りを手に入れることになるわけだから、

そんなに簡単にわかるわけもないよね。

 

     ◇◇◇

 

とつぜんですが

道子のワンポイント仏教講座

 

仏教には、大きく分けると4部門がある

 

縁起を説く部門

生き物(輪廻)を説く部門

空を説く部門

法(心)を説く部門

 

この4つの分野を縦横に説くのが、ブッダ。

これが「一切」なのです。

 

一切は、煩悩(内容)と論理(形式)からなっている。

煩悩を用いて、論理(覚りへの道)を組み立てる。

煩悩がないと、論理は表現出来ない。

ブッダの覚りがないと、煩悩をなくせない。

覚りへの道は、煩悩を見つめるところから始まる。

 

こういうことをコツコツ書いたのが

『中論』だと思ってる。

コツコツ示そう。

誰もわからなくても。。

 

と、言うとちょっとさびしいけど、

でも、誰も、本当にはわからないんだけど、

みんな知っている。

『中論』が、実は、ブッダにつながっている、ということを。

 

    ◇◇◇

 

仏教をやってて、時々感心するのが、

名もない凡夫という人々です。

 

わたしも、その凡夫のうちの一人だけど、それにしても、

凡夫というのは、すごいものだ。おそろしいほどです。

 

ブッダの教えを守ってきたのは、誰だろう。

偉いお坊さんやすぐれた学者?

それもあるかもしれないが、

「名もない凡夫」といわれる人々ではないだろうか。

 

ブッダの教えと同じくらいなぞが多い。

なぜだか知らないけど、何もわからなくても、ブッダの法は、

「わけわかんないけど、これは、お釈迦さまの説いたことだ、真実だ」

と、わかるのです。

 

このわたしにも、その真実を察知する感じがあって、

ただただ、その勘のようなものを磨くために、

日夜勉強していると言っても良いくらいだ。

普通の人は、ほんとに、その勘みたいなものが強くて鋭い。

 

時々呼ばれて話す「仏教講座」でも、すごくそう思う。

わたしが、ブッダの教えだなと思って話すと、

みんなも、なんとなくつかんでくれる。

ただの「立派な知識です」みたいなものだけだと、見向きもされない。

 

どんなに込み入っていても、ブッダの法を語っていると、

耳を傾けてくれる。。。

何だろう、って、いつも思う。

 

    ◇◇◇

 

大学で研究していた頃には、まったく存在していなかった感覚だ。

学者の世界が、ある意味、「真実をつかむ」ということから離れているとき、

真実は、凡夫の世界に逃げていっているのかもしれないな、と思う。

 

なんというか、「ああ、これは本当のことだなんだなあ」という感じ。

それを真理というのだろう。

 

真理

 

この不思議なことば。

何だかわからないのに、みんな、なんとなく知っている。

 

覚り、って何だか知らないのに、

ブッダが覚った人だということは、はっきり知っている。

とにかく、はっきりわかるのは、

「自分たちとまったく違う」ということだ。

だから、自分の思っていることではないことを、聞きに、

みんな、来るのでしょうか。

 

 

世の人おしなべてみな、真理のしもべ、なんですね。

やっぱり、本当のことじゃないと、誰もふり向かない。

ここにも小さな真理が、ある。

Dsc02574

庭の水仙が咲きました。

スノードロップもこんなに育った。

Dsc02571

 

仏教は、不思議でおもしろいな。

日常か離れないから、

不思議でおもしろいのかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2019/04/10

北国のおそい春が早くやって来た!

どんなに遅くても春はやって来る。

今年は、3月の異様な陽気でどんどん雪解けがすすみ

どんなに早く春が来るかと思ったら、

3月終わりから4月にかけて

やっぱり足踏みしている。

 

でも、やっぱり春はやって来る。

4月に雪が降っても、5月に雪が降っても

一時のことすぎないだ。

 

昨日の朝は、クロッカスはこんなです。

Dsc02550

ところが、今朝のクロッカスは

Dsc02558s

こんなですじゃ。

Dsc02557s

 

スノードロップだったかな、

その芽もこんなです。昨日のスノードロップ。

Dsc02551

 

今日のスノードロップ。

Dsc02559s

そんなに変わらんな。

   

     ◇◇◇

 

関係ないけど、それにしても使い勝手の悪いブログだわ。

勝手に仕様が変わったために、どうやったら良いのかわからない。

いろんなところをクリックしてたら

話の途中で、アップされちゃった。

 

もどれ、って言っても戻らないし。。あたりまえだけど。

写真はどうやって入れるか分からないし。

てきとーに入れたら、もう、戻れない。

 

書こうと思ってた、深淵な(?)ネタを

全部忘れちゃったわ。

すごく良い内容だったのに。

忘れる程度の内容だけどね。

 

備忘録として、忘れてないことを書いておこう。

『中論頌』の韻律をちょこっとチェックしてます。

 

それはね、こんないきさつがあるのです。

 

この前、大学で

「お釈迦さまの教えが、どうして、

変わらずに伝わったと言えるのか?」

って質問を受けました。

 

どんなものでも100年も経てばずいぶん変わってしまう。

お釈迦さまの教えだって、伝えられるうちに変わっていっても

当然なのではないか、っていう疑問は、当然出てくる。

 

わたしも昔そう思った。

 

だから、どうやって伝わったのか、それと、何が教えなのか、

ずっと考えていました。

 

今なら言える。

お釈迦さまは、教えが変わらず伝わるように、

ものすごく工夫している、ってことを。

 

まず、その一つ。今日は一つだけ。

九分教というのがあるでしょう?

あれは、教えの中に教えでないものが混じらないようにする

大事な手段だったと思う。

9種類のやり方は、法が幾通りにも展開できることを示している。

内容ではなく、ジャンル(方法)で分けたのは、

すごいやり方だと思う。

 

その中に、ガーター(詩)というのがある。

韻律に載せて、人の心に染め付けるやり方です。

分からなくても、ことばだけでも、4行詩の一つだけでも、

法は伝わる。

 

7仏通誡偈というのも、それ。

諸悪幕作 衆善奉行

自浄其意 是諸仏教

 

いろいろの悪いことをしないで

たくさん善いことをして

自分でその心を清らかにすること

これが諸仏の教えです

 

会得したら、この詩は捨てられる

仏に成ったら、「これが諸仏の教えです」なんてことばは

忘れても大丈夫だよね。

 

わたしたちは、こういうやり方があること自体

信じられない。

「他にもいっぱい仏教用語があるだろ、いいんか、

そんなの知らなくて」

とか、思ってしまう。

 

いいんだ、そんなの知らなくても。。

なるほどなあ、って、だんだん納得してきた今日この頃。

 

     ◇◇◇

 

そういうわけで、

龍樹の『中論頌』の韻律を調べているのです。

 

???

 

どういうわけで?

話つながってないだろ?!

 

いやね、法(教え)はどこにでもあるってこと。

自分が興味をもって調べていくと、どんなことでも

知りたいと思っていれば、お釈迦さまの教えにたどりつける!!

 

龍樹の『中論頌』がシュローカという詩の形式をとっている

のだから、それがどんなか調べていっても、良いのではないか、

って、思ったわけです。

彼も、お釈迦さまの何かをつかんでいるのだからね。

 

これが、分かってきたのです。

 

ブログの仕様が変わって、わたしの書き方も仕様もなくなりましたな。

見直して書けないので、書きっぱなしで、出てきたものを

つなぎ止めてるだけです。すみません。

 

そんじゃ、またね。

| | コメント (3)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »