« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019/03/21

ふきのとうみそ

今日は春分の日。
日が長くなったと思っていたら、
もう春分ですか。
庭の雪はどんどん融けて、
今年は、ふきのとうがでてくるのが早い。
    ◇◇◇
昨年あたりから、
庭で育つものを食べて生きる方針にしてみています。
自給自足に近づけて、
シンプルで省エネの暮らしにしよう。
何となくブッダっぽい気がしてくるかも。
気のせいかな。
さてさて、自給自足といえば、
ふきのとうも食べられるはず!
採集してこよう。
Dsc02545s
水にさらしてから、ゆでる。
Dsc02548s
みそとみりんを火にかけて練る。
Dsc02547s
ゆでたふきのとうをきざんで、みその鍋にいれ、さらに火にかけ練る。
Dsc02549s
砂糖も入れて少し甘みをアップさせる。
できあがり!
春だなあ~~
おかずが一品できた。後は、ご飯を炊けばいいかな。
      ◇◇◇
ブログの仕様が変わって、書き込み方がわからない。
写真のアップの仕方もよくわからないが、テキトーにやる。
ふきのとうみそもテキトーに作ったけど、
このブログもテキトーだ。
テキトーでもいい。
持続できれば、それでいい。

| | コメント (2)

2019/03/03

むずかしいはなしより ふしぎなはなし

昨日は、日記を書いた。
今日も書くぞ!

人猫の自覚を、書いたのが昨日。
こう書きました。

     ++++++
> 『チュー論』を読むのが、人猫
> 『チュー』を捕まえたいと 心に秘めている

> チューを捕る仕掛けをかけてる人猫。
> 空のかごをしかけて、
> チューがくるのを待っている。

> えさは、ブツ、ブツ。。。
     ++++++

このブツに、ちなんでのお話です。

この  ブツ  ということば
当然  仏  って、連想されるよね。

ここを書きながら、『日本霊異記』を思い出してました。
_

この中に、こんなお話があるのです。


         ◇◇◇


信者の講*を結び、四恩*のために仏の画像を作り、
霊験によって不思議なことが現れた話 第三十五


河内国若江郡(大阪府八尾市南部)遊宜(ゆげ)村に
修行を積んだ尼がいた。その姓も名もはっきりしない。
生駒郡(いこまぐん)平群(へぐり)の山寺に住んでいた。
信心の仲間を集めて講を作り、四恩*に報いるために、
つつしんで仏の画像を描き、その絵の中に六道も描きこんだ。
供養した後に、その寺に安置した。

(さて)この尼は、ちょっとした用事があって、あちらこちらに出かけていた。
(ところが)その留守中に、この尊像が誰か人に盗まれてしまった。
尼は泣き悲しんで探したが、ついに出てこなかった。
そこで今度は信者を集めて、放生会*を行うことを思い立ち、
難波(大阪)に出掛けて、市をあちこちめぐり歩いて帰ろうとした。
 
ふと見ると、背負い籠が樹の上に掛けてあった。
いろいろの生き物の鳴き声が、籠の中から出てくるのを聞いた。
尼たちは、これはたしかに生き物が入っている違いないと思い、
放生のために来たのだから、必ずこれを買って放してやろうと、
そこにとどまって持ち主が来るのを待っていた。

しばらくすると、籠の主が現れた。そこで尼たちは、
「この籠の中から、生き物の鳴き声がするのが聞こえます。
私はゆずっていただきたく思って、あなたの来るのを待っていました」
と言った。籠の持ち主は、
「生き物ではありません」
と答えた。それでも尼たちは、なおも乞うて止めなかった。

すると、市の司の役人が間に入って、
「とにかく、その籠を開けてみなさい」
といった。
籠の持ち主は恐れ、処置に困って籠を捨てて逃げてしまった。
その後、籠を開けてみると、(先に)盗まれた仏の画像が入っていた。
尼たちは喜び、涙を流し、泣きむせんで、
「わたしたちは、前にこの画像をなくし、
昼も夜も恋しくてなりませんでした。
いま、はからずも再びめぐりあうことができました。何とうれしいことか」
といった。市に居合わせた人々は、この話を聞いて、大勢集まってきて、
「珍しい、ありがたいことだ」
と誉め称えた。

尼たちは非常に喜んで放生会をとりおこない、
放してやった生き物の幸福を祈った。
仏の画像は再び元の寺に安置した。僧俗ともにこれを敬い信じた。
これはまた、まことに珍しい話しである。

中田祝夫訳『日本霊異記』上(講談社文庫)を基本に少し改訳。

* 講:仏教の信者が集まり仏の徳を賛美する法会(ほうえ)。
* 四恩:天地、国王、父母、衆生の恩。天地の代わりに三宝を置くこともある。
* 放生会: 魚や貝、鳥獣などを海山など自然に放して、殺生を戒める法会。


         ◇◇◇


背負い籠に入っていたのは、生き物ではなくて、
仏の画像だったのか?!

いろいろな生き物の鳴き声に聞こえたのは、
仏の声?

ブツ、ブツって、言ったのかな。

まあ、わからないけど、確かに不思議なお話ですね。

古代の日本人は、このようなお話を信じて、
仏を敬い、法を敬い、僧を敬って、生きてきた。

ブツの画像は、ブツの声、ブツの音。

絵も音も一緒なのね、尼たちにとっては。

慕う気持ちは、一緒くた。
六根(六つの感覚器官)すべてが反応する。


        ◇◇◇


おとぎ話のように考える人もいれば、
この中に、認識の真実を見る人もいるだろうな。

現代人にとっては夢物語でしょうか。

いやいや、そんなことはない。

認識の真実は、実は、ブッダの法の真実に
通じている。

こう思う人は、法を見る。

ブツの尊像を見るものは、やっぱり、法を見てるンかな。


むりやり感が強いけど、

こうして、ブツブツ探れば、ブツの法にいくのではないかと。


毎日書くと
最後にオチがないっすね。

しまらないので、おひな様でも。
Dsc02543s
母がリハビリで書いた絵手紙。

いちおう、雛祭りにふさわしい日記になった気がする。

うん!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019/03/02

猫よりむずかしいはなし

猫よりむずかしいはなし、って何だろう?

前回が、「むずかしいはなしより、猫」だったので、
今回は、言葉を入れ換えてみました。

「猫より」ときたら、むずかしいはむずかしいでも、

気むずかしい、が、ふさわしいかな。。

その点、うちの猫は、むずかしくない、チョーわかりやすい。


サムは、人を信じている。
ダンは、人を信じてない。


      ◇◇◇


サムは、誰か、よその人が来ると、必ずかまってもらおうと、
膝に乗ったり、足下うろちょろしたりして、来た人を驚かす。

サムの心は、こうです。透けて見えてる。

わがはいはねこである。
(猫ではない、 ねこさま である)
人という存在は、
ぼくちんの ペットである
ぼくちんの 椅子である
Dsc02535s
おれさまだ~ぁ


ダンの心は、こうです。透けて見えてる。

わがはいはねこかもしれない。
(猫ではない 欲は出さない)
人という存在は、
サムちんの ペットかもしれない
ぼくちんの えさ配達がかりである

ぼくちんには かまうな。
でも、
なでなでは、してもいい。き~もちぃぃからぁ。
Dsc02541
かまわないで、でも、ちょっと、かまって

むずかしいヤツだなあ。

人猫よりむずかしくないのは サム
人猫よりむずかしいのは ダン

サム猫 < 人猫 < ダン猫

後ろに行くほど、むずかしい。
Dsc02537s


     ◇◇◇


人猫
(いつから出てきたの、このことば?)

ダンよりむずかしくはないが、サムよりむずかしい生き物。

すべての生き物とともに生きるから人猫

サムとダンの中道
寒・暖のない道を歩む。

欲を出すサムと
欲を出さないダンと

この中道を行く。

『チュー論』を読むのが、人猫
『チュー』を捕まえたいと 心に秘めている

チューを捕る仕掛けをかけてる人猫。
空のかごをしかけて、
チューがくるのを待っている。

えさは、ブツ、ブツ。。。

ブツの入ったかごをしかけておくと、
チューが夜中にやって来る。


そこを、ギュウと捕まえる算段です。

うまくいくのか?
人猫よ。
Dsc02538s
どう考えても、猫よりはむずかしいはなし、になっているよね、ねっ、ねこっ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »